「サンタさんはいないの?」子供に聞かれたときの上手な伝え方とは?

クリスマスが近づき、「今年は何をお願いしようかな~」と期待に胸を膨らませる我が子を眺めるのは親の楽しみでもありますよね。

でも、いつかはこんなときがくるかもしれません。

「サンタさんっていないの?」
「お父さんお母さんがサンタさんだったんでしょ?」

こう聞かれたとき、あなたは何と答えますか?

今回は、子供がすでにサンタさんに疑いを持ち始めて焦っている、今はサンタさんの存在を信じているけど将来どのように伝えるか迷っているというお父さん・お母さんが、サンタクロースのシステム(笑)をうまく子供に説明する方法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サンタがいないことを子供が傷つかないように説明するにはどうしたらいい?

サンタクロースが本当にいるかいないか、というと、フィンランドにはサンタクロース村があったりするそうですから、いるといえばいますよね。

でも、トナカイが引くそりに乗って世界中の子どもたちにプレゼントをって配ってくれるサンタさんとなると…?

毎年クリスマスを楽しみに待っている我が子のサンタさんは親の私たち、ということになりますね。

そんなサンタクロースですが、早い子だと幼稚園から、大体小学校3年生くらいにもなると、本当はいないんじゃないかと疑いを持ち始める子が増えてきます。

そして5~6年生くらいで真実を知る、みたいなパターンが多いようですね。中には中学生になっても信じる子はいるようです。

子供がサンタさんに疑いを持つようになるきっかけとしては、家に隠していたプレゼントが見つかってしまったとか、親のほうが口を滑らせてしまったとかも考えられますが、一番多いのは周囲の友達から教えられて…という状況ではないでしょうか?

【関連】
クリスマスプレゼントを隠す場所は?見つかりにくいのはこんな所!

サンタクロースがプレゼントを持ってきてくれるという演出をしている家庭では、遅かれ早かれいつかは子供に気づかれてしまう瞬間がやってくるんですよね。

その時にどうやって伝えるか?これがみんな悩むところなんですが、どんな伝え方であれ、一番大事なのは「子供の心を傷つけないこと」です。

そこを考えながら、具体的にどのような対応をしていったらいいのか、ご紹介したいと思います。

サンタがいないとばれた!?上手いフォローの仕方は?

子供に「サンタさんって本当はお母さん(お父さん)なんでしょ」って言われたときに、世の中のお父さん・お母さんたちはどういう反応をしているのでしょうか?まとめてみました。

あっさり認めちゃう

「ばれちゃった?」「実はそうなんだよー」と正直に認めちゃうパターンです。

潔いんですが、これだけで済ませてしまうと子供によっては「親は自分に嘘をついていたんだ!」「騙されていたんだ!」って傷ついてしまう場合もあり得ます。

なので、認めるにしてもその後にきちんとフォローしてあげるといいですよね。

「サンタさんはたくさんの子供たちにプレゼントを配らないといけなくて大変だから、○○へのプレゼントを渡してもらえるように頼まれていたんだよ。
○○も大きくなったから、サンタさんには○○よりもっと小さい子たちにプレゼントを配ってもらうようにお願いして、今度から○○へはお父さん、お母さんたちからプレゼントをあげるね」

と言って、サンタさんからのプレゼントを親からのプレゼントへと自然に移行する形にしてもいいかもしれません。

これはサンタさんはいるけど親が代わりにプレゼントしていたという設定ですが、もしサンタさん自体がいない、という形にする場合でも、

「じゃ、サンタさんはいないってことで。サンタさんがいないんだからプレゼントもなしね」

みたいな対応は間違ってもしないようにしましょう。サンタクロースがいなかった上にプレゼントまでもらえないなんて最悪です。

「サンタさんはいなかったけど、お父さんもお母さんも○○が喜ぶ姿が見られて嬉しかったんだよ。これからはお母さんと一緒にプレゼント買いに行こうね」

など、決してだますつもりでやっていたんじゃないこと、子供にとって超重要(笑)なプレゼントはきちんともらえるんだってことがわかったら納得しやすいかと思います。

引き延ばし作戦ーサンタは信じる子のところに来る

「サンタさんを信じている子のところにしかサンタさんは来てくれないんだよ」ということをあらかじめ言っておきます。

もし子供が疑いを持ったら、

「○○はサンタさんを信じていないの?それならサンタさんはもう来ないのかな?」

こういうと、来てくれないのは嫌なので「じゃあ信じる」といって子供が引き下がる場合もあります。

ぶっちゃけ、内心では信じてないなくても、プレゼント欲しさに信じているふりをしているということも。子供が親に付き合ってくれている感じですかね(笑)

この方法だと、先延ばしになっているだけでまたいつか同じような展開がきてしまうので、そのときはきちんと説明しないといけませんよね。

「信じる子供のところだけにサンタさんは来てくれる。でも、本当にいるのかな?って疑問に思うのは悪いことではないんだよ。だってそれは○○がちょっと大人になったってことでもあるからね。
サンタさんからプレゼントをもらえるのは子供だけだから、ちょっぴり大人になった○○にはお母さんからプレゼントをあげるね。今度一緒に買いに行こうね」

といった具合でしょうか。この場合も、信じなくなったからって本当にプレゼントをやめちゃうのはNG。

仮にきちんとプレゼントを準備していたとしても、当日にプレゼントを置いておかずに「○○がサンタさんを疑ったからやっぱり来なかったねー」みたいなどっきりを仕掛けるのもやめたほうがいいと思います。

後できちんとプレゼントを渡したとしても、疑った自分が悪かったのかなと子供心にショックを受けそうです。

サンタさんからのお手紙

サンタさんから子供へという体で、お手紙を書いてあげる方法もあります。

内容は、

「サンタのことを信じてくれてありがとう。君がプレゼントを喜んでくれる姿を見て嬉しかったよ。
君も大きくなったし、プレゼントを待っている小さな子供たちがたくさんいるから、君にプレゼントする役割は君のお父さんお母さんにバトンタッチするね」

というような感じです。

これだったらサンタクロースを信じたままでいられるかもしれませんね。
サンタさんからの手紙に感動する人、大人になってもずっと取っているという人もいるようです。

前述した、あっさり認めるパターン(サンタさんの代わりに親がプレゼントしていた設定)や、あらかじめ「サンタさんは信じる子のところに来てくれるんだよ」って言っておくパターンの場合にも、この手紙を組み合わせることでより信憑性が増すかもしれませんね。

番外編ーサンタがいるかどうか確かめようとする子供

中にはサンタさんが実在するかどうかを確かめようとする子供もいるようです。

サンタさんは自分の欲しい物をプレゼントしてくれるはずなので、周囲に希望をギリギリまで伝えないで本当に欲しいものがもらえるかどうかで本物のサンタさんがいるのか確かめるというような感じです。

親はすんごーく困るこのパターン(笑)人気商品だと前々から予約をしていなければいけなかったりしますもんね。

ちょっと逸れますが自分の子供の頃のお話です。

私の場合は確かめようっていうつもりじゃなかったんですけど、なかなかプレゼントが決められず、ほんとギリギリの2日前~前日くらいになってから「これにする!」と親に報告したんです。

が、いざプレゼントを開けてみると、頼んでもいないお人形さんが…。当然大号泣しました(笑)

親も共働きだったのでいつでもプレゼントを買いに行けるわけもなく、私が希望を伝えたときにはすでに用意済みだったのでしょうね。

無理やり聞き出そうとしても怪しまれてそこからバレるっていうこともあり得ますし、ギリギリに希望を知っても私のときのように用意できない場合もあるわけです。

ということで、このサンタさんを確かめる行為っていうのは子供にとっても親にとっても超危険です(笑)

なので、子供がサンタさんを信じているうちからサンタさんへのお手紙を親が預かるシステムなんかを作っておくと安心ですよね。そうすると、サンタさんからの手紙も自然に渡せるのではないかなと思います。

サンタがいないと教える時に注意したいこと

伝えるタイミングを見計らう

子供がサンタさんの存在に疑いを持って「いないんでしょ?」と親に聞いたとき、すぐに「そうだよ」と認めても、それを「そうだったのかー」と受け入れられる場合もあるでしょうし、逆に疑いつつもまだまだ信じていたいという場合もあります。

そんなときにあっさり認めてしまうと、信じたい気持ちがまだ強いときには「えっそうなの…」とショックのほうが強くなってしまうことも考えられます。

その子その子で受け入れられるタイミングは違うでしょうから中々難しくはありますが、子供の性格も合わせてよく様子を見る必要がありますね。

親から言う必要はない

子供がサンタさんをまだ信じている段階で、親の側から「サンタさんは実はいないんだよ」と言う必要はないです。

子供がほとんど真実を知っている状態であれば「やっぱりそうなんだ」で済むかもしれないですが、うっかりすると「まだ知りたくなかったのになんでそんなこと言うの⁉」と傷つけてしまいかねません。

いつかは気づくことでしょうから、それまでは信じさせてあげたいですね。親がわざわざ子供の夢を壊すようなことはしなくてよいと思います。

サンタさんを信じている子への配慮

その子が本当のことを知ったとして、その周囲の子(お友達や妹・弟)はまだサンタさんを信じているかもしれません。

思いがけずに事実を知らされることは、サンタさんを信じていてほしい親にとっても、信じたい子供にとってもショックなことではないでしょうか。

なので、内緒にしてもらえるように手回ししておくのも大事かと思います。「一緒にサンタさんやろう」と誘ってサンタ役をお願いするのも大人に近づいた気分が味わえてよいかもしれないですね。

どう対応するか家族で話し合っておく

いざ子供に聞かれたとき、お父さんとお母さんで対応が違うと余計不審に思われます。

その時がきたらこういう風にしようと前もって家族間で決めておくことで、矛盾が生じにくくなるでしょうし、いきなり言われて動揺し変なことを口走る、というような事態にもなりにくいでしょう。

ただ、必ずしもいい結果になるとは限らないです。

自分たちはこうやって伝えようと決めていても、想定外のところで子供が事実を知ることになるかもしれないですしね。

まとめ

自分が大人になった今、子供の頃を思い返してみると、やっぱりあの頃サンタさんを信じてワクワクしていた時期っていうのはとても楽しい思い出として残っています。

そして、同じようにワクワクしながらサンタさんにお願いしたり、プレゼントを見つけてキラキラした笑顔を振りまく我が子を見ると、こちらも幸せな気分になるし、できるだけ長く信じさせてあげたい、喜ばせてあげたいと思います。

サンタさんがいないと知ることで、もしかしたらショックを受けてしまう子もいるかもしれないし、親に対して「騙した」「裏切られた」「嘘つき」といった感情を持つ子だっているかもしれないです。

でもその子が大人になり子供ができたら、きっと自分を喜ばせようとしてくれていた親の気持ちをわかってくれるようになるんじゃないでしょうか?

そういうあたたかい気持ち、愛情がサンタさんなんだって誰かが言ってましたが、本当にその通りだなと思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする