大晦日は子供を夜更かしさせる?させない?

みなさんは子供の頃、どのように大晦日の夜を過ごしていましたか??
私はテレビもそこそこに、睡魔に負けて寝ていることがほとんどでした(笑)

小さい子供がいると、夜更かしさせてもいいのか迷う方もいらっしゃるかと思います。

年に一度のことなので特別に家族全員で年を越したい気持ちはあるけれど、生活リズムがずれてしまいそう…。

そこで今回は、大晦日の子供の夜更かしや過ごし方など、さまざまな意見をまとめてみました。

スポンサーリンク

大晦日の子供の寝る時間は何時くらいまでならあり?

大晦日の子供の寝る時間は??

大晦日は1年の最後の日。
子供を何時まで起こしてていいのか悩みますよね。

個人的には、小学校にあがるまでの未就園児の子供は夜更かしをさせるべきでないと思います。

それにおそらく、いつもの就寝時間に近づくと自然と眠たくなってくるのではないでしょうか。それを無理やり起こしてまで一緒に年越しを過ごすのは生活リズムも狂い、可哀想かなと。

ただ、3歳くらいから、少しずつ大晦日やお正月のお話などをお家の方がしてあげてもよいかもしれませんね。

小学校にあがってきたら、子供の様子を見て大晦日を過ごしてみましょう。
初詣などで外に出る場合、夜中になると気温がぐんと下がります。また人がたくさんいる場所は子供が体調を崩すこともあるので気をつけましょう。

決して「親の都合」で連れ回さないようにするのが大切ではないかと思います。

大晦日とは??

そもそも大晦日って何?ということで、大晦日の意味や由来を簡単にまとめてみます。

大晦日とは1年の最後の日のことを言います。

現在の新暦では12月31日がその日ですが、旧暦では必ずしも12月が31日まであるわけではなかったので、大晦日が30日や29日の日もあったようです。

旧暦では、月の最後の日を晦日(みそか)とよんでおり、晦はもともとは三十からきています。

12月の晦日は1年の1番最後ということで大が付き、大晦日となりました。

また、月の終わりが30に満たない29日の時は九日晦日(ここのかみそか)とよんでいたようです。

大晦日の子供との過ごし方

大晦日の特別な日、家族で楽しく過ごしたいですよね!さまざまな過ごし方をご紹介します。

新年の準備

一緒におせち料理を作ってみたり、お正月の飾り付けをしてみるのはいかがでしょうか??
おせち料理や飾りの由来など一緒に調べてみるのもよいかもしれませんね。

テーブルゲーム

テレビゲームも楽しいですが、テーブルゲームは家族みんなで楽しめ、盛り上がるのでおすすめです。テーブルにみんなで集まって楽しみましょう!!

ボードゲームだと定番の人生ゲームやドンジャラ。1つのボードでさまざまなゲームが楽しめるセットもあります。

カードゲームだとトランプやUNO、花札や百人一首。

ほかにもたくさんのテーブルゲームがありますので、購入する時に子供と一緒に選ぶのもよいかと思います。

家族で1年の締めくくり

この1年間、どんなことがあったかなどをみんなで写真を見ながら話してみるのはどうでしょう??
楽しかったこと、悲しかったことなどの思い出、また、来年の抱負などを一人ひとり発表していくのも楽しいかと思います。

紅白歌合戦やお笑いを見て笑おう

大晦日の定番の紅白歌合戦や、最近はお笑い番組もたくさんありますよね。
家族でみかんや年越しそばを食べながらゆったり過ごすのも楽しいです。

鐘を突きに行く

近くに鐘を鳴らす場所があれば、鐘つきに行くのも楽しい経験です。
子供の様子や気温を見て行きましょう。マフラーやカイロなども忘れずに!!

まとめ

今回は大晦日の子供の夜更かしについてや過ごし方などをまとめてみました。

1年の最後の日、特別な過ごし方を楽しみつつも、子供のことを1番に考え、親の都合で振り回さないようにすることが大切だと思います。

素敵な大晦日を過ごしてくださいね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする