メリークリスマス!って言うけど、「メリー」って何?どんな意味なの?

クリスマスのときにあちこちで飛び交う言葉といえば、「メリークリスマス!」ですよね。

略して「メリクリ!」なんて言ったりもしますが、ところで、これってどういう意味で使われるんでしょう?そもそもメリーって何??

そんなことを疑問に思った方もいるんじゃないでしょうか?

そこで今回は、メリークリスマスの「メリー」って何だろう?「メリークリスマス」というあいさつにはどんな意味があるの?メリークリスマス以外のあいさつの仕方ってあるの?ということについてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

「メリークリスマス」の「メリー」とは?どういう意味があるの?

さっそく、メリークリスマスのメリーって何?というところから探っていきたいと思います。

メリークリスマスは英語で「Merry Christmas」と書きますね。この「merry」の部分を見てみましょう。

意味を辞書で調べてみると以下のようになります。

merry

1.a  陽気な、笑いさざめく
b  愉快な、おもしろい

2.笑い楽しむ、笑いと楽しみを誘うような、お祭り気分の

3.ほろ酔い機嫌で

引用:「merry」Weblio辞書(研究社 新英和中辞典)

merryには陽気な、笑い楽しむといったような意味があることがわかりました。

では「Merry Christmas!」ではどういった意味になるのでしょうか?

「Merry Christmas」は、「I wish you a merry Christmas.」が省略された言葉のようです。

そしてこの意味は、「楽しいクリスマスを!」という感じになります。
日本で言う「よいお年を!」みたいな感覚なのでしょうか。

辞書では「クリスマスおめでとう」と書いてありました。

でも、日本語で「楽しいクリスマスを!」ならわかるけど、「クリスマスおめでとう!」っていうのがしっくりこないのは私だけでしょうか?(笑)

日本だとクリスマスはパーティをしたりプレゼントを渡したりして盛り上がる楽しいイベントみたいな感覚で、お祝いするというのとはちょっと違うような感じがするからかもしれません。

ただ、本来クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う日ということですので、そう考えると「クリスマスおめでとう」なのも納得できますね。

「メリークリスマス」だけ?クリスマスの挨拶は他の言い方もある?

クリスマスのあいさつは「メリークリスマス」以外にはどんなものがあるのでしょうか?

Happy Christmas

アメリカでは「Merry Christmas(メリークリスマス)」が多いようですが、イギリスでは「Happy Christmas(ハッピークリスマス)」がよく使われるようです。

なぜハッピーかというと、イギリスでは「merry」という言葉に「ほろ酔い」という意味が含まれるからなんだそうです。

未成年に対してはちょっと使いづらい言葉です。というわけで「Happy Christmas」が主流なんですね。

どちらも「楽しいクリスマスを」という意味合いですから、メリーじゃなくてハッピーを使ってもよさそうですね。

Happy holidays

日本人は宗教に強い関心を持つ方があまり多くないですよね。だからこそ宗教的な行事でもあまり気にせず、日本風にアレンジして取り入れ、楽しんでしまうみたいな部分があります。

ですが、前述したように、そもそもクリスマスはイエス・キリストの誕生をお祝いする日です。なのでこの「メリークリスマス」もクリスチャンが使う言葉ということになります。

12月になると、アメリカではキリスト教以外の他の宗教でも祝祭日があるそうですし、そういった方々にも配慮した言葉として近年使われるようになったのが、「Happy holidays」です。

これなら相手がどのような立場の人であっても対応できるので便利な言葉ですよね。

日本では今も「Merry Christmas」が主流ですが、「Happy holidays」という言葉が定着する日が来たりもするのでしょうか?

……日本ではクリスマスは別に休みじゃないか(笑)

まとめ

メリークリスマスの意味や、メリークリスマス以外の他の言い回しについてご紹介しました。

ちょっと気恥ずかしいかもしれませんが、家族や友達に言ってみるとクリスマス気分が盛り上がるのではないでしょうか?

ぜひ楽しいクリスマスをお過ごしください♪

【関連】
定番のクリスマスソング、ジングルベルの「ジングル」って何のこと?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする