女子旅は山口がおすすめ!下関で安くておいしいフグを楽しもう!

気持ちの良い陽気に誘われて、旅気分がアップするこの季節。

気心の知れた仲間たちと、どこか旅に出てみませんか?

日本国内なら、沖縄、北海道、京都…と、もちろん魅力的な街はたくさんありますが、
女子旅の場所を考えているなら、ぜひ一度、訪れて欲しい街があります。

それは…下関

何が有名かって、それは「フグ」です!

フグといえば高級魚で、そう簡単には食べられないという印象がありますよね。

でも、ここ下関は違うんです!

どこよりも新鮮で、おいしすぎるフグを安くお得に食べることができちゃうんですよ!

今回は、そんな魅力満載の下関を全力でご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

下関へのアクセス方法は?

山口県下関市は、本州の最西端にある街です。

潮の流れが速いことで有名な「関門海峡」が目の前に広がる「海峡の街」。

だから海の幸が豊富でおいしいんですよ~!

関門海峡を渡れば九州にも行くことができ、観光をするにはとっても便利な場所でもあるんです!


日本の歴史にも登場してくる街で、坂本龍馬や西郷隆盛なども足を運んだことがあります。

山口県は吉田松陰や高杉晋作、伊藤博文など、歴史に名を残した偉人を多く輩出しているので
歴史好きの間で人気の高い街でもあるんですよ。

さかのぼれば、源氏と平家の「壇ノ浦の合戦」もおこなわれています。

そんな下関へは飛行機や新幹線、バスなどさまざまな方法でアクセスすることができます。

遠方から訪れる場合は、やはり飛行機がオススメです。

羽田空港を利用する場合は、「山口宇部空港」への発着便があるので、それがいちばん便利!

山口宇部空港から下関までは、バスで約75分程度なので体力温存のために眠っていると、あっという間に到着します。

ところが、です…
飛行機の場合、それ以外の地域からの便が無いんです!

山口宇部空港はコンパクトな空港なのでしかたないのかもしれませんが、ちょっと不便。

そんな時に使えるのが、「福岡空港」!

福岡空港はとても大きな空港で、多くのフライトを受け入れています。
なので、全国各地の空港からもアクセスがしやすいですよ。

福岡空港に到着したら、地下鉄でJR博多駅まで移動すれば、あとは電車か高速バス、または新幹線で下関まで行くことができます。

福岡空港からJR博多駅までは、地下鉄でたったの5分!そこから新幹線を利用すると、
新下関駅まではたった30分で到着します。

この方法だと本当に早いですよね。

高速バス電車を使ったときはどちらも100分程度
ただし、電車を利用する場合は、小倉駅で乗り換えが必要になるのでご注意くださいね。

下関に行く前に、福岡のラーメンを味わって…なんてこともできるので、一石二鳥かもしれません。

下関はふぐが安い!?唐戸市場がおすすめ!

下関はなんと、ふぐの取り扱い量が日本一!

だから、街を歩けばいたるところでフグの看板を目にすることができ、気軽に食べることができます。

下関では「フグ」と濁らずに「福を招く魚」という意味から「フク」と呼ばれているのですが、最近では、下関のPR“幸ふく”大使として子役でおなじみの鈴木福くんが採用されているんですよ。

観光地を中心に、福くんがフグのようにほっぺをふくらませたかわいいポスターを見かけると思います。

そんな下関を代表する魚・フグ。
このフグをどこよりも新鮮に安く食べられる場所があるんです!

それは「唐戸(からと)市場」!

唐戸市場は「関門の台所」とも呼ばれるほど魚介類が豊富で、毎日活気にあふれています。

週末と祝日には、魚を食べることを楽しんでもらうためのイベント「活きいき馬関街(ばかんがい)」が開催されているので市場中が人・人・人だかりに!!

まるで大晦日のデパ地下のように混み合います。

このイベントの最大の魅力は、各店舗自慢の魚料理を破格の値段で味わえること!

フグの刺身やお寿司など、ちゃんとしたお店で注文すると高価な料理が、ここでは500円もあれば食べることができます。

特に私のおすすめは「ふぐのからあげ」!

「フグをからあげにするなんて、もったいない!」と思うかもしれませんが、これはぜひ一度食べてみてください!

魚と言うよりは、まるで鶏肉!!ジューシーでふわふわで、とってもおいしいんです。

なかなか他の地域では見かけないので、下関に来たときには、ぜひ味わってもらいたい一品です。

また、フグがふんだんに入った「フグ雑炊」もオススメ。フグの出汁が効いて、美味しすぎる雑炊なんですよ。

唐戸市場の営業は、平日は午前5時から午後3時まで、日曜・祝日は午前8時から午後3時までですが、良い食材はあっという間に売り切れてしまうので早い時間に行く方がいいでしょう。

午後になると、すっかり売り切れて、閑散としてしまいます。

●唐戸市場HP
http://www.karatoichiba.com/

フグだけじゃない!下関の観光スポット教えます!

下関に行くと、ついついフグだけで盛り上がりそうになってしまいますが、観光スポットも豊富にあります!

唐戸市場からも比較的近い、オススメの観光スポットをいくつかご紹介しますね。

カモンワーフ

海峡に面した、複合商業施設です。
目の前は海なので、ロケーションは最高!

フグはもちろん、その他の魚介類をつかった海鮮丼やお寿司、焼き肉、カフェなどのお店が並びます。

日曜や祝日はお昼時がいちばん混むので、ランチを狙いたいと思う場合は、11時台にお店を目指すといいでしょう。

夜も並ぶことが多いので、気になるお店があるなら、予約したほうが確実に入れます。

ソフトクリームや雑貨、おみやげ屋さんも充実しており、話題になった日本酒「獺祭」を購入することもできます。

魚のすり身を使ったバーガーなどをテイクアウトして海を見ながら食べてもいいですね。

目の前が海なので、空の青と海のキラキラした光が広がりさわやかなランチタイムをすごせます。

●カモンワーフHP
https://kamonwharf.com/

市立しものせき水族館 海響館

関門海峡を見下ろす場所にある水族館です。
イルカのプールの向こうには海が広がりとても開放感があります。

体験コーナーやフグの展示コーナーが充実しており、女子旅でも大人気!

この海響館ではペンギンも多く飼育されており、館内には「フンボルトペンギン特別保護区」や「亜南極に生きるペンギン」コーナーがあり、いろんな種類のペンギンを見ることができます。

そのかわいい姿は、SNS映えすること間違いなし!

イルカが泳ぐ姿を見ながら食事を楽しめるレストランもあるんですよ。

●海響館HP
http://www.kaikyokan.com/

旧下関英国領事館

日本に現存する最古の領事館です。
赤レンガのレトロな建物が街の雰囲気になじみ、まるでタイムスリップしたかのような気分になります。

中にはカフェがあり、本格的なアフタヌーンティーを楽しむこともできます。

また売店には、イギリスが生んだ人気者であるピーター・ラビットのグッズなどが多く販売されています。

季節によっては、「はいからさん」気分で大正袴を着て、街を散策することもできるんですよ。

好みの袴を着て写真を撮りあったり、お茶をすることもできるので、女性には大人気です。

詳しくはサイトをご覧くださいね。
トップページから「EVENT INFORMATION」へ進むと見ることができますよ。

●旧下関英国領事館HP
http://www.kyu-eikoku-ryoujikan.com/

下関だけじゃもったいない!5分のクルージングで九州も楽しんじゃえ!

下関から海を挟んだ向こうには九州の玄関である門司があります。

門司までは、関門橋や海底に作られた人道トンネルを渡っていくことができますが、いちばん楽しめる方法が、わずか5分のクルージング!

カモンワーフの近くから船が1時間に3本出ており、海風を感じながら、門司港へといくことができます。詳細は「関門汽船」のHPをご覧くださいね。

東側には関門橋、西側には宮本武蔵と佐々木小次郎の戦いで有名な巌流島を眺めることができ、なかなかの絶景です。

船が到着する門司港には「門司港レトロ」と呼ばれる古き良き建物が並ぶエリアがあり、とっても風情があるんですよ!

門司港レトロの一角にある「海峡プラザ」にはおみやげ屋さんや雑貨屋さんも多くあります。
ここでしか出会えない雑貨、ハチミツの専門店などもあるのでぜひお店をのぞいてみてくださいね。

あと、忘れちゃいけないのが、北九州名物の「焼きカレー」。

カレーにたっぷりのチーズと半熟の卵をのせた焼きカレーは、何度も食べたくなるおいしさ!

門司では「焼きカレーマップ」が作られているので要チェックです!

下関だけではなく、門司まで足を伸ばしても絶対楽しめると思います。

●関門汽船HP
http://www.kanmon-kisen.co.jp/index.html

●門司港レトロHP
http://www.mojiko.info/

まとめ

フグ三昧の下関、いかがでしたか?

食べても良し、遊んでも良し、魅力満載の下関!

たった5分で九州に行けるっていうのも魅力的ですよね。

最近は海外からの観光客も増えてきているようです。

ぜひ皆さんも足を運んで下関のフグをおなかいっぱい味わってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする