眼鏡橋(長崎)周辺のおすすめカフェ3選!オシャレ女子に人気です!

今、長崎を訪れる人に大人気のスポットがあります。

それが「眼鏡橋」周辺。

川面に映った影と合わせて眼鏡のように見えるこの橋は観光地としても有名ですが、実は長崎を代表する「オシャレスポット」でもあるんです。

今日はそんな長崎の眼鏡橋周辺にある話題のカフェをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

眼鏡橋周辺ってどんなところ?アクセスは?

眼鏡橋はどんなところ?

長崎の観光スポットを多く掲載した旅行雑誌やテレビでもよく紹介される「眼鏡橋」。

石畳のアーチがとても美しいこの橋は、寛永11年(1634年)につくられました。日本初のアーチ式橋としても知られており、いつも多くに人であふれています。

しかもこの眼鏡橋の周辺は、長崎で一番の繁華街

浜の町」という活気あふれるアーケード街や、ステキなお店が並ぶ「龍馬通り商店街」などがあります。

また、眼鏡橋が架かる中島川の両脇には、オシャレなカフェや雑貨屋さんが多く並び、女性や観光客に人気のスポットです。

紅茶の専門店や、ワインバー、こぢんまりしたブックカフェ、北欧雑貨専門店など、オシャレに敏感な女子なら、きっと虜になってしまいます。

どれも魅力的で好奇心を刺激するお店ばかりなんですよ。

しかも長崎は、「日本で一番早くチョコレートが入ってきた街」とも言われており、多くのチョコレート専門店も並んでいます。

チョコレートの量り売りやイートインなど、チョコレート好きにはたまりません。

眼鏡橋へのアクセス

この眼鏡橋周辺へのアクセスは、とってもカンタン!

一番便利なのは、路面電車での移動です。

JR長崎駅の路面電車乗り場から「崇福寺(そうふくじ)」駅行きに乗り、新地中華街」で「蛍茶屋」行きに乗り換えます。

その後「めがね橋」で下車すると、すぐです。

JR長崎駅からの所要時間も15分程度で、料金もたったの130円(電車代)で行けてしまいます。

もちろんで行くことも可能です。
眼鏡橋の近くには100円パーキングも多く設置されているので駐車場に困ることはありません。

でも長崎の街のなかには細い道や一方通行道路が多いので、慣れない方は疲れるかも知れません。

運転に自信がないという方には、やはり路面電車が安心だと思います。

それでは私がおすすめするカフェを3つ、ご紹介していきますね。

絶品パンケーキとメイドイン長崎のチョコが話題!「Bridge&Spectacle」

眼鏡橋のすぐ近くにある人気のカフェ
Cafe Bridge&spectacle(カフェブリッジ&スペクタクル)

ウッドデッキ調のステキな入り口を入ると、長崎のオリジナルチョコを販売しているエリアと
カフェエリアが店内にならんでいます。

この Bridge&Spectacle の魅力は2つ。

1つ目はお土産やプレゼントにオススメの長崎仕様のステキな包装をほどこされたチョコレートです。

ここのチョコレートは、長崎のテーマパークで有名な「ハウステンボス」内の工房で作られているもので、こだわりの一品。

パッケージは「オシャレ」かつ「長崎らしさ」にこだわっており、全てが長崎の風景をイラストにしたものです。

例えば「板チョコシリーズ」は長崎の龍踊(じゃおどり)や教会の窓がデザインされ、贈り物やお土産に最適な「缶入りピュアチョコシリーズ」には「世界新三大夜景」に選ばれた稲佐山の夜景や眼鏡橋の欄干などが、ステキにデザインされています。

缶入りチョコは、食べてしまったあとも活用できるので、大人気!
新しい絵柄が入ったら、飛ぶように売れてしまいます。

観光客のみならず、長崎市民もチェックしているチョコなのです。

そして魅力の2つ目は「長崎らしさ」にこだわったパンケーキ

なんとここのパンケーキには「カステラ生地」が使われているんです!

カステラ生地が使われたパンケーキに、チョコレートやフルーツ、抹茶などいろんなアレンジを加えた「あじさいパンケーキ」と呼ばれるシリーズはSNS映えもするので、女子の注文率が高いです。

たまごとバターを感じる、やさしい甘さにいろんなトッピングが乗せられたパンケーキは
どんなにお腹がいっぱいでも、ペロッと食べてしまいます。

他にもタコライスやエッグベネディクト、クロックムッシュやハンバーグなどのプレートもあり、軽食を楽しむこともできますよ。

ランチでもカフェでもオススメです。

●Bridge&SpectacleのHPはこちら
http://spectaclebridge.jp/

観光地の賑わいから一歩離れて。落ち着く和カフェ「一花五葉」

次にご紹介するカフェは、眼鏡橋がある中島川沿いから龍馬通り商店街へと続く路地をはいったところにある落ち着いた雰囲気のカフェ一花五葉(いちかごよう)です。

お店は、「雨の石畳に咲くあじさい」をイメージして作られており、入り口には、そのイメージ通りの石畳とあじさいや季節ごとに花を咲かせる木々が植えられています。

とても観光地の近くにあるとは思えないモダンなたたずまい!

お店に入ると、オシャレなカウンターがあり、その近くでは茶釜でグツグツとお湯が沸いています。

なんとこちらのカフェ、コーヒーや紅茶だけで無く、抹茶などの和風メニューも楽しめる「和カフェ」なんです。

少し暗めの照明とジャズが心地良く、店内にはたくさんの観葉植物と花が飾られており、どこかノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

一度入ったら、時間を忘れてしまう…そんな空間です。

14時半までの時間帯で食べられるランチメニューは、「だし茶漬け膳」や野菜にこだわった「幸せのスープランチ」など、味も優しく、とってもヘルシー!

そのせいもあって、女性を中心に大人気。特に「幸せのスープランチ」はすぐに売り切れてしまいます。

絶対食べたい!という方は、11時台など、早めに行ったほうが安心です。

またカフェメニューにはパフェなどのスイーツはもちろん、お抹茶と和菓子などをいただくことができます。

上品な茶器に入った、緑あざやかな抹茶のおいしいこと!

しかもひとつひとつ茶筅(ちゃせん)を使ってきちんとお茶を点ててくれるので、風情もあります。

観光地の近くで、ゆっくりとお抹茶をいただくなんてとっても贅沢な気分を味わえますよ。

しっとりとした落ち着きのある店内なのでおひとりさまでも安心して入れます。

他のお客様に迷惑をかけないようにすれば店内の撮影などもOKです。

●一花五葉(Facebook)はこちら
https://www.facebook.com/ichikagoyo/

大人気!極上の珈琲とフルーツサンドがたまらなくおいしい「冨士男」

長崎のなかでも、一番有名だと言っても過言ではないのがこの純喫茶「珈琲冨士男」。

創業なんと昭和21年(1941年)で、今年で78年を迎えます。

作家の遠藤周作が愛したお店としても知られており、実際、彼の小説にも登場するため、ファンが訪れることでも有名です。

特に9時から11時のモーニングは大人気!
珈琲と焼きたてのトーストが550円で食べられます。

休みの日などは、オープン前から行列になっているので、早めに行って並ぶか、落ち着いた10時半頃をねらうといいでしょう。

モーニングの時間を過ぎたら、ぜひ食べて欲しいのが名物でもある「エッグサンドセット」。

「しあわせの黄色いサンド」と呼ばれているくらい、一口でどんな人をも幸せな気分にさせてくれるサンドイッチです。

注文を受けてからひとつひとつ丁寧につくるので、どんな時でも温かくてふわっふわ!

ここのエッグサンドのふわふわ感は、絶対にマネできません!

ミニサラダもついており、食べ応えもバツグンです。コーヒーとよく合って、本当においしいですよ。

また、エッグサンドのほかに「フルーツサンド」も大人気。

季節のフルーツを生クリームとともにふんだんに挟んだフルーツサンドは甘い物が苦手という人でもリピートしたくなる味。

夏場以外はテイクアウトすることもできるので子どもさんへのお土産としても親しまれています。

その他にもハムサンドやチーズサンド、バナナサンドなど気になるサンドイッチがたくさんあって、選ぶのが大変です。

何回か通って、全種類制覇したくなるほどの味ですよ。

ぜひ一度、食べてみてくださいね!

●珈琲冨士男のHPはこちら
https://www.coffee-fujio.jp/

まとめ

いかがでしたか?

大浦天主堂や軍艦島など、長崎には多くの世界遺産があり、海外からのクルーズ船も来港するので、国内外から観光で訪れる人が年々増えています。

観光で長崎を訪れた際、絶対満足するエリアのひとつがこの眼鏡橋周辺です。

特に気の置けない仲間との女子旅やグループ旅行には本当にオススメ!

肉まんや飲茶、ソフトクリームなどを食べ歩きできるお店もあるので少しお腹を空かせていくといいかもしれません。

眼鏡橋を訪れる時は、時間を長めにとって、周辺のお店もぜひのぞいてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする