茅乃舎だしで話題の久原本家 総本店(福岡)に行ってみた!

「間違いなく料理が美味しくなるだし」で主婦の間で話題の「茅乃舎(かやのや)だし」ってご存じですか?

有名料理サイトなどで検索すると、 茅乃舎だしを使ったレシピが出るわ出るわ…。
それくらい、今、各地で大人気の調味料なんです!

「名前は聞いたことあるけど、実際どうなの??」というあなたにはぜひこの機会に知って欲しい!絶対知って損はないと断言できるくらい、使うだけで料理の質をあげてくれるだしなんですよ。

今回私は、その茅乃舎だしを販売している福岡県の久原本家(くばらほんけ)総本店に行ってきましたので、そのリポートをお届けしたいと思います。

あなたもぜひ一度、足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク

「茅乃舎だし」で有名な久原本家の本店ってどこにあるの?

料理上手な人や、芸能人のあいだでも人気殺到中の茅乃舎だし
その茅乃舎だしを販売しているのが、久原本家というお店です。

久原本家は、明治26年に創業した食品メーカーで、福岡県久山町という小さな小さな町で誕生しました。

もとは醤油蔵として生まれたこのお店は、125年を越える歴史の中で「人の心と手間をかけた、本当においしいものを」という思いを込めて、自然由来の調味料作りに取り組んできました。

久山町は水が美しく、豊かな町としても有名で、その水をふんだんに使った調味料はどれもおいしいものばかり!

現在も本店である「久原本家 総本店」は久山町内の閑静な場所にあり、週末になると多くの人でにぎわいます。


和風建築の建物で、「久原」と書かれたステキなのれんをくぐると、なんといきなりの試食コーナー!!

この総本店では、久原本家の商品を使った試食が毎日おこなわれており、自分の舌でその味を確かめることができるんです。

この日の試食は「春限定たけのこごはん」!たけのこのシャキシャキした食感と、ふわっとしただしの香りが食欲をそそります。

試食は時に応じて変わりますが、過去には水炊きや、だし巻き玉子などもありました。

しかも試食はこれだけではありません。

福岡の名産品である明太子や、久原本家があつかっているだしスープなどの食べ比べもできちゃうんです!

だしに関しては、ほぼ全種類の試食が可能なので自分好みのだしを選ぶことができるというのはありがたいですよね。

ただ、久山町は山あいの町なので、アクセスが悪いのが悩みどころ。ですので、マイカーもしくはレンタカーで行くことをオススメします。

車であれば、九州自動車道福岡インターで降りておよそ30分程度で到着できますよ。

「久原本家 総本店」のサイトには、地図とカーナビ検索用電話番号が掲載されていますので、おでかけの際には、事前に確認してみてくださいね。

●久原本家 総本店
http://www.kayanoya.com/shop/sohonten/

茅乃舎だしの種類!一番人気があるのはどれ?

一番人気のだしは?

ところで久原本家の茅乃舎だしっていろんな種類があること、ご存じですか?

一番有名かつ一番人気があるのはやはりオーソドックスな「茅乃舎だし」。

真昆布・かつおぶし・うるめいわし、そして福岡ならではの焼きあごを粉末にして、パックに詰めた和風だしです。

「あご」とは「とびうお」のこと。

福岡では、ラーメンや味噌汁、スープなどこの「あごだし」を使うことがよくあります。

その中でも焼きあごは、うまみと風味が凝縮されてとてもおいしいんですよ!

その焼きあごをふんだんに使った茅乃舎だしがおいしくないはずがない!!

もちろんパックのまま使ってもOKですし、パックを破って、そのままのだしを使ってもいいので料理によって用途を選ぶことができます。

難しそうなイメージがある和食も、この茅乃舎だしがあれば凝った味付けも不要です。

他にもある!だしシリーズ

オーソドックスな茅乃舎だし意外にも、6種類のだしシリーズがありますので、ご紹介しておきますね。

煮干しだし

国産の煮干しを使った、どこか懐かしさを感じるだしです。

お味噌汁や昔ながらの煮物に合うので、お母さんやおばあちゃんへのプレゼントにオススメです。

野菜だし

玉ねぎ・にんじん・セロリ・にんにく・キャベツを粉末にしたコンソメ風のだしで、洋風料理によく合います。

スープはもちろんですが、パスタのアクセントに使っても◎です。

昆布だし

昆布をカットしてパックに詰めた、本格的昆布だし。

このだしを使って大根を煮れば、他には何の味付けも要りません。和食を美味しくしてくれる絶品だしです。

極みだし

かつお節の中でも最も手間をかけて作られる「本かれ節」に利尻昆布を加えた上品なだし。

贈答用としても一番人気があります。

鶏だし

国産鶏の削り節に、少量の塩を加えてつくられただし。

こってりしすぎないのに、深い味わいなので中華料理などに使うとコクがでます。

椎茸だし

国産の干し椎茸と干しマイタケを使っただし。

塩分も少ないため、食事制限がある方などにも安心してつかってもらうことができます。

以上、いろんな種類のだしを使ってみたくなりますよね!

茅乃舎だしシリーズは全て化学調味料・保存料が無添加というのも安心して使えるポイントです。

茅乃舎だしだけじゃない!久原本家の調味料いろいろ

久原本家の調味料でいちばん有名なのは「茅乃舎だし」ですが、人気があるのはそれだけではありません!

何よりも簡単なのにおいしい。そんな調味料シリーズをご紹介しますね。

うまたれ」シリーズ

キャベツのうまたれ」「トマトのうまたれ」「きゅうりのうまたれ」という3種類の野菜に使う、人気シリーズ!

何が簡単って、その野菜を切って、このうまたれをかけるだけで絶品料理にかわるんです!

献立の一品としてはもちろん、お酒のおつまみにもぴったり!野菜にかけるだけなので、とってもヘルシーですよ。

「浅漬けのもと」シリーズ

自分で浅漬けを漬けると、味が濃かったり薄かったりと意外にむずかしいですよね…

そんなときに便利なのが、「浅漬けのもと」シリーズ。

あごだしをベースにした味付けで、野菜を切って揉み込むだけでワンランク上の浅漬けができます。

オーソドックスなものに加えて、「ゆず」と「ピリ辛」の2種類がありますので、いろんな浅漬けを作って楽しめますよ。

「サラダキット」シリーズ

野菜と和えるだけで、おいしいサラダが簡単にできると話題の「サラダキット」シリーズ。

細切りした大根に混ぜるだけの「特製味付けじゃこと海苔の大根サラダ」やトマト2個だけの「柚子とバジルのトマトサラダ」、他にも「もやし」「キャベツ」「玉ねぎ」「レタス」を使った簡単なのに絶品サラダができるこのシリーズは忙しい主婦にも大人気!

野菜もたくさん食べることができ、調理もとっても簡単なのでぜひ使ってみてもらいたいシリーズです。

久原本家の調味料シリーズは、とっても充実しており魚や野菜などをおいしく食べられる「うま鍋」シリーズや「たれ」シリーズがあるので、いろいろ味わってみてぜひお好みのものを見つけてくださいね。

久原本家の商品で作る簡単・おいしいレシピ3選

それでは最後に、久原本家の商品を使った、簡単でおいしいレシピをご紹介したいと思います。

ぜひ参考にされてくださいね。

「キャベツのうまたれ」を使った白菜サラダ(2人分)

材料

・白菜 1/4玉
・ツナ 1缶
・マヨネーズとすりごま 小さじ2
・キャベツのうまたれ 小さじ4

作り方

1.白菜を細切りし、レンジ(600W)で4~5分加熱
2.白菜の水気を切り、キャベツのうまたれを加えて混ぜる
3.マヨネーズとするごまを混ぜて完成

「茅乃舎だし」を使った鶏たまご雑炊(2人分)

材料

・玉子 2玉
・鶏モモ肉 1/2枚
・小ネギ 適量
・里芋 6個
・ごはん お茶碗2配分
・水 600ml
・茅乃舎だし 1パック

作り方

1.鍋に茅乃舎だしパックを破り、中身を水と混ぜる
2.鶏モモ肉と里芋を鍋にいれ、煮る
3.火が通ったら、ごはんを入れる
4.最後に玉子を入れ、軽く混ぜ、ネギを散らして完成

「あごだしつゆ」を使ったナスの煮浸し

材料

・ナス 中3本
・ごま油 大さじ2
・あごだしつゆ 50ml
・水 200ml

作り方

1.ナスを食べやすい大きさに切り、水にさらす
2.ナスの水気をきり、ごま油を熱したフライパンで焼き目がつくまで焼く
3.2にあごだしつゆ、水、好みでショウガを加え、10分程度煮たら完成

まとめ

主婦のありがたい味方、「久原本家」。

丁寧にだしをとったり、味付けを考えたりという手間暇が省ける上に、美味しい料理をつくることができるのは本当にありがたいですよね!

お店に行けば、試食をしながら自分好みのだしを選べるというのも嬉しいポイントです。

ぜひ久原本家の調味料を活用し、家族みんなが喜ぶ料理をつくってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする