五島列島は家族旅行・観光におすすめ!世界遺産の島を満喫してきた!

「ヒルナンデス!」や「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」など、人気のテレビ番組で最近特集されることの多い五島列島

隠れキリシタンがつくった教会やコバルトブルーの美しい海の風景が印象的ですよね。

「島旅」にハマっている私。

五島列島がどうしてこんなに人気なのか?その秘密を知りたくて海を渡って行ってみました!

そこで今回は、私が旅で感じた「五島列島の魅力」を、余すことなくご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

「世界遺産の島」五島列島ってどこにあるの?

長崎県五島列島。

名前は聞いた事があるけど、どこにあるかは知らない、という方も多いと思います。

五島列島は、日本の最西端にある列島

「五島」とありますが、実際には無人・有人含め140もの島で構成されています。


ちなみに長崎県は、日本で一番「島」が多い県
長崎出身の福山雅治さんも、長崎の島をアピールする動画に出演されていて話題になりましたよね。

五島列島の中でも一番大きな島が「福江島」。ここには空港もあるんですよ。

最近は「五島つばき空港」とも呼ばれている福江空港行きの飛行機は、長崎と福岡から就航しています。

所要時間は、長崎空港から30分、福岡空港からだと40分程度です。

離陸したと思ったらあっという間に着陸しちゃうので、飛行機が苦手という方でも比較的大丈夫だと思います。

もちろん船も出ており、福江島までだと長崎港からフェリーで3時間、「ジェットフォイル」という高速船だと1時間半程度です。

五島に行く飛行機も船も、座席数が限られているため、旅行を考えている方は早めに予約したほうがいいかもしれません!

あと、船は結構揺れることがあるので、船酔いする方は、酔い止め薬をお忘れ無く。

ところでなぜ今、この五島列島が話題になっているかというと、2018年6月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」で世界遺産に登録されたのです!

キリスト教が禁教だった時代、信仰を守るために五島にやってきた隠れキリシタンの人々が残した遺産。

素朴な街の中に凜とたたずむ教会や施設などの姿は大変美しく、魅力的です。

世界遺産に登録されてからというもの、五島を訪れる観光客の数は激増しました!日本人のみならず、世界からも多くの人が訪れているんですよ。

五島のキレイな海と砂浜でリゾート気分を楽しむ昼のアクティビティ

五島列島は自然が豊かなのでいろんなアクティビティが楽しめます。

それに何より五島は海がキレイ!五島の海は透明度が高く、コバルトブルーに輝いています。

砂浜は白くて広いので、ビーチバレーや花火、バーベキューなども存分に楽しめますよ。

特に有名なのが「高浜海水浴場」。
ここは「日本一美しい海水浴場」とも呼ばれています。

遠浅で、広いビーチの周りには人工的な建物は一切なく、自然を満喫できるんですよ。

浅瀬も多いので、子どもさんも遊びやすいと思います。
が、安全のために決して目を離さないでくださいね。

7月上旬から8月中旬には、シャワーやトイレも設置されるので、安心して海水浴を楽しめます。

また、2017年にオープンして以来、大人気のスポットが「NANGORA HILLS(ナンゴラヒルズ)」!

何の施設かというと、グランピングを楽しめる施設なんです。

「グランピング」とは「グラマラスキャンピング」のこと。

自然のなかで、ホテル並のサービスを受けられ「おしゃれなキャンプ」ができると大人気!

だからこそグランピングは高価なイメージがありますが、この「NANGORA HILLS」は1人8000円~20000円内で利用できちゃうんです!

これは本当にお得!

ただ、人気すぎて、予約がなかなか取れません…。私も行きたくて予約に挑戦ましたが既に満室…

特に初夏から秋にかけては多いようです。

詳細や予約についてはこちらのサイトでご確認下さいね。
https://www.baracar.com/shimayado/nangora-hills/baramon-house/

その他にも五島は、マリンレジャーが充実!

マリンジェットやサンセットクルージング、魚を間近で見られるシュノーケリングなど、いろんなものがありますが、私のオススメはバナナボート!

波にぶつかるごとにぴょんぴょんと跳ねるバナナボートは、まるで海上のジェットコースター!

子どもたちもその迫力と面白さに夢中になりますよ。

家族全員で1つのバナナボートに乗って波の感触を楽しむのは、サイコーに楽しい!

興味のある方は、ぜひトライしてみてくださいね。

絶景の星空に出会える夜のアクティビティ

五島の夜のアクティビティといえば何と言っても「星空ナイトツアー」!

福江島の鬼岳でおこなわれる「鬼岳星空ナイトツアー」と
上五島町でおこなわれる「上五島星空ナイトツアー」の2種類があります。

私は「鬼岳星空ナイトツアー」に参加したのですが、いままで見たことのないような星空に
感動がとまりませんでした!

星座を線で結べないほどたくさんの星、星、星。

その星たちを、鬼岳の草原に置かれたリクライニングチェアに横たわって眺めます。

近くに天文台もあり、解説員の方が、今夜の星空について説明してくれる特典付きです。

五島は四方が海に囲まれているため、街明かりの影響をほとんど受けません。特に、夜遅くなるほどにその暗さは増し、同時に星の輝きが際立ってきます。

今の日本では「天の川」を見たことがないという方も多いですよね。

そんな方には、ぜひ一度、五島の星空を見上げてもらいたい!
美しい星々に囲まれ、ここでしか体験できない極上のリラクゼーションを楽しめますよ。

ただし、開催時期は毎年異なりますので事前にサイトなどを確認し、
必ず予約の上、ご参加くださいね。

そして夜は結構冷えるので、温かい季節であっても、ウインドブレーカーや膝掛けがあると便利です。

●鬼岳星空ナイトツアー(五島市観光協会)
http://www.gotokanko.jp/contents/information/detail.php?id=87

●上五島星空ナイトツアー(新上五島町公式サイト)
https://official.shinkamigoto.net/goto_full.php?eid=03136&be=2

食べなきゃ損!五島の極上グルメ、教えます

五島と言えば、海産物!

周囲の海からとれたばかりの新鮮な魚介類を食べることができます。

有名なのは、キビナゴサバ

特にとれたてのサバを甘酢に漬け込み鮨にした「鬼鯖鮨」はとても有名で、フェリーのりばの売店などではすぐに売り切れてしまいます。

鯖を1匹使用した「シングル」と2匹使用した「ダブル」に加え、上をあぶった「炙り」があります。

この鯖鮨、一度食べたら忘れられない味になること間違いなし!ボリュームはありますが、あまりのおいしさのため、ペロッと食べてしまいます。

この鬼鯖鮨はネットでも購入できますが、昆布が巻かれているものは五島でしか食べられないレアもの!

昆布の風味が鯖とマッチして、とんでもないうま味を引き出しています。

ぜひ一度、現地で味わってくださいね。

そして五島と言えば、もう一つ忘れてはいけないのが「五島牛」!

「え?島なのに肉もあるの?」と思うでしょうがこれがまた絶品なんです!

とにかく自然豊かな土地で生まれ育った五島牛はストレスフリーのため、肉がやわらかい!

この五島牛は、知る人ぞ知る銘品でそう多くは流通していません。生産頭数も少ないため、地元以外では有名なお店でしか、出会うことができないのです。

だからこそ、ぜひ五島で食べてもらいたい!

五島牛の、やわらかく上品な口当たりとじゅわ~っとしみだしてくる、とんでもない肉汁。

五島に行ったら、忘れずにお召し上がりくださいね。

他にも、五島といえばコシが強くなめらかな「五島うどん」や、サツマイモでつくられた、自然な甘みがクセになる「かんころ餅」など美味しい食べ物がいっぱいあります!

ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

世界遺産にも登録され、大いに盛り上がる五島。文化も自然も共に豊かで食べ物はおいしいし、街の人々も気さくでやさしい!

私が五島のあるお店で、鯖が食べたくて注文したところすでに売り切れていたことがありました。

魚の中でも一番といっていいほど鯖好きな私は「五島に来たのに、鯖が食べられないなんて…」と落ち込んでしまいました。

それでも他の料理に舌鼓を打っていると、再びお店の方が、鯖を手にあらわれたではありませんか!

「お客様は観光で来られたんですよね」といいながら

「それなのに五島の鯖を食べてもらえないのは悔しいので知り合いのお店から分けてもらいました」と…!

なんと私のために、他のお店からわざわざ鯖をもらってきてくれたのです!
このおもてなしの心遣いに、本当に感激しました。

もちろん全てのお店がそうだというわけではありませんが、五島に住む人々の、熱い熱い「五島愛」を感じずにはいられませんでした。

こういう島の人との出会いも、また旅の魅力。

大自然に囲まれて、過ごす最高のひととき。
家族で五島への「島旅」をぜひお楽しみくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする