桜とサクランボの木の違いって何?

小学校の頃、校庭に「桜」と書かれた木と「さくらんぼ」と書かれた木がありました。

似たような季節に花をつける2本の木。

でも桜の木には実がならず、さくらんぼの木にはおいしくて赤い実が付きました。

子どもの頃は、2本の木の違いに目もくれず赤くふくらんださくらんぼの実に手を伸ばしていましたが、今頃になって、ふと

桜とさくらんぼの違いってなんだろう…

という疑問がムクムク。

そこで今回は、幼い頃からの疑問を解決すべく「桜とさくらんぼの木の違い」について調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

桜とさくらんぼの関係とは?

「桜の木に実がなったものがさくらんぼ」だと思ってしまうほどそっくりな2本の木。

それもそのはず、両方とも「バラ科モモ亜科サクラ属サクラ亜属」という分類名なんです。

ではいったいどこが違うかというと、そのあとです。

桜は「ソメイヨシノ」「ヒガンザクラ」などの種の名称がきますが

さくらんぼは「甘果オウトウ類ミザクラ」と続きます。

「ミザクラ」とあるように、さくらんぼは「実が成る」種類であり、花を愛でる、つまり「ソメイヨシノ」など鑑賞用の桜とは別物なのです。

まれに桜の木に実がついていることがありますが、食べても酸味が強くて、あまり美味しいものではありません。

私たちが日常的に口にしているのは「セイヨウミザクラ」や「シナミザクラ」という品種のさくらんぼ。

これは、中央アジアから中国を経由して日本に入ってきたといわれており、幹や葉っぱが桜に似ているため、桜の木と勘違いする方も多いかもしれません。

ちなみに「アメリカンチェリー」や「佐藤錦」なども「セイヨウミザクラ」の実なんだそうですよ。

歴史的には、鑑賞用のソメイヨシノなどよりミザクラのほうが古く、一節には有史以前から食べられていたという話もあるからおどろきですよね!

古代ローマの人々も、さくらんぼの赤い実を味わったのかと思うと、なんだか不思議な気持ちになります。

さくらんぼの「んぼ」ってどういう意味?

ところでこの「さくらんぼ」。

桜とは別の木だということがわかりましたが、「さくらんぼ」の「んぼ」って、いったいどういう意味なのでしょうか?

先ほども書いたとおり、鑑賞用の桜より歴史が古いさくらんぼ。

昔は「桜の子ども」というイメージで「桜の坊」と呼ばれていたそうです。「坊」とは「坊や」とか「坊ちゃん」という意味でしょうか。

そのうちだんだん「桜の坊」の「の」が「ん」に変わり

「さくらのぼう」→「さくらんぼう」→「さくらんぼ」と言われるようになったんだそうです。

かわいいネーミングで、親しみがわきますよね。

でも果物屋さんなどでは、「さくらんぼ」と呼ばずに「桜桃(おうとう)」と呼ぶところが多いそうです。

ちなみにおいしいさくらんぼの見分け方は「赤くて大きなもの」だそう。

日当たりのいいところですくすく育った、甘くてツヤのあるおいしいさくらんぼを見つけたいですね!

まとめ

長年疑問に思っていた、「さくら」と「さくらんぼ」の違い。
今回、調べることによって、その歴史まで明らかになりました。

さくらんぼといえば山形県が有名ですが、他にも北海道や長野県でも多く作られています。

北の方で多く生産される理由は、さくらんぼが雨に弱く、梅雨が短いところを好むからだそうです。

さくらんぼは、家でデザートとして食べることはもちろんお弁当などに入れても、赤い色が映え、全体をおいしそうに見せてくれる、主婦の大きな味方です。

「桜」と「さくらんぼ」の違いを語りながらみんなでおいしいサクランボをいただきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする