みどりの日が5月4日になったのはいつから?

毎年楽しみなゴールデンウイーク!
旅行や帰省、レジャーなど楽しい予定を組んでいる方も多いと思います。

私も今年は家族と旅行に行くよう計画していて今からワクワクドキドキ…

どこに行こうかな。
何を食べようかな。

時間があればネットで検索し、ガイドブックを研究する毎日です。

ところでこのゴールデンウイーク中の「5月4日」は何という名前の祝日かご存じですか?

「国民の休日」!

…だと思った方はザンネンながら不正解。

みどりの日」というのが正解です。

でも昔は「国民の休日」と呼んでいたような…

一体いつごろから名前が変わったのでしょうか?

今日は、知っているようで意外と知らない、「みどりの日」についてリサーチしてみたいと思います。

みどりの日が移動して4月29日から5月4日に変わったのはなぜ?

当初「みどりの日」という名前の祝日は4月29日に制定されていました。

4月の月末が近づき、「みどりの日」を迎えると、「いよいよ連休がはじまる!!」とそわそわしたものです。

でも今この4月29日は「昭和の日」と呼ばれています。

お休みであることに違いはないのですが、どうして「みどりの日」は、4月29日から5月4日に移動したのでしょうか?

そもそも4月29日は、昭和天皇の誕生日ということで昭和の時代には「天皇誕生日」という名の祝日になっていました。

それが、1989年に昭和天皇が崩御されると「天皇誕生日」は必然的に、次の天皇のお誕生日である12月23日に変更となります。

しかし4月29日のお休みと言えばゴールデンウイークのスタート!!

この日を平日にもどしてしまうと、国民の生活に影響を及ぼしかねません。

そこで4月29日は、自然を愛した昭和天皇に由来した「みどりの日」との名称で、引き続き「祝日」にするよう決定されたのです。

で、その「みどりの日」が4月29日から5月4日へと移動したのは2007年のこと。

なんでわざわざ移動させたのでしょうか?

実は、戦争など激動の時代でありながらも、そこから復興と経済発展を遂げた「昭和」という時代を歴史に残そうという声があがったようなのです。

ではその日をいつにするかという会議がおこなわれたときに、昭和天皇の誕生日であった4月29日がちょうどいいのではないか!と識者の間で検討されました。

そこで4月29日を「昭和の日」とし、これまでの「みどりの日」を5月4日にしよう!
という流れになったそうです。

5月4日ってもともとは「何の日」で祝日だったの?

実は以前、5月4日という日はもともと何の記念日でもなく、ただの平日でした。

それが、5月3日の「憲法記念日」5月5日の「こどもの日」に挟まれ、せっかくだから、お休みにしてしまおうと1986年に「国民の休日」という名のお休みになったのです。

ただし、この「国民の休日」は正式な記念日ではないため、適用されるのは5月4日が平日にきた時だけ。

日曜日と重なれば、適用されません。

ですので、当然ながら「振替休日」となることはなく、曜日のめぐりによっては、何となくちょっと損をしたような気分になる年もあったのです。

それで「みどりの日」というきちんとしたお休みにし、正式な休日とした、というわけです。

もちろん5月4日が日曜日だったら、翌日は振替休日となります。

振替休日になるか、ならないかってけっこう大きな問題ですよね!正式なお休みになってくれて良かったと個人的には思っています。

まとめ

お休みの成り立ちについて調べたのは初めてでしたがなかなか勉強になりました!

日頃忙しく過ごしているのでお休みが増えるというのは本当に嬉しいです!

皆さんもいろんな予定を立てながら、楽しくて充実したゴールデンウイークを
お過ごしくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする