鯉のぼりのカラフルなやつの名前って?その意味は?

5月5日の子どもの日が近づくと、鯉のぼりを見かけることも多くなるかと思います。

その鯉のぼりをよく見ると、元気に泳ぐ鯉たちの上で、何やらカラフルなものが風になびいてひらひら~っとしていますよね。

このカラフルなひらひらって何て名前なの?って疑問に思いませんか?

そこで今回は、このひらひらしたものの名前やその意味について調べてみました。

スポンサーリンク

鯉のぼりの上にある、カラフルなやつの名前

このカラフルなひらひら、名前は「吹き流し」って言うんだそうです。

色は5色あって、「青(または緑)、赤、黄色、白、黒(または紫)」となっています。

実はこの色にもちゃんと意味があるんですよ。

これは中国の「陰陽五行説」からきているそうなんです。陰陽五行説、聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

すべてのものを「陰と陽」の2つに分ける「陰陽説」と、「木、火、土、金、水」の5つの要素からできているという「五行説」の考え方を組み合わせたものが「陰陽五行説」です。

そして、この五行を色にすると、

木=青 火=赤 土=黄 金=白 水=黒

となります。

つまり、吹き流しの色は五行を表していたんです。

そしてこの吹き流しには「魔よけ」の意味があるんだそうです。

何で吹き流しが魔よけになるの?

木火土金水という、五行の考え方を形にしたものが陰陽道の「五芒星」です。

星の形をたどると、木は土に強く、土は水に強く、水は火に強く、火は金に強く、金は木に強いという関係を表しており、これを「相剋」関係と言います。

よくゲームでも○属性は△属性には強いけど、□属性には弱いみたいな力関係ありますよね。ああいう感じです。

それだけではなく、星の形の外側を円を描くようにたどると、木は火を生み、火は土を生み、土は金を生み、金は水を生み、水は木を生むという「相生」の関係が見えてきます。

こうした意味が、シンプルな星型に込められているんですね。
そしてこの五芒星は陰陽道において魔よけの呪符として使われてきたそうです。

ここで、魔よけと吹き流しがつながってきましたね。

魔よけとして使われる五芒星、五芒星を形作る五行の考え方、そしてその五行を表す5つの色・・・。

この5色を取り入れることで、吹き流しが魔よけになるっていうことだったんですね。

カラフルで目立つ飾りぐらいにしか思っていなかったんですが(そういう意味もあるのかもしれないですけど)、でもただそれだけじゃなかったんですね。

まとめ

鯉のぼりの鯉の上にあるカラフルなひらひら、吹き流しには魔よけとしての意味が含まれているということがわかりました。

いつの時代も、親は子供が無事に成長できるよう願うものです。
そんな親の想いが、この吹き流し1つにも込められているんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする