雛人形は姉妹の場合はどうしてる?2人で1つでもいいの?

3月3日といえば、「ひな祭り」。女の子のお子様がいるご家庭では「雛人形」を飾る時期ですよね。

我が家は、子供はまだ長女一人ですが、もしも次女ができたらもう一つ雛人形を購入する必要があるのか…気になりました。そうなると金銭面的にも色々と考えないといけなくなりますよね。

私のように思っている人もいるのではないかと思い、今回は二人目の女の子、二人以上の姉妹の場合、下の子にも雛人形が必要なのかということについてご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

雛人形って姉妹それぞれに用意するべき?

実は雛人形は一人につき、一つ(女雛・男雛1セット)あるのが望ましいです。

その理由は、雛人形は本来、災厄から子どもを守る人形のお守りという意味にありました。(神社などで売られている「お守り」と同じ役目を持ちます)

子供は病気にかかりやすく、怪我をすることも多いですよね。昔の日本は、今と比べて平均寿命がかなり短かったのですが、当時乳幼児の死亡率が非常に高かったためという説もあるくらいです。

当時の人々は、災いが間違えて人形の方を襲い、子供の身代わりになって災厄を引き受けてくれるように、そして子供に健やかに成長してほしいという想いを込めて、「お守り」・「お祓い」の意味で人の形に作っていたとされています。

そして現在のように精巧な雛人形の形になったのは江戸時代に入ってからとされています。段飾りの雛人形がではじめたのは江戸時代半ば頃。

このように雛飾りはどんどん豪華に、そして高価になっていき、江戸時代後期になると「お守り」や「お祓い」の意味も薄れて、嫁入り道具の一つとして、女の子の健やかな成長と幸せを願って雛人形を飾るような風習になっていきました。

上記で説明したように、実は雛人形は女の子のお守りなのです。

お守りなので、「一人に一つ」とか、「他人に譲らない」や、「処分する時は神社に奉納したり、お寺で供養してもらうのがいい」と言われている理由です。

しかし、現代では新生児・乳児の死亡率の低さは世界でもトップクラスの日本。
雛人形は「お守り」というよりは、「女の子の幸せを願って飾るもの」といういわゆる縁起物のような扱いになっています。

次女におすすめの雛人形アイデア3選

もちろん、一人につき一つ買ってあげたいけれど、それぞれのご家庭でお財布事情も異なってきますよね。

そこで、次女におすすめの雛人形アイデアをご紹介します。

名前旗(オルゴール)を買う

名前旗とは、子供の名前や生年月日を刺繍したものです。雛人形の横に飾るととても華やかになります。

桃の節句の他にも、百日祝いや七五三などのイベントにも長く使えます。場所も取らないのでおすすめです。

市松人形を買う

市松人形は古風なお顔の人形から、現代風のリカちゃん人形など、種類がたくさんあります。子供が喜ぶものを買ってあげるケースが多いです。

省スペースな雛人形を買う

次女にはコンパクトな雛人形を購入するお家も多いです。

今はキャラクターの雛人形などもあるので、お子さんが喜ぶものを是非買ってあげてください。吊るし雛なんかもいいですよね。

私が子供の頃は、雛人形は大きな女雛と男雛の2体だけのもので、妹と共有していました。

名前旗やオルゴールはそれぞれのものがあったような気がしますが、一人に一つの雛人形がなくても何の問題もなくそれが普通でしたので、喧嘩もすることもありませんでした。

ですので、私がもし次女を授かることができたのなら雛人形は1セットにして名前旗を購入しようかと今の段階では考えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

昔の雛人形の本来の意味などもふまえて、これから購入される方は選んでみてはいかがでしょうか。

ご自宅のスペースの問題や、お財布事情も異なってきますので、ご家庭にあった方法で3月3日のひな祭りを楽しみたいですよね。

皆さんにとってもお子さんにとっても楽しいひな祭りになりますように…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする