窓ガラスの水垢の効果的な落とし方!頑固な汚れもラクラク落ちる?

リビングの窓ガラスについた水垢…。とても頑固な汚れでなかなか落ちないですよね。
年末年始のお掃除でも苦戦することもしばしばある部分です。

雑巾で水拭きをしても乾いてから見ると雑巾のあとがくっきりで余計に汚く見えるなんてこともあります。それに水垢がついていると、素敵なお家の見た目が台無しになってしまいますよね。

そこで今回は、窓ガラスの頑固な水垢を落とす方法(なるべくご自宅にあるものできる方法)をご紹介していきます。

スポンサーリンク

窓ガラスの水垢取りにおすすめの方法!

そもそも水垢って何だろうと疑問になりますよね。

水垢とは、ガラスに付着した雨水や水道水が、砂や埃、排気ガスなどと混ざり乾燥することでできるものです。

放っておくと本当に取りにくい頑固な汚れになってしまいますので、年末に一気に掃除してしまうのではなく、こまめに窓拭きをするのがベストです。

まずおすすめなのが新聞紙です。

新聞紙は見開き1枚を半分に切って、手のひらに収まる大きさに折り畳んでください。たくさん窓の拭き掃除をする時は、初めに何個か作っておくととても便利です。

片方の手には濡らした新聞紙を持ち、もう片方の手には乾いた新聞紙を持ってください。仕上げは乾拭きをするので、乾いた新聞紙を利き手に持つとやりやすいかもしれません。

濡れた新聞紙で窓を拭いてからすぐに乾いた新聞紙で上から乾拭きをしていくだけです。すぐに乾燥した新聞紙でふき取ると驚くほど綺麗になっています。

この方法はなんと、新聞紙のインクで薄い膜ができるので、次回の窓拭きが簡単になるというとてもお得な方法です。ただ、手が届かない高さでは本領が発揮できないという難点もあります。

高いところにもおすすめなのが、フローリングワイパーとキッチンペーパーと酸性の食品です。(お酢やレモン汁、クエン酸がおすすめ)

まだそこまで汚れが頑固そうでないなら、水に重曹を入れて使うということもいいと思います。

窓拭き用のペーパーも売っていますが、家にあるものならキッチンペーパーで代用できます。わざわざ掃除のために買いに行くっていうのも気がひける時はぜひ試してみてください。

窓ガラスに水垢をつかせないための予防策とは

窓ガラスに水垢をつけないようにする予防策は、何といっても日々のお手入れに限ります。

頑固な汚れになる前にクエン酸を水で薄めて、窓に吹き掛けスポンジでこするだけで窓のくもりを解消することが可能です。

こまめにクエン酸などで窓拭きをする習慣をつけることを強くおすすめします。(クエン酸が窓ガラスに残らないようにしっかりと拭きあげるようにしてください。クエン酸が金属についてしまうと錆びてしまう恐れがあります。)

私は毎年年末に苦戦しているタイプなのですが、こまめに掃除をしていると年末も普段と同じように軽くするだけで綺麗になりますし、他のところに力を入れてお掃除ができます。

クエン酸を水で薄めたものを100均などで売っているボトルに入れておくと、常に掃除がしやすいのでいいですよ!

より予防策として強化したいなら、曇り止めや撥水剤を使ってもいいかもしれません。窓ガラスがコーティングされるので、水も汚れもはじいてくれます。水をはじいてくれたら水垢がつくのも防げますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私はズボラ主婦なので、こまめに掃除がなかなか難しいのですが、ママ友を見ていると毎週どこかしらの掃除を少しずつ終わらせていて、見習わないと…と思ってしまいます。

窓ガラスは外から見られやすいので、この記事を読んでマズイ…!と思った方は早めに取り掛かっていただけると幸いです。

年末に向けて、少しずつおうちの中を掃除して年末の大掃除をなるべく楽なものにしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする