カーテンを洗う頻度は?実はかなり汚れているかも!?

皆さん、ご自宅のカーテンって洗っていますか?
かなり頻繁に洗う方もいれば、買ってから一度も洗ったことがない人までさまざまだと思います。

実はカーテンは、花粉や埃、外気の汚れをたっぷりと含んでいて想像以上に汚れているものです。そのままにしておくとカーテンの汚れが室内を舞うという恐ろしい事態になりかねません。

そこで今回は、カーテンの洗濯方法や洗濯頻度などをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

カーテンの洗濯の頻度は?1年に何回洗うべき?

カーテンの洗濯頻度

カーテンの洗濯の頻度ですが、だいたいレースカーテンは年に2〜3回くらい、ドレープカーテンは年に1回が目安と言われています。

気になる方はそれ以上洗っても大丈夫ですが、あまり洗いすぎると生地が傷んでしまう恐れがあるのでほどほどにしておきましょう。

ピンポイントで汚れてしまい、気になるという方は部分洗いなどでも対応できます。

カーテンを洗う時期

洗う時期も大切です。梅雨入り前の快晴が続く時期や、秋の行楽シーズンもカーテンを洗濯する日に最適です。

湿度が低くて、カラッと晴れている日にお洗濯をするということが重要になってきます。

カーテンが乾ききらないままの状態で使っていると、カビの原因にもなりますので必ずお天気を確認してから作業を始めてください。

カーテンの洗濯方法!意外と簡単かも?

カーテンの洗濯ってなんだか難しそうに感じませんか?でも実は意外に簡単にできてしまうものなのです。

カーテンの洗濯方法

まず、洗濯できるカーテンかどうか素材をチェックしてみましょう。

水洗いNG」のマークがあれば自宅では洗濯が困難ですのでクリーニング店に持って行くことをおすすめします。

手洗い」のマークがあれば洗濯機は使わずに手で優しく押し洗いをしてください。

洗剤は何も表示がない場合は一般的な洗剤が使えますが、「中性」と洗剤の指定がある場合は、中性洗剤を使用してください。(おしゃれ着洗剤などもおすすめです)

水洗いする前や、洗濯機で洗う前に気になる部分の落とせるカビは落としておきましょう。

カビの落とし方は、タオルの先に熱湯を含ませて拭き取るだけです。または、アルコールスプレーなどをつけた歯ブラシや綿棒でカビの部分をトントンと叩くようにすると落としやすいです。

取り扱い絵表示を見て、洗濯機で洗うことが可能なカーテンなら、洗濯機を使うと便利です。カーテンを洗濯機に入れて、洗剤と漂白剤を入れスタートしたらあとは待つだけです。

洗濯機でカーテンを洗うコツ

洗濯機でカーテンを洗う時のコツをいくつかご紹介していきます。

洗濯ネットを使うこと

洗濯ネットにカーテンを入れるときに「屏風ただみ」(屏風のようにジグザグに折りたたむ)という折り方をして入れると洗剤が満遍なく行き渡り、汚れもよく落ちます。

カビが気になる時は酸素系漂白剤を使う

最近お掃除などでも使われることが多くなりましたよね。気になる黒カビも落とせます。液体よりも粉末の方が強力です。

ここでは酸素系漂白剤をおすすめしていますが、実は私は以前、レースカーテンのひどい黒カビを「カビキラー」を使って落としたことがあります。

カビキラーは塩素系ですし、生地の傷みが気にならなくはなかったのですが、黒いブツブツが綺麗に消えてすっきりしました。

塩素系を使うか使わないかは自己責任となりますが、ちょっと気になる…という方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
レースカーテンの黒カビはカビキラーで落とせた

脱水は短めにする

脱水しすぎるとカーテンがシワになりやすいので気をつけて下さい。脱水が終わったら、時間を空けずにすぐに干してください。

以上のことを主に注意して洗濯していただくと、綺麗に洗えるはずです。

また洗濯し終わった後はそのままカーテンレールに吊るして干してください。カーテン自体の重さでシワを十分伸ばせますし、取り込む手間も省けます。

カーテンを洗濯中にカーテンレールや窓ガラスなども綺麗にしておくといいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
カーテンを洗濯したことがなくても意外にできそうですよね。

私もカーテンを買ってから3年くらいは放置で、初めて洗う時はドキドキしました。
でも意外に簡単にできて、窓を開けて夏場なら扇風機を回しておけばあっという間に乾いてしまいます。(半乾きのままの状態にしていたら黒カビが生えてしまうので、なるべく朝一番から洗濯して干すようにしてみてください。)

実は汚れが溜まっているカーテン…。洗ったことがない人はぜひ一度洗ってみてください。
そして、なるべく年に2回くらいは洗濯できるようにしてみてくださいね。

【関連】
バスマットの洗濯頻度ってどうしてる?分けて洗った方がいいの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする