トングみたいなやつの名前

ごみ拾いをするときなどに使用する、ものをつかむための道具がありますよね。

すぐ思い浮かべることができると思うんですけど、あれって何て名前なんでしょうね?
みなさんのところではどのように言っていますか?

今回は、「ごみをつかむあの道具」についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

ごみを拾うあの道具、何ていう名前なの?

以前セミについての記事を書いていたときのことです。

セミを処理するときに、つかんで捨てるために使う例の道具の名前がわからなくて検索したんです。

トングのようなやつなんだよなー・・・

で、検索した言葉がこれ→「トングみたいなやつ」そのままです(笑)

だけど、「トングみた」まで入力したところで検索の候補に「トングみたいなやつ」が出てきて思わず笑ってしまいました。

みんな同じことが疑問になってるようです(笑)

トングとは・・・

トングの意味を調べると、「物を挟んだりつかんだりする道具」というように出てきます。ちなみにトング(tongs)は英語でした。

私の場合、トングと言われるとなんとなく食べ物をつかむときに使うイメージがありましたが、必ずしも料理関係に限られているわけではなさそうですね。

ゴミ拾いのあれもトング?

じゃあごみ拾いをしたり、バーベキューなんかで炭をつかんだりする柄の長いものは何と言うのでしょう?

人や地域によっていろいろと言い方があるのかもしれないですが、火ばさみ、ごみばさみ、ごみトングなんて言ったりするようです。

火ばさみ、ごみばさみって結構そのままの名前だったんですね。

ただ、私はごみトングにはあまり馴染みがなかったです。

トングがものをつかむ道具なので、火ばさみとかもトングで合ってるんですね。日本語と英語の違いってだけかな?

火ばさみとごみばさみに違いはあるの?

じゃあ火ばさみとごみばさみには何か違いがあるのかな?と再び疑問に思ってネットショップを眺めたところ、『ごみばさみ(火ばさみ)』『火ばさみ/ごみばさみ』のような感じで書いてある商品が結構ありました。

用途によって呼び方が変わるだけで、物自体に違いがあるというわけではないんですねえ、納得。

まあ中には火ばさみ専用、ごみばさみ専用の商品もあるのでしょうけれどね。

まとめ

いかがでしたか?

  • ごみや炭などをつかむトングみたいなやつの名前は用途によって「火ばさみ」「ごみばさみ」「ごみトング」などと呼ばれる
  • トングとはものを挟んだりつかんだりする道具なので、ごみを拾ったりするあの道具もトングみたいなやつというか、ずばりトングである

ということなんですね。ちょっと勉強になりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする