トランプのジャックってどんな意味があるの?

誰もが1度は遊んだことがあるトランプ!!
いろんな遊び方がありますので、私も子どもも大好きです。

ところでみなさん、トランプの絵札をじっと見たことありますか??

11〜13にそれぞれ人の絵が描いてあり、読み方もあります。
11は「ジャック(J)」12は「クイーン(Q)」13は「キング(K)」ですね。

クイーンは女王さま、キングは王さまというのは、なんとなく分かるものの、

ジャック……誰?!

ってなりませんか??

女王さまと王さまの子ども??全くの赤の他人??

…考えるほど謎が深まる「ジャック」

今回はジャックの意味や、そもそもトランプの絵柄にはモデルがいたのか??マークにも意味があるの?などについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

トランプのジャックは何を表している?

トランプのジャックは、家来や召使い、船乗りや労働者という意味なのです。

そして先ほども述べましたが、キングが王さま、クイーンが女王さまとなります。

てっきり、王さまと女王さまの子どもだと私は思っていたのですが、おそらく2人の付き人のようですね!!

ジャックの意味が分かったところで…
じつは、トランプのマークにも意味があるって知っていましたか?

  • スペードは「」。そこから連想され「死」を表すとも言われています。
  • ハートは「聖杯」。そこから連想され「愛」を表すとも言われています。
  • ダイヤは「貨幣」。そこから連想され「商人」を表すとも言われています。
  • クラブは「こん棒」。そこから連想され「学問」を表すとも言われています。

【関連】
トランプのクローバーとクラブの違いって何?どっちが正しいの?

またトランプのマークは四季を表しているとも言われており、

  • スペードは
  • ハートは
  • ダイヤは
  • クラブは

となります。

トランプが52枚あるのは、1年を52週で表しており、A〜Kまで13枚あるのは、それぞれの季節が13週あるという意味になります。

そして、トランプ52枚の数字をすべて足すと、364

さらに、ジョーカーの1を加えると365!!なんと1年の365日と一致してしまうのです!!

これには私もビックリでした。機会があれば数えてみようと思います。

トランプの絵柄にはモデルになった人物がいた?

トランプのキング、クイーン、ジャックをよく見てみましょう。
じつは全員違う人物であり、モデルになった人物がいるのです。

K(キング)

  • スペード → ダビデ王
  • ハート → シャルルマーニュ
  • ダイヤ → ジュリアス・シーザー
  • クラブ → アレキサンダー大王

Q(クイーン)

  • スペード → パラス・アテナ
  • ハート → ユダヤの女傑・ユディト
  • ダイヤ → ヤコブの妻・ラケル
  • クラブ → アンジュー公女・マリー

J(ジャック)

  • スペード → 騎士オジェ・ル・ダノワ
  • ハート → 軍人ラ・イール
  • ダイヤ → 戦士サー・へクター
  • クラブ → 騎士サー・ランスロット

どれも世界の偉人ばかりのようです。たしかに知ってる名前もチラホラありますよね。

そして、それぞれのカードの絵柄を見てみますと、マークに対する顔の向きや角度が異なっているのがわかります。

この向きや角度によって、マークに対する関心の強さを表しているのです。

たとえばスペードのジャックは、スペードの絵柄から完全に顔を背けています。
スペードは「死」を表していますので、この場合「死に対して全く関心がない」という意味になるのです。

逆にハートのジャックは、ハートの絵柄に完全に顔を向けています。
ハートは「愛」を表していますので、この場合「恋愛に対して非常に興味がある」という意味になります。

とてもおもしろいですよね!!
ぜひ、みなさんも考えてみてください。

まとめ

今回はトランプのジャックの意味をはじめ、マークの意味、絵柄のモデルなどをお伝えしました。

普段なにげに使っていたトランプ。
調べてみると、じつはこんなにも深いものなんだと感じました。

みなさんもぜひ、トランプを広げて見てみてくださいね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする