香水に使用期限ってあるの?未開封と開封後でも違う?

香水をお洒落の一環として使用している方は多いと思います。
しかし、一度購入するとかなり量があるということから長い期間同じものを使っている方も多いかもしれません。

お化粧品はある程度「使用期限」というものがありますよね。

では、香水は…?

そう、実は香水にも使用期限があるのです。

みなさん使用期限、正しい保管方法はご存知ですか?
正しく保管しないと香水が期限前に劣化してしまう恐れもあります。

ここでは、香水の使用期限、保管方法を詳しくご紹介していきます。
あなたのお気に入りの香水を長く楽しむために是非ご覧ください。

スポンサーリンク

香水の使用期限は未開封の場合どれくらい?

香水は薬事法という法律によって、3年間は品質劣化がないものとして製造することが義務付けられています。

なので、開封の香水の場合使用期限は3年ということになります。
しかし3年経ったからといって、急激に香水の品質が落ちるということはありません。

未開封のまま3年以上が経ってしまった香水は、香りや色の変化などを確かめてから自己責任で使用するようにしましょう。

明らかに香りや色が購入した時と異なる場合は、ご自身の判断に任せますが、あまり使用されないことをおすすめします。

香水の使用期限は開封後ならどれくらい?

香水は開封すると原料の一つであるエタノールが蒸発することによって、香りが変化していきます。

開封した香水の使用期限は保管状況にもよりますが、だいたい1年間程とされています。

香水が劣化する理由は、

  • 激しい温度変化
  • 光(紫外線)
  • 空気(酸素)

上記の3点が主な原因です。

この3点の原因は香水に限らずに多くの物質を劣化、変質させるものですよね。

香水の原料である香料は植物由来のものが多いので、食品が傷みやすい環境では香料も傷みやすい環境だと言えます。

香水も食品と同じように扱うべきなのですね。

香水の正しい保管方法

上記でお伝えしているように、開封した後ずさんな保管方法であれば使用期限よりも早く香りに変化が出てきてしまうこともあります。

正しい保管方法で保管することで、若干ではありますが、使用できる期限を延ばすことができます。

激しい温度変化、光、空気を避けるために基本的には「しっかりと蓋をする」「直射日光を避ける」「冷暗所で保管」ということに気をつけましょう。

保管場所として一番おすすめなのは冷蔵庫です。

冷蔵庫では光を確実に遮断して、低温が一定に保たれているので香水の保管にはぴったりなのです!

化粧水も同じ原理ですので、化粧水を保管するのにも冷蔵庫はぴったりな場所です。

ただし、小さなお子様がいらっしゃる方はお子様の手のとどかないところに入れて保管するようにしてくださいね。

冷蔵庫はお子様もよく開けるものですし、間違えて食べたり飲んだりしてしまうといけないので、その辺りは十分にご注意いただきますようお願いします。

香水を処分する場合はこちらの記事を参考にしてくださいね。
香水の捨て方って中身が残っている場合はどうしたらいい?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
正しい保管方法を知っている方には当たり前のことですが、知らない方も多いと思います。

私も知らない方の人間でした…。
そしてついついお得感がある大きいサイズの香水に手を出してしまっていました。

使用期限までに使い切れそうにない方はミニサイズを購入されることをおすすめします。私もこれからはそうしようと心に決めました!

香水は、直接肌に触れるものなので、使用期限を守って安全にそして出来るだけ長く香水を楽しんで使っていきたいですよね。

お気に入りの香水が長く楽しめるよう、参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする