旅行の荷造りが苦手?荷物を減らすコツ、あると便利なグッズ教えます!

「旅行って、楽しいんだけど準備が苦手!」という方も多いと思います。

でも旅慣れた人ほど準備と片付けには手をかけません。

私も旅行が大好きで、しょっちゅう出かけていますが、決まった旅行セットに、着替えをプラスするくらい。

1泊なら、トートバッグでも十分です。

そこで今回は、旅に出るときの荷造りのコツをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

旅行の荷物は最小限に!いるもの、いらないものをよく考えよう

2年前、夫婦で京都旅行をした時、イギリスから来たというカップルが道に迷っていて、ひょんなことから道案内をすることになりました。

1週間の滞在にも関わらず、彼らはバックパックを持っているだけです。

少ない荷物に驚いていると、「日本人は同じ国内でも荷物が多いね。みんなオシャレだからかな」との返答。

確かに海外からの観光客を見ると、ジーンズにTシャツなど、ラフなスタイル。

でも日本人は着飾った人が多い印象があります。

旅で何よりも大切なのは「動きやすさ」!

旅先では知り合いに会うこともないのでファッショナブルでなくても良いのです。

そう意識を変えるだけでも、荷物は減らせるかもしれませんね。

特に女性は荷物が多くなる傾向があります。

例えば、数日間なのに化粧水のビンを持って行くなんてことは、荷物が増える元です。

どうしても普段使っているものが良いというときは、小分けの入れ物に移し替える事をオススメしますが、一番かさばらない方法は、使わずに余っている試供品を持って行くことです。

また化粧品は、最低限のものでもオッケー。
ビューラーも旅行用のコンパクトサイズなどが販売されています。

行き先がリゾート地などの場合は、プールや海などで水遊びをする機会も多いので、日焼け止めプラスアルファくらいの身軽さでもいいかもしれません。

国内旅行であれば、充電器やドライヤー、もちろんタオルなどはほとんどのホテルにあるので
持って行く必要はありません。

アメニティが充実しているホテルでは、前述した化粧水やメイク落とし、パックなんかも置いてあったりしますよね。

ホテルを予約するときに、貸出備品をチェックするか、直接問い合わせてみましょう。

あと、飛行機に乗る場合、はさみはほとんど没収されます。

眉毛カット用の小さなものであれば、国内は大丈夫ですが、海外はダメな場合が多いので、ご注意を。

旅行となるとついはりきってあれもこれも持って行きたくなりますが、結果大量の荷物がストレスになって旅行を楽しめないのでは本末転倒ですよね。

とにかく最低限のものさえあれば大丈夫!ということを頭に入れて準備を進めていきましょう。

旅行の荷造りに便利なグッズはコレ!

旅に慣れてくると、自然と便利なグッズもわかってきます。

そこで、旅先でもあると便利なグッズをいくつかご紹介しますね。

むくみとりソックス

旅はいつも以上に歩く歩く…
そのせいですっかり足はパンパンに。

そんな時に便利なのが、「むくみ取りソックス」!

その日のむくみは寝ている間に落としておくとスッキリした翌朝を迎えられますよ。

トイレに流せるウエットティッシュ

手や顔をちょっと拭いたり、衛生的でないトイレなどで大活躍するウエットティッシュ。

拭いたものをそのまま持ち歩くのはイヤなので、トイレに流せるタイプのものが便利です。

赤ちゃんのお尻ふきのようなものでもOKですよ。

ジップロック

汚れ物を入れたり、小分けした小物を入れたりと何かと役に立つジップロック。

私は大きめのジップロックの中に、サイズの違うものをいくつか入れて、スーツケースに常備しています。

エコバッグ

お土産を買いすぎてしまったときなどに、さっと広げて使えるスグレモノ!

旅先での荷物って、どうしても増えるので1つは持っておくと便利です。

スーツケースに乗せられるキャリーオンバッグもいいですね。

まとめ

他にも、割り箸や爪切りなどいろいろありますが、旅の準備をするときに「いかに荷物を減らせるか」を頭に置いておくと良いと思います。

服や下着は旅先でも洗えるし、古いものを持って行けば、そのまま処分もできます。

大事なのは「旅を楽しむこと」

行きたいところにスイスイ行ける身軽さで非日常の時間を楽しみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする