灯油のにおいの消し方!手についた場合はどうする?

寒い季節になると、ストーブやファンヒーターなど、灯油を使う機会が増えますよね。

せっかくのあたたかい部屋も、ヒーターの灯油が切れたらポンプを使って灯油を入れ足さないといけないというあの切なさ……

誰もが経験したことがあると思います。

そして灯油といえば、あのニオイ
なんとも言えない、独特なにおいがしますよね。

しかもあのにおい、洗っても洗ってもなかなか落ちてくれないので、本当に困ります。
きちんと洗って、とっくに灯油は落ちているはずなのになぜかにおいは残ったまま…

うーん、しぶとい!

ではこの灯油のにおい、いったいどうやったら消えてくれるのか。

今回は知っておくと便利な灯油のにおいの消し方について調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

灯油が手についたときの嫌なにおいを消す方法

灯油を注ぐときや、ポンプを取り出すとき、ふとした瞬間に灯油が手に付いてしまうことって
よくありますよね。

「あ~あ…ついちゃった」

と落ち込みながら、できるだけ灯油がついたほうの手では何も触らないようにしつつ洗面所に移動して、手を洗います。

もちろん石鹸やハンドソープで、しっかりと。

そして清潔なタオルで水滴を拭き取るのですが、ここで異変に気がつきます。

「あれ?もしかしてニオイがとれてないかも」

そしてふたたび、ゴシゴシと手を洗うのですが結果は変わらず…
そればかりか、タオルにまでにおいが移ったような…

この手強すぎる灯油のにおい。何とか消す方法はないものか…そう思って調べたところ、いくつかの方法が見つかりました!

さっそくご紹介していきますね。

サラダ油を使う

手を洗っても灯油のにおいが消えないのは、皮膚やシワの間に灯油が残っているから。

そんな時にサラダ油を手になじませると、油が灯油を抱き込んでくれるため、落ちやすくなるそうです。

その上で石鹸などを使ってサラダ油ごと洗い流すといいですね。

食器用洗剤を使う

食器用洗剤には、油を除去する成分が含まれているので灯油も取り除いてくれます。

ただし、肌が弱い方などは荒れることがあるので、使用後はハンドクリームなどでしっかりとケアをしたほうが良さそうです。

歯磨き粉を使う

これは私が祖母から教えてもらった方法です。

意外だと思われるかもしれませんが、歯磨き粉には研磨剤が含まれており、手に付いた灯油をすっきり落としてくれる働きがあります。

安い歯磨き粉でもいいので、灯油専用のものなどを用意しておくといいかもしれませんね。

この3つの中で私がよく使う方法は、「サラダ油+食器用洗剤」の合わせ技です。確か昔「伊東家の食卓」というテレビ番組でこの裏ワザを紹介していたと思います。

ハンドソープだけでは落ちない臭いも、サラダ油をつけてこすり合わせると本当に消えてしまうんですよ。その後、当然手が油まみれでぬるぬるなので、それを落とす意味でも食器用洗剤を使って洗っていました。

ただ、油まみれの手で洗剤のボトルを持つことになるので、ボトルに油がついてしまうのがちょっと困りものではあります(笑)

灯油を床にこぼしてしまったときはどう対処する?

灯油が手に付いたときももちろん困りますが、いちばん嫌なのは、床にこぼれた場合ではないでしょうか。

灯油がフローリングの床にこぼれると、いつまでもヌルヌルして滑りやすくなり、
シミになってしまうことも…。

もちろんにおいも消えてくれません。

そんなときは慌てずに対処することで被害を最小限にすることができます。

灯油がフローリングの床にこぼれた場合の対処法

  1. 新聞紙や布で灯油を吸い取る
  2. スポンジに中性洗剤を含ませ、泡立てる
  3. 泡立てたスポンジで、叩くようにして拭く
  4. 灯油がとれたら、ぞうきんなどでよく水拭きする

床を拭く時にゴシゴシとこすると広がってしまう場合があるので、その場所から広がらないように気を付けながら、叩くように拭くと効果的です。

においが気になるようなら、柑橘類の葉っぱや出がらしのお茶などで拭いた後に水拭きをするのがオススメですよ。

まとめ

料理をするときなどに灯油のにおいが残っているととても気になりますよね。

でも今回ご紹介した方法で、きっとスッキリできるはず!

もし手に灯油がついて困る場合はぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする