かぼちゃコロッケのタネ、水分が多い時はどうしたらいいの?

我が家の娘は、かぼちゃコロッケが大好きです。
煮物だとあんまり食べてくれないのですが、コロッケにするとパクパク食べてくれるので、よく作っています。

そのときにたまに困るのが、かぼちゃの水分が多すぎてタネがべちゃ~っとなってしまうことです。・・・まとまらないんですけどっ!!

こんな経験、みなさんもしたことありませんか?

今回は、かぼちゃコロッケのタネがべちゃっとなってしまったときに私が試した方法についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

水分の多いかぼちゃコロッケのタネ・・・どうする?

さあかぼちゃコロッケを作るぞー!
さっそくかぼちゃをチンしてつぶしてみたところ、水分が多くてべちゃべちゃ・・・。

タネが温かいうちはまとまりづらくても、冷めると結構まとめやすくなるっていうけど、このべちゃべちゃ具合じゃ冷ましたってどうしようもないでしょ・・・と途方に暮れた経験があるので、ゆるゆるのタネをどうにかできる方法があるのかどうか、探してみました。

パン粉を混ぜる

ネットで検索したところ、タネにパン粉を混ぜるといいっていうのがありました。パン粉が水分を吸ってくれるので、まとまりやすくなるそうなんですね。なるほど~。

というわけで、試してみました。

結果なんですが、かなりゆるゆるのタネだったので、なんとか形にするためにはかなりのパン粉を入れないといけなかったんですね。そのせいか、なんか味が・・・。表現が難しいのですが、かぼちゃ以外にも何か混ざってるな~ってわかる味なんですよ。

決しておいしくないわけではないんですが、パン粉を入れずに作ったかぼちゃコロッケとはやっぱり違いました。

少量だったらわからないのかもしれませんね。私の場合はタネのゆるさをどうにかするためとはいえ入れすぎました。

水分を飛ばす

パン粉作戦が個人的には失敗だったので、今度は純粋に水分を飛ばしていくことにしました。

鍋に入れて火にかける

鍋にタネを入れて火にかけ、ひたすら混ぜ混ぜ・・・。

確かに水分は多少飛んでくれたんですけど、焦げないように注意しながらずっと混ぜていないといけないので結構面倒でした。←ずぼら主婦

レンジでチン

耐熱容器にタネを広げて入れ、ラップなどをせずにレンジでチン。タネの様子を見ながら何度か繰り返します。

これで最初のべちゃべちゃゆるゆる状態よりは水分が飛んでくれて、もったりしてきました。火にかけるより楽でいいかも♪

【追記】

レンチンでかぼちゃの水分を飛ばす方法についてこちらの記事でもまとめてあります。合わせてお読みください♪

かぼちゃコロッケを作ろうとしたものの、いざかぼちゃを潰してみると水分がやわらかすぎの時ってありませんか? 以前...

最悪水分が多めでもなんとかなる!

以上のように、いくつかの方法を試してみました。

かぼちゃの水分が多くてべちゃべちゃの状態からだと、ある程度水分を飛ばしたつもりでも、まだまだまとめにくいなーって感じで困っちゃうかもしれません。実際私がそうでした。

成形したときに手についたりせずきれいにまとまって、表面もつるんとしているくらいにまでなってくれるのが理想だとは思うんですよね。

が!そこまでいかなくて、多少表面がべちょっとしている感じでもとりあえずまとまってはいるかなー・・・?くらいだったら大丈夫、なんとかなります。

自分は水分飛ばしをここらへんでやめちゃってます(面倒なので 笑)

衣をつけるときに小麦粉をまぶすので、そのときにころころーっと形作ればいいんです。ちなみにうちは一口サイズのまんまるにしてます。
優しく、つぶれないように注意すれば案外きれいな形で衣がつけられますよ。

あと私が気を付けているのは、揚げる時ですかね。もう中身のタネには火が通っているので、油の温度を高めにして短時間でささっと揚げるようにしています。

まとめ

いかがでしたか?

私はこんな感じでいつもかぼちゃコロッケを作っています。

水分の多すぎないほくほくっとしたかぼちゃで作るのが作りやすさでも味でも一番なんですけど、必ずしもそんなかぼちゃにめぐり合うとは限らないですよね。

あまりにもゆるゆるすぎて形が保てないってほどでなければ、柔らかめのタネでもなんとかなるもんですよ~。

甘いかぼちゃコロッケはおいしいので、諦めずにぜひ作ってみてくださいね!

【関連】
揚げ油って何回くらい使えるの?捨てるタイミングは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする