しゃっくりの止め方!子供でも簡単にできる水の飲み方のコツって?

水

急にしゃっくりが出てきて困った経験をされたことがある人は結構多いんじゃないでしょうか?

一度しゃっくりが始まってしまうと、苦しいし不快だし、いいことなし。なんとか早く止めたいところですよね。

ネット上でもしゃっくりを止める方法について探すといろいろ出てきます。驚かせる、息を止める、水をがぶ飲みする、耳に指を入れて押さえる・・・などなど、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

そんな中、普段私がしゃっくりを止めている方法は、ずばり水を飲むこと

でも、大量に飲む必要はありません。ほんのちょっとだけでOK!

というわけで今回は、少しの水でしゃっくりを止める私流のやり方をご紹介していきます。

幼稚園児のうちの娘でもできる方法なので、とても簡単ですよ。そしてこの方法をマスターすると確実に止めることができるので、ぜひ試してみてほしいです!

スポンサーリンク

しゃっくりを止める方法は水を飲むこと!逆さに飲む必要はないよ!

しゃっくりを止めるための方法はいろいろありますが、ここでは私が実際にしゃっくりが出た時に行っている止め方を紹介します。

その方法とは、ほんの少しの水を飲むというだけです。

水を飲んでしゃっくりを止める方法といえば、逆さになってコップの反対側から飲むみたいなやり方もありますが、あれって難しくないですか?

大人でも難しいので、小さな子供にはなおさらですよね…。

でも、普通の体勢でも、ほんのちょっとの水でも、簡単&確実にしゃっくりを止めることができますよ。

それでは具体的に方法を紹介していきたいと思います!

しゃっくりを止めるのに必要なのはちょっとの水だけ!

用意するものは水だけ。しかもたった一口分程度あればOKなんです。

「あれ、一口?一杯の間違いじゃないの?」って思った人もいるかもしれないですが、間違ってないです。

水をコップ一杯なんて飲まなくて大丈夫。そんなに飲んだらお腹いっぱいになっちゃいますしね。

「水を飲む方法なら試したよ!がぶがぶ飲んでみたけど全然しゃっくり止まらないじゃん!」って人も、コツをつかめばほんのちょっとの水で止めることができますよ。

たくさんの水を飲む必要なんて本当にないんです。

しゃっくりを確実に止める方法!~具体的な手順~

ではやり方を詳しくご紹介しますね。詳しくと言っても大したことはしないんですが。

.しゃっくりが出てきたらコップに水を用意。別にコップじゃなくても、ペットボトルの水とかでもいいです。

.まずは息を吐きます。ふぅ~~~

.吐いたら息を吸わずに水をちびちびと飲みます。苦しい~ってなるまでちびちびと口に含んでごっくん。舐める程度の量をひたすらちびちびします

.息を吐いてから飲み始めるので、すぐに苦しくなって終わると思います。ぷはーっ

.時間にして10秒とかそんなもんです。はい終了。これでもうしゃっくりが止まっちゃいます。

もしまた出てきてしまったら、もう一度2番の息を吐くところから繰り返してみてくださいね。

100%しゃっくりが止まる!?水の飲み方のコツ

私の経験上、紹介した方法で失敗するときっていうのは、飲むのをやめるのが少し早かった時だと思います。

そういうときは1回目よりももうちょっと時間を延ばして頑張ってみますね。

コツをつかめば1発で止まりますし、うまくできなくても2~3回繰り返していれば確実に止められるんじゃないでしょうか?

娘も幼稚園に入ったぐらいからはこの方法で止めていますよ。

息をしないで飲むっていうのが難しいので、最初は私が鼻をつまんであげていたんですが、今では自分で鼻を抑えながらやってます(笑)

ちびちびと飲むので、トータルの水の量って一口分あるかないかくらい。本当にちょっとだけです。

なので、何回か繰り返したとしても大した量にはならないかと思います。

あまり水を飲まないので、普通に息を止めるだけでもいいんじゃない?って思ったこともあったんですが、息を止めている間にもひくひくするから続けづらいし、なかなか止まらないし…。

なので、ささっと水を飲んじゃったほうが早いです。

普通の体勢で水をちびちび。これで私は100%止めることができます。

まとめ

水をちびちび飲んでしゃっくりを止める方法、いかがでしたか?

しゃっくりって一度出始めるとすぐには止まらないので地味にストレスが溜まりますよね。

でもこの方法にしてからは、しゃっくりが始まってもすぐに確実に止めることができるようになったので、「あ~またか。でも大丈夫~」って感じでイライラしなくなりました。

とても簡単なやり方なので、しゃっくりが出て困ったときにはぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする