床に散らばる髪の毛が気になる!どうやって掃除してる?

掃除をしたばかりなのに、ふと床を見るとたくさんの髪の毛が!!
「掃除機もしたし、モップまでかけたのに!!」とイライラしたことが一度はあるかと思います。

髪の毛が長い女性、生え変わりの季節だったりすると悩まれる方も多いと思います。我が家は毎日のようにこの髪の毛と戦っております。

今回は、そんな床に落ちた髪の毛の掃除方法や対策をご紹介します。

スポンサーリンク

気が付くと床にたくさんの髪の毛が!どのように掃除したらいい?

そもそも髪の毛とは!?

まずは髪の毛について、少しご説明します。

ヒトは1日になんと約50~100本もの髪の毛が抜けると言われています。
生え変わりの季節だと、多い人で約200本抜けることも!!

「えっ!とても多いじゃん!!」感じるでしょうが、髪の毛は約10万本も生えているので抜ける割合はそんなに多くありません。

なので、床にたくさん髪の毛が落ちているのは決して不思議なことではありませんが、床だとけっこう目立ってしまうので、掃除も頻繁にしないといけません。

床に落ちる髪の毛の掃除方法とは!?

では、床に落ちるやっかいな髪の毛、その掃除方法をご紹介します。

掃除機

まず部屋全体を掃除する場合に便利なのが、やはり掃除機。

ここで注意するのが部屋の端やテレビ台やソファーの下!最近では髪の毛専用の細いノズルもあるので使い分けましょう。

床用ワイパー

お子さんが寝ていたり、夜間に掃除したい時に便利なのが音を気にしなくてもよい床用ワイパーです。

手軽に掃除できるので我が家では愛用しています!!

濡れているタイプ、乾いたタイプがありますが乾いたタイプの方が髪の毛が絡みやすいですよ。

粘着クリーナー

カーペットやソファーなどにも髪の毛は落ちますよね。掃除機や床用ワイパーではなかなか取れません。

そこで便利なのが粘着クリーナー!!コロコロとも言いますよね。
テレビを見ながらでも手軽に出来ます。

そして、子どもはなぜかコロコロが大好き!!我が家ではコロコロは子どもにお手伝いしてもらってます。。。

手持ちのほうき・ちりとり

そしてテレビ台や床以外にも髪の毛は落ちています。
ミニサイズのほうきなどがあれば、気付いた時にさっと掃除ができるのでとても便利です。

ただ、ほうきだと髪の毛が絡みやすい気がするので、コロコロがあればそっちのほうが後の処理も楽かもしれませんね。

床に落ちる髪の毛が気にならないようにするための対策は?

髪の毛の健康を保つ

床に落ちる髪の毛。少しでも掃除の手間を省きたいですよね。
1番大切なのは「髪の毛を健康に保つ」こと!!髪の毛を健康に保つための方法をお伝えします。

シャンプー・リンス

自分に合っているシャンプー・リンスを使っていますか??

頭皮が痒かったり髪の毛がきしきしとしていたら合っていない可能性が!!
私は一度、シャンプーが合わなくて、1日中痒さに悩んだ時期がありました。

自分に合っていないシャンプー・リンスは抜け毛に繋がります。
最近はノンシリコンシャンプーなど、さまざまな種類のシャンプーが出ていますが、ぜひ自分に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう!!

また、頭皮にシャンプー・リンスが残った状態も抜け毛の原因に!!
しっかりすすぎ洗いするように心がけましょう。

ドライヤー

お風呂上がり、頭皮をそのままにしていませんか??
濡れたままにしておくと雑菌が増えてしまいます。お風呂上がりはなるべく早めにドライヤーで乾かしましょう。

髪の毛を乾かすときは毛がたくさん落ちやすいです。そのまま放っておくと部屋中に散らばっていくので、面倒でも乾かし終わった後、近くにまとまって落ちているうちに集めてしまったほうが後々楽ですよ。

小さなお子さんがいる主婦の方、遅くまで働いている方はなかなか時間をかけることが難しいですがぜひ、髪の毛の健康を見つめ直してみてくださいね。

ラグやカーペットを敷いてみる

ラグやカーペットを敷くことで、髪の毛が舞いにくくなる効果があります。

なので、フローリングだけの場合に比べたら部屋全体にふわふわと散らばる髪の毛の量は抑えられるかもしれません。

ただし、その分ラグやカーペット部分にゴミがたまりやすくなるということでもありますので、こまめな掃除が必要になります。

まとめ

今回は髪の毛の掃除方法や、対策を紹介しました。

主に基本的なことばかりでしたが、ちょっとした工夫で毎日の掃除が楽になります。

最近では掃除の便利グッズがたくさん出ていますので用途にあったものを探すのも楽しいですよね!!
ぜひ、自分に合った掃除方法や対策を試してみて下さい。

【関連】
壁に付いたホコリの取り方!意外とたくさんついてますよ…
網戸のほこりの掃除方法!意外と汚れてた・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする