グミの型の代用は?型なしでも簡単!子供と一緒に作れます!

夏休みも終わりに近づいた頃、5歳の娘と何か一緒に作りたいなあと思っていたところ、カルピスを使ったグミがあることを知りました。

材料も少なくて簡単に作れそうだったのですが、うちにはグミの型がなかったのです。

型なしでもどうにか作れないものか…?

まあ、作るだけなら材料さえあればできるんですけどね。できるだけかわいく!っていうのがポイントですよね。

そこで今回は、型がないけどグミ作りをしたお話をしたいと思います!

スポンサーリンク

グミを作りたいけど型がない!何で代用できる?

プリキュアグミの型が使えそう!

うちにはちょうどプリキュアグミが1つあったんですけど、あれって型にグミが入ってるのでちょうどよくない?とひらめきました。

男の子だったら仮面ライダーのがありますね。あとはアンパンマングミも型付きなので使えます。

今までもプリキュアグミは何回も買っていたんですけど、グミを作ろうとはしていなかったので、食べ終わったらそのまま全部捨てちゃっていました。今思えば取っておけばよかった・・・

というわけで、型として使えそうなものはプリキュアグミ1枚分だけ。

うーん、足りない。。

グミの型がなくても、抜き型があれば…!

グミの型はすぐに用意できそうになかったのですが、抜き型ならある!と思いついたので、グミを先に固めてから型抜きをすることにしました。

私が作ったカルピスグミのレシピはこんな感じです↓↓

カルピスグミの作り方

  1. カルピス60㏄に水40㏄を混ぜる。
  2. ゼラチン10gを入れてよくかき混ぜる。
  3. 電子レンジで40~50秒ほど(600w)加熱。
  4. よく混ぜて溶かす。
  5. 型に入れて冷蔵庫で冷やし固める。

工程5の部分は、まず1枚だけあったプリキュアの型にグミの液を入れて、残ったものを小さいバットに流し込みました。

バットがなくても底が平らなお皿とかなら何でも大丈夫だと思います。

冷やし固まったら、簡単にぺろんとはがすことができましたよ。そうしたらあとは自由に好きな抜き型で抜けばいいだけ!

型抜きは小さい子でも一緒にできるのがいいところですね。娘も楽しんで型抜きしていました。

ただ、型抜きだと余る部分が出てきちゃうのがちょっと問題ですよね。
まあ娘は型抜きしたそばから余ったところをばくばく食べてましたけど(笑)

グミを無駄なく作るにはやっぱりちゃんと型があったほうがいいのでしょうけど、代用としては十分かなあと思います。かわいいのできるし。

ちなみにカルピスの濃さはお好みに調整するといいと思います。大体100㏄でゼラチン10gぐらいがいいかと。

私はうっかりゼラチン5gで作ってしまったことがあります。

そのときは全量をプリキュアグミの型に入れて作ったのですが、固まるには固まったけど、ゼラチンが少なすぎたのか、型にグミが残ってしまってきれいにはがれなかったのです。

おかげでプリキュアたちがボロボロに…(笑)

なのでゼラチンをケチっちゃだめだなと思いました。

抜き型もない場合は…?

抜き型もないよって場合もあるかもしれませんね。

私は以前、クッキーを作ろうとしたときに、作りたい形の抜き型を持っていなかったので、厚紙を使って自作したことがあります。

厚紙を細長く切って、好きな形に曲げてとめ、上からアルミホイルをぐるっと巻いて作る簡単なものです。

クッキー生地でもできたので、同じようにグミもできるかも?

それも面倒だなって場合は包丁で一口サイズに切るだけでもよさそうですよね。

まとめ

型がなくてもグミ作りができました!

娘も楽しそうだったし、「また作りたい!」と言っているので、今度はプリキュアグミの型を捨てずにためておこうと思います(笑)

買ってきたグミを食べるのもいいんですが、子供と一緒に手作りを楽しむのも素敵な思い出ができていいんじゃないでしょうか?

ケーキやクッキーを作ったりするよりもずっと簡単ですし、短時間でできるので、ぜひおやつに作ってみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする