チキンラーメンの卵が固まらない!どうやったらCMみたいにできるの?

「すぐおいしい~ すごくおいしい~」

この曲を聞いて、頭に思い浮かぶものと言えば・・・?

そう、チキンラーメンです!

さっそくCMのように食べてみようと、チキンラーメンの上に卵を落として、待つこと3分。

フタを開けると・・・あれ?

白身が固まっておらず、まだほぼ生卵状態。ラーメンは食べ頃なのに、卵は固まっていないなんてどうして??

・・・という経験、皆さんもしたことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、チキンラーメンの卵をCMのように「いい感じ」に固めるコツをリサーチしてみました!

スポンサーリンク

チキンラーメンの卵を入れるタイミングはいつ?うまく固める方法

チキンラーメンに入れる卵、皆さんはどんな卵をお使いですか?私はもちろん、冷蔵庫から出してすぐの卵を使っていました。

ところが!

チキンラーメンの卵が固まらないのは、この「冷蔵庫から出してすぐの卵を使っているから」ということが判明したのです。

というのも、冷蔵庫から出してすぐの卵は当然冷たい。だから卵にお湯を注いでも、「冷えた状態」から「温かい状態」へと変わるだけで、「固まる」というところまで行っていなかったのです!

そこでいろいろと調べてみたところ、卵は「早めに冷蔵庫から出し、常温に戻しておく
もしくは「マグカップに入れ、ぬるま湯を注ぎ温めておく」と良いことがわかりました。

チキンラーメンをどんぶりに入れ、そのあとすぐに常温または温まった卵を落としお湯を注いだらフタをして3分。これでいい感じに固まります。

黄身はそのままでも美味しいけど、白身はやっぱり固めたい!

そういう場合は、マグガップで温めておく方法のほうが、より熱が伝わり、固まりやすいようです。

事前にどんぶり自体を温めておくのも、効果的なようですよ。

チキンラーメンに生卵を乗せる以外のアレンジレシピご紹介!

ちなみに、チキンラーメンには卵を乗せるだけではなく、他にもおいしく食べられるアレンジ方法があるので、いくつかご紹介したいと思います!

釜玉風チキンラーメン

麺とスープを別の器に入れ、麺の上には卵黄を乗せ、スープにつけて食べます。

卵黄が麺にしっかりと絡んで、濃厚なおいしさはクセになりますよ。

お好みで、細かく刻んだネギを多めに乗せて食べてもいいですし、粉チーズを振って食べても、意外と合っておいしいです!

ごまたっぷりチキンラーメン

できあがったチキンラーメンをどんぶりに入れたら、ぐるっとごま油を回しかけ、更に、その上からすりごまをたっぷりかける食べ方です。

ごまの香ばしい風味が食欲をそそります!

韓国のりや、炒めたもやしを添えたら風味が増しますよ。

チキラーサラダ

ラーメンとしての食べ方だけでなく、サラダにもなるチキンラーメン。
袋のまま細かく砕いて、レタスやキュウリ、トマトなどの野菜の上に乗せたら、お好みのドレッシングやマヨネーズをかけて合えるだけ!

とってもカンタンなのに、ひと手間かけたサラダに見えるので、パーティなどでもオススメです。

チキラーチャーハン

ごはんに卵、レタス、カニカマなどと合わせて、砕いたチキンラーメンを入れて炒めます。
しょうゆや塩こしょう、鶏ガラスープのもとなど、お好みの味付けをしたらチキラーチャーハンのできあがり。

お茶漬けに入っているあられのような感覚で、カリカリとした食感を楽しめます。

まとめ

昔から変わらないチキンラーメンのおいしさは、いつでも手軽に空腹を満たしてくれる、私たちの強い味方!

卵はもちろん、その他にもいろんな食べ方を試しながら、チキンラーメンの魅力を再発見してみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする