大人だけど水疱瘡に感染しました【症状や経過まとめ】

水疱瘡ってかかったことありますか?

小さい頃になったよっていう人が多いとは思うのですが、私はつい先日、30代にして人生初めての水疱瘡を経験しました・・・。

大人になってからの水疱瘡は重症化しやすいなんて話も聞きますが、実際の症状はどうだったのか?私の水疱瘡の経過をまとめてみました。

スポンサーリンク

だるさから始まる

1月3日、4日ーー体のだるさとめまいが続く

年が明けた1月3日頃から、どうも体がだるいなあと感じ始めました。

幼稚園が冬休み中の娘(5歳)が「一緒に遊ぼー!」と言ってくるのですが、動くのも億劫で立っているとめまいがします。なのであまり遊んであげられず、最低限の家事以外はほとんど横になって過ごしていました。

自分でも何でこんなにだるいのか原因がさっぱりわからず、風邪でもひいたのかなあなんて思っていました。

3日も4日の昼間も熱はなかったけれど、熱が出る前のゾワゾワする感じはずっとしていました。

そして4日の夜頃から少し熱が出ました。37.0℃~37.7℃くらい。
頭痛もしてきたので頭痛薬を飲むと楽に。

発疹が出始める

1月5日ーー発疹に気づく

朝になると熱は36.7℃くらいまで下がっていました。

ただ、相変わらずめまいでくらくらするのとだるさはなくなっていません。

娘の夜ご飯や就寝時間の関係で、いつも夕方にお風呂に入っています。

この日もちょうどお風呂に入ろうとしていたときでした。娘が服を脱ぐとき、少しお腹をかゆがっていたんです。

そこで娘の体をよく見ると、お腹に赤いブツブツができていました。昨日まではこんなのなかったのに!

それを見て思い返すと、昨日あたりから私の首にもポツンとできものみたいなのができていたのと、おでこの髪の生え際のあたりにもニキビだと思っていたものがあったのです。

首のできものは、この時にはいつの間にか水ぶくれになっていました・・・。痛みはないけれど、確かに気にしてみるとちょっとかゆみがあるかな?という感じでした。ものすごくかゆいっていうわけではなかったです。

これを見て、もしかして水疱瘡かも?とピンときました。

水疱瘡感染の心当たり

なぜ私がすぐ水疱瘡という考えに至ったかというと、私のこの首にできた水疱に見覚えがあったからなのです。

というのも、実は夫が12月20日頃から帯状疱疹になったんですよね。そのとき、夫の首にできていた水疱と似たようなものが私の首にもできたので、ああこれは・・・と思ったわけです。

夫が病院へ行ったとき、もしかしたら子供が水疱瘡にかかるかもしれないと言われたそうです。

娘は予防接種をしていたので、もしかかったとしても軽く済むかな~と少し安心していたのですが、私自身が小さい頃に水疱瘡になった記憶がない&予防接種もしてないってことは、その時はあまり深く考えていませんでした。

今考えると、一番危険なのって私じゃないか(笑)

そして、水疱瘡の潜伏期間は2週間程度あるそうなので、年末年始でバタバタしているうちにすっかり忘れていました。

なので、だるさがあってもそれがすぐに水疱瘡とは結び付かず、娘の赤い発疹と私の首の水疱を見たときに初めて気づいた感じでした。

病院へ

1月5日(夕方)ーー内科を受診する

病院探し

夫が帯状疱疹になったときにネットで検索したところ、即受診したほうがいいっていうのを見ていたので、水疱瘡も同じだろうなとは思ったのですが、時刻はもうすでに夕方17時前。そろそろ病院の受付も終わりそうな時間帯です。

娘だけだったら小児科でもいいのかなと思ったのですが、私もなので、まとめて一緒に診てもらえるところ、今日中に行けそうなところを慌てて探しました。

夫のときは皮膚科に行っていたので、てっきり自分たちもそうなのかなと思っていました。でもそこは少し遠かったので、家から一番近い、外科、整形外科、皮膚科なんかの疾患を扱っているらしい、個人病院に電話してみました。

そこで症状を伝えると、熱の有無を聞かれ、娘はないが自分は少しあると答えたところ、熱があるなら内科のほうがいいですよと素気なくお断りされました・・・

え、そうなの・・・?

後でネット検索すると、「内科に行ったけど皮膚科を勧められた」「水疱瘡は皮膚科へ」って書いてあったのを見たりしたんですけど、まあ私のようなパターンもあるのですね・・・?

よくわからないけれど、とにかく時間がないので、言われた通り内科・小児科クリニックへ連絡してみると、診てもらえるということだったので、急いで向かいました。受付は17時半までだったのですが、家を出た時点でもう17時を過ぎていたのでほんとギリギリでした。

ギリギリでなんとか受診

クリニックでの熱は37.3℃。
胸の音を聞いたり、喉を見てもらいましたが、やはり風邪ではないらしい。

首やおでこにできたブツブツ以外に他にもできているところはないか、お腹の部分なんかもぐるりと見ていました。(この時点ではその他には髪に隠れた頭のところに1つ、お腹にも数ヶ所赤い点々がでてきたかな?くらいでした)

で、やはり予想していた通り、私も娘も水疱瘡ではないかと言われました。夫の帯状疱疹のことを話すと、感染源がわかった先生は納得していた感じでした。

水疱瘡の特効薬があるのでこれで大丈夫だと思うが、もし全身に広がって真っ赤になるような感じだったらもう1度来てくださいというようなことを言われ、診察は終わりました。

水疱瘡の薬をもらう

その後、飲み薬(バラシクロビル)と塗り薬(アズノール軟膏)を処方してもらいました。

この水疱瘡の飲み薬って結構高いみたいですね・・・。5日分で、合わせて2,240円でした。。

これでもジェネリックにしてもらったんですけど、そうじゃなければこの倍ぐらいはするって薬剤師さんに聞いて驚きました。

そういえば、夫の帯状疱疹の薬は飲み薬や塗り薬など1週間分で7,000円近くしてたような・・・。

飲み薬は1日3回、毎食後の服用だったのですが、大人の水疱瘡はひどくなりやすいので、まずは帰ったらすぐに1回分飲んだほうがいい、そして4時間(ぐらいだったかな?)空けたらまた飲めるので、寝る前にもう1度飲むといいですよと言われたので、そのようにしました。

ちなみに、この薬は錠剤だったんですけど、1錠が結構大きいんですよね。私は錠剤を飲みこむのが苦手なのでこの大きさにちょっとビビりました(笑)

水疱瘡で引きこもり生活

1月6日ーー熱のピーク

熱が上がって38.0~38.2℃くらいになりました。頭痛も出てきて、ここから何日も悩まされるハメに・・・。

薬を急いで飲んだけど、結局ブツブツは増殖。昨日は上半身にしかなかったのが足のほうにもできちゃいました。

上から下に広がっていく感じだったので、上半身のほうが発疹の数も多い上に大きくなりました。中には水疱ができているところも・・・。

それでも薬の効果か、全部が全部水疱になったわけではなく、赤くポチっとできただけで終わったのも結構あります。足の方はほとんどがそんな感じで、水疱は1つだけ。

一番ひどかったのが顔でした(泣)

あちらこちらに大きいニキビみたいなのが出現して怪物のような姿でした・・・(笑)
いや、笑いごとじゃないんですけどね。。

とにかく全身至る所にブツブツができまして、口の中でも、お恥ずかしながら股の部分でも例外はありませんでした(泣)

その全部に痛みや痒みがあったら壮絶なんでしょうけど、幸いにもあまり感じませんでした。見た目はすごいことになってたけど・・・

ただ、喉にもできたのか、そこだけは痛みが出てきましたね。

ちなみに、この日に撮った写真がこちらです↓↓

これは背中の部分ですね。見苦しくてすみません(笑)
元々残念な体がさらに残念なことに・・・

1月7日ーー頭痛、喉の痛みがひどい

熱は36℃台に下がりました。

頭痛も朝は楽だったのですが、薬を飲んだ後くらいからまた痛くなり始めました。副作用なのかなあ?夜になるに連れて頭痛がひどくなっていきました。

喉も昨日より痛くなり、飲み物を飲むのも苦痛なほどになりました。

だるさが続いて3日くらいお風呂に入ってなかったので、髪はベットベト・・・。
もう限界!と思い、頭痛が少し弱まったところでシャワーを浴びることに。

お風呂の鏡に映った自分の姿を見て、これは閲覧注意だわぁ・・・と感じました(笑)

ブツブツの広がりは止まったみたいです。数えてもらったところ、500個くらいはありました。

ちなみに娘は30個もないくらいです。うらやましい!

1月8日ーー食欲が出てくる

口の中のブツブツが口内炎になったのか、あちこち痛かったです。

ここ数日は食欲も落ち、ヨーグルトやゼリー、みかんなんかを無理して食べていた感じでしたが、この日になって少し食欲が戻り、スープやうどんを食べられるようになりました。

午前中は比較的調子がよかったけど、午後になってまた頭痛が出てきました。とはいえ、昨日よりはまし。

ピークは過ぎ去ったようです。

1月9日ーー痛みやだるさが落ち着いてくる

熱はなく、食欲もだいぶ回復してきましたが、飲み込むのはまだつらい状況。でも昨日よりは痛みが小さくなりました。

体はところどころ痒いところが出てきたけど、かきむしったりするほどではなく、我慢できるくらいのものでした。

1月10日ーーかさぶたが増えてくる

かさぶたがだんだん増えてきました。

水疱は透明っぽいのもあるんだけど、鼻とかにできたものは白~黄色の膿がたまっているような感じの見た目で、まるでニキビみたいでした。

あれ?もしかして本当にニキビ?って疑ったりもしたけど、やっぱり水疱瘡だったらまずいし・・・と、潰してしまいたい衝動に駆られつつ跡が残ったら困るので我慢。

昨日までぷくっとしていたのが朝にはもうなくなっていて、かさぶたになりかけているっていう感じで、どんどんかさぶたに変わっていきました。

ただ、数ヶ所ブツブツが大きくなってしまったところがあるんですが、そこはまだまだ水疱が元気いっぱいで(笑)、かさぶたになるには時間がかかりそうな感じです。

観察すると、水ぶくれの中心から徐々に黒っぽく色が変わってかさぶたになっていくみたいでした。

なんとなく外側から内側に向かって乾いていくイメージだったけど、逆でした。

1月13日ーー元気だけどまだ水疱多い

体調はすっかり回復。でも、まだかさぶたになっていないところは結構残っています。上から下に向かってブツブツが増えたので、かさぶたになるのも上からのよう。

かさぶたができ始めると同時に痒みも出てきました。特に髪に隠れた頭皮の部分が痒い・・・。

水疱のときよりかさぶたのときのほうが痒みは強かったですね。かといってかくわけにもいかないので、爪を立てて押す感じで紛らわせていました。

足や手の先のほうなど、もともと発疹が小さく水ぶくれにもならなかったようなところは、そのまま色が薄くなってきました。

1月17日ーー水疱が全部かさぶたになる

その後、残っていた水疱も徐々にかさぶたに変わり、この日、最後まで残っていた足唯一の水疱部分にもようやくかさぶたができました。

早くからかさぶたになっていたところは、指などをひっかけて取ってしまったものもあるけど、自然にはがれ始めています。

病院に行って以来ずっと引きこもり生活をしていたんですが、この日以降、外へ出始めました。

かさぶたが取れたり赤みが引いても、まだ元の肌の色には戻っておらず、虫刺されが治りかけている感じで点々と色が残っているので、マスクで隠してましたね。

この時はまだ化粧をしていなかったのですが、後日、ファンデーションを塗ってみると、色がだいぶ隠せて自然な感じになったので、常にマスク着用で外出しなければいけないっていうことにはならなそうでほっとしました。

ちなみに跡が消えるのって結構時間がかかるようですね。それでも消えてくれればいいんだけど・・・どうなんだろう?心配です。

水疱瘡その後・・・

 1月20日ーー2週間経過後の体の様子

発疹が出てから2週間ほど経過。

6日に撮った背中の写真と大体同じところをまた撮ってみました↓↓

かさぶたが取れました。

ちなみに、6日の分と20日の分を並べてみるとこんな感じ。

わかりやすいように同じところを囲ってみた。

まだまだ跡が残ってるけど、小さいところは目立たなくなってきてるかも?

1月28日ーークレーターさんこんにちは

病院を受診する前からできていたおでこの髪の生え際と首の部分が、やはり一番大きい水疱になってしまい、上に載せた写真にあるような背中の水疱のさらに何倍かはある感じでした。

特におでこは、比較的早くかさぶたになり始めたものの、腫れて盛り上がり、火山のような、隕石が落下したような見た目になっていました(笑)

1cmくらいあったのがだんだん小さくなってきて、最後はなんかおでこに鼻○そつけているような感じに(笑)

なかなかはがれずに時間がかかりましたが、この日ようやくぽろっと取れました。

かさぶたになって剥がれるまでの状態が他のところに比べて悪かったので、クレーターができそうな予感はぷんぷんしていました。

そしていざかさぶたが取れてみると、もちろんしっかりへこんでいました。やっぱりね!

1cmのクレーターはちょっと・・・と私もへこんでいたんですが、何日かするとへこみ具合がなだらかになったというか、深いクレーターが浅いクレーターになったというか・・・ほんのちょっとマシになりました。

まあクレーターがなくなったわけではないんですけど、でもちょっと救われました。

色はまだまだピンク色なのでこの先もうちょっと目立たなくなってくれることを期待しています。

その他にはここまで大きいクレーターはできなかったんですが、鼻の下と口の横にできたかさぶたが、鼻をかんだ拍子とかにうっかり引っかかって取れてしまったんですよね。

しかもその時は中心部分の皮膚がまだちゃんとできていなかったので、大きさは1mmくらいですがぽつんとへこんでしまってます。

まあ、もうつるつるお肌の年齢は過ぎたので、それくらい小さいのならいいんですけどね。発疹が出なかったところだって元からぼこぼこっとしてるしね(泣)

ただ1cmともなるとさすがにきついので、ほんと髪に隠れるところでよかったなあと思います。

2月5日ーー最後のかさぶたが取れる

最後までしぶとく残っていた足のかさぶたととうとうお別れしました。これで全部のかさぶたが取れたことになります。

気づいたらもう1ヶ月。長かったなあ・・・娘なんて6日くらいで終わってたのに(笑)

かさぶたがなくなったとはいえ、まだまだ跡はたくさん残っています。これがどうなっていくか、様子見していきたいと思います。

まとめ

以上、大人の私が水疱瘡になっちゃった体験談でした。

だるい日が長ーく続いたので、何年か前にインフルエンザにかかったときと比べてもしんどかったなあと思います。

大人になってからの水疱瘡は確かに大変でした。どうせなるなら子供のころにやっておきたかったなあとも思っちゃいます。姉も兄も小さいときにかかっているけれど、なぜか私にはうつらなかった(笑)

それがまさかこの歳になって、しかも感染が夫の帯状疱疹からっていうのが驚きでしたが、そういうこともあるんですね。

私と同じように子どものころに水疱瘡にかからなかった方、そして予防接種もしてないよっていう方は気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする