絨毯とカーペットとラグの違いって何?

カーペット

皆さんのお宅では敷物を何か使っていますか?我が家では、リビングにあるローテーブルの下に何か敷いてます。

なにか・・・

あれ、コレの名前って何だっけ?

敷物って、絨毯とかカーペットとか、ラグなんて呼んだりもするけれど、違いってあるの?そもそも、うちのコレは何て呼ぶのが正しいの???

と、ふと疑問に思ったので、今回は「絨毯」「カーペット」「ラグ」の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

絨毯とカーペットとラグはどう違う?

絨毯とカーペットの違い

まずは絨毯とカーペットの2つについて見ていきましょう。

簡単に言うと、「絨毯(じゅうたん)というのは床に敷く敷物のことで、カーペット(carpet)とも呼ばれる」ということらしいです。

確かに絨毯を英語で何と言うか調べるとcarpetって出てくるし、逆にcarpetの日本語訳を調べると絨毯って出てきます。

ということで、絨毯とカーペットは同じもののことを指しているようですね。

でも私たちの感覚で言うとその2つって何か違う気がするんだけど・・・と思っちゃったんですが、みなさんはどうですか?

絨毯はカーペットに比べて毛足が長くふかふかしていて高級感がある感じというかなんというか・・・

まあ、インテリア業界的にはそのように区別があるのかもしれないですが、基本的には絨毯とカーペットは同じものってことでした。

私はてっきり違うものだと思っていたのでびっくりです。

カーペット(絨毯)とラグの違い

では次に、カーペットとラグの違いについて見ていきたいと思います。

2つとも「敷物」という点では同じなんですが、カーペットが床一面に敷き詰めるものであるのに対して、ラグは床の一部を覆うものであるという部分で違いがあります。

ちなみに、ラグはたたみ3畳分くらいまでの大きさのものをいうようで、1畳にもいかないくらいの、ラグよりももっと小さいサイズのものは「マット」というそうです。

ああ、マットね。言われてみればそれもありました。マットも仲間なんですね~。

カーペットやラグ、そしてマットの違いはサイズにあったんですね。なるほど。

我が家の敷物はラグ!

以上のことに照らし合わせると、我が家のローテーブルの下に敷いてある敷物の名前は「ラグ」だということがはっきりしました。

今まではカーペットと呼んでいいのかラグと呼んでいいのかよくわからずに曖昧にしていましたが、これですっきりです!

まとめ

  • 絨毯とカーペットは日本語か英語かの違いで、基本は同じものを指す。
  • カーペットとラグとマットの違いはその大きさによる。

ということでした。

うちの敷物はラグでしたが、あなたのお宅に敷いてあるものは何でしたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする