固形石鹸には使用期限があるの?古い石鹸はどうする?

お中元やお歳暮などで、昔よくもらっていたのが「固形石鹸」!

今は、ボディーソープやハンドソープが多く販売されており、いただく機会もめっきり減ってしまいましたが、昔もらった固形石鹸、皆さんどうしていますか?

わが家は、押し入れに入れっぱなしになったまま。
何年も手つかず…という状態です。

この固形石鹸、一体いつまで使えるのでしょうか?
もしかしたら、「使用期限」があるのでは…?

手や体など、直接肌に触れる固形石鹸。
古くなったものは、そのまま使えるのでしょうか?

今日は固形石鹸の疑問や、活用方法について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

固形石鹸の期限や正しい保管方法は?

固形石鹸が入っている包装紙や箱を眺めてみても「使用期限」のような記載はどこにもありません。

これは、

適切な保存状態のもとで、三年を経過しても品質が安定するものは使用期限を書かなくてよい

という薬事法のルールがあるから。

つまり、保存状態さえ良ければ、3年間は長持ちすると言うことですね。

ただし、固形石鹸の原料は油脂なので、長く置いたままにしておくと、油が浮いてきたり変色したりしてしまうようです。

特に防腐剤などが入っていない「無添加石鹸」は酸化することが多いので、できるだけ早めに使用した方が良いでしょう。

また、「洗顔用の無添加石鹸」なども多く販売されていますが、1年以上経ったものを顔に使って、もし肌に影響が出たらどうしようと不安になってしまいますよね。

そういう場合は、顔には使わず、手荒い用として使用するなど、用途を変更した方がいいかもしれません。

もちろん1年経った固形石鹸でも、基本的に問題ありませんが人によって肌の状態は異なるので敏感に反応してしまう場合もあります。

いずれにしても、長期間経過した固形石鹸はまず包装紙から出してみて状態を確認してから使用したほうが安心です。

ちなみに、開封した固形石鹸を保管するときには以下の3点に気をつけておくと、清潔で長持ちしますよ。

濡れやすい場所には置かない

シャワーなど水があたりやすい場所に置くと、石鹸が溶けてフニャフニャになってしまいます。

なるべく濡れやすい場所には置かないようにしましょう。

使用した石鹸は一度洗い流す

使用したものをそのままにしておくと菌が増える原因に!

使った後は、流水で洗っておくと安心です。

使用後は水をきって石鹸置きに置く

濡れたまま置いておくと、そこから石鹸が柔らかくなりひび割れなど、傷みの原因になってしまいます。

水を切ってから清潔な石鹸置きに置くことを心がけましょう。

固形石鹸の使い道!古い石鹸の活用法とは?

3年以上経ってしまった石鹸も、捨ててしまうのはもったいないですよね。

そこで3つの便利な活用法をご紹介したいと思います。

クローゼットなどの芳香剤として使う

包装紙から取り出した固形石鹸を小皿などに置いて、クローゼットや引き出しに入れておくと開けた瞬間に良い香りが。

削った石鹸をお茶パックに入れて、巾着などの小さな袋に入れ、バックの中に忍ばせておくのもオススメです。

ピンポイントの汚れを落とす洗剤として使う

ワイシャツの襟や袖口の汚れを固形石鹸とぬるま湯で洗うと汚れが落ちていきます。

固形石鹸は頑固な汚れも手早く落としてくれるので洗濯時のお助けマンになりますよ。

布靴を洗う洗剤として使う

靴用の洗剤が無いときには固形石鹸が便利!
泥汚れなどをキレイに落としてくれます。

この時も水ではなく、ぬるま湯を使うと効果的です。

まとめ

古くなってしまった固形石鹸も、まだまだいろんな使い道がありますね。

ポプリのようにして、お友だちへのちょっとしたプレゼントにしても喜ばれるかもしれません。

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする