重曹風呂の分量は?3ヶ月試したらかかとの角質がキレイになってきた!

あたたかくなり、タイツから素足へ、長袖から半袖へと露出が増えるこの季節。
着ているものが軽やかになるのは嬉しいけど、気になることがただひとつ。

それは…角質!!

ひじ・ひざ・かかとの角質、みなさんは大丈夫ですか?

カサカサ・ガサガサの角質は、女性の天敵!
なんとか解消しておきたいですよね。

私、実は固い角質の持ち主で、いつも悩んでいました。

クリームを塗ったり、角質取りで除去するものの、気づけばまた固くなっている…ということも。

そんな話を友だちにしていたら、彼女が「重曹風呂」をオススメしてくれました。

「重曹!?重曹ってあの重曹?」

最初は半信半疑だった私ですが入り続けてみると、肌に変化が!!

今回は、固い角質で悩む私が、重曹風呂に入ってみての感想をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

重曹ってお風呂に入れて大丈夫なの?

「重曹」といえばお掃除に使うイメージが強いですよね。

わが家でも、お掃除はもちろん、ふきんの除菌などに毎日大活躍してくれているアイテムです。

重曹とは炭酸水素ナトリウムのこと。
「炭酸」とついているとおり、お湯などに入れるとシュワッと泡が立つのが特徴です。

料理に使う場合は「ふくらし粉」と呼ばれることもあるので
主婦のみなさんにはおなじみだと思います。

あ、ベーキングパウダーも重曹ですね。

重曹は弱アルカリ性

この弱アルカリ性は酸性汚れに強く皮脂汚れが落ちやすいことでも有名です。

「だからといって、お風呂に入れて大丈夫?」

その不安はごもっとも。
ブクブクと泡が立つ印象から、風呂釜を傷めたり浸食してしまうのではないかと心配になりますよね。

でも重曹は、全く問題ありません!

入れた瞬間はブクブクとなりますが、お湯の色は無色透明で無味無臭。金属も樹脂も傷めることはありません。

洗濯などで残り湯を使う場合も、色移りなどが気にならない上に皮脂汚れが落ちやすくなるというオマケつき。

友だちは「肌がしっとりするようになった」と語っていたのでその言葉を信じて、私も試してみることにしました。

重曹風呂の作り方!入ってみた感想は?

重曹風呂の作り方

重曹風呂の作り方はとってもカンタン。お風呂のお湯に、重曹を入れるだけです。

ただ、この時入れる重曹ですが「掃除用」ではなく、「食用」の重曹を使うことがポイントです!

ご存じの方も多いと思いますが「掃除用」と「食用」では、重曹の細かさが違います。

「掃除用」は粒が大きくてザラザラしているため、浴槽に入れてしまうと、湯船の底にザラザラとした感触が残ってしまいます。

それに対して「食用」はサラッサラ。お湯に入れてもスッと溶けて、すぐに馴染みます。お家に「掃除用」しかないという方は、「食用」の重曹を購入してからお試しくださいね。

ちなみに「食用」の重曹は、スーパーやドラッグストアなど、身近な場所で販売されていますよ。

「食用」の重曹を手に入れたら、あとはカンタン。お湯を沸かした湯船にいれるだけ!

量は特に決まっていませんが、余り多く入れても効果に変化は無いので、わが家では大さじ2~3を入れています。

お湯をよく混ぜて溶かしたら、ゆっくり浸かります。

重曹風呂に入った感想

お湯は、少しとろみがついた感触でいつもより柔らかく変化しているような感覚があります。

細かい変化が気にならない夫も「今日のお風呂、お湯が柔らかい気がした」と言っていたので
やはり変化しているようです。

重曹を入れたお湯が体全体を優しく包み、皮脂汚れや毛穴の汚れを浮かせてくれます。

なので、私のオススメは、重曹風呂に浸かってから体を洗うこと

ゴシゴシと強く洗わなくても、浮いてきた汚れを優しく洗えば、完了です!

特に角質が気になるからと言って、ひじ・ひざ・かかとを重点的にゴシゴシすると、肌がそれに抵抗しようとして、ますます固くなってしまうそうですよ。

重曹風呂には消臭効果も!

嬉しいことに、重曹風呂は消臭効果もあるんです。

仕事などで汗をかきやすい方や、体臭が気になり始めてきた…と言う方にもオススメです。

ただし、重曹が肌についたままになると肌荒れの原因になる場合があります。お風呂を出るときは、シャワーで洗い流して出たほうが良いと思います。

また、皮脂汚れを落としてくれる代わりに、お風呂上がりの肌は乾燥しやすくなるので、
保湿クリームやオイルなどで対策をお忘れ無く。

毎日入っても害は無いようですが、わが家では3日に1回程度にしています。

いろんな情報を見る限り、やはり週1~2回の使用が肌への負担も少ないようです。

重曹風呂の効果は?3ヶ月続けた結果!

重曹風呂を3ヶ月試した結果

そうやって、重曹風呂に入るようになって3ヵ月。私の肌がどうなったかというと…好調です!

いちばん気になっていた角質がかかとひざ

かかとは、コマーシャルであるように、ストッキングが角質のガサガサに引っかかって伝染するくらいひどかったのですが、今はかなり柔らかくなりました。

またひざも黒ずみになりそうな予感のする厚い角質でしたが、今ではキレイになっています。

あと意外な効果は背中のニキビ

私は背中のニキビがよくできる体質で、気になるのでゴシゴシ洗いすぎ、肌を傷めたこともありました。

でも重曹風呂に入るようになってから、背中のニキビができる頻度が、明らかに減りました!

手が届きにくかった背中に、良い効果があらわれ今ではとってもハッピーです!

重曹マッサージも試してみた!

ちなみに、いちばん気になっていたひざとかかとは、重曹風呂だけでなく、週に一度のスペシャルケアをおこないました。

それは重曹マッサージ!この効果も大きかったので、教えちゃいますね。

お皿に重曹大さじ1と適量のオイルを入れ、ペースト状になるように混ぜます

私はホホバオイルを使いましたが、オリーブオイルやマッサージ用のオイルなどでもOKです。

ペースト状になったら、それをひざやかかとの気になる部分に乗せ、手のひらで優しくマッサージします。

この時、ガシガシゴシゴシとこするのは厳禁!肌がたちまち傷んでしまうので、絶対にしないでくださいね。

マッサージした後は、お湯でキレイに洗い流し、お風呂を出たら、保湿をします。

週1回、この重曹マッサージをすると、気になっていた角質がとってもキレイになくなりますよ。

頑固な角質が気になる場合は、試してみてくださいね。

大満足の結果に!

3ヵ月間、重曹風呂に入り続けてみた感想は、ズバリ大満足!!やはり気になっていた角質や、ニキビに効果があったというのはとっても嬉しいです。

使用頻度に注意したり、洗い流した後に保湿をすることで、肌トラブルも私は一切ありません。

もちろん使用には個人差があるので、肌が弱い人は荒れないかどうか確認してから使用したほうが安全です。

心配なときは、いきなり湯船に重曹を入れるのでは無く、洗面器などにミニ重曹風呂をつくり、足湯にしながら確認するといいですよ。

お風呂だけじゃない!重曹の意外な使い方

お風呂にも使える重曹ですが、その他にもおもしろい使い方を発見したので、ご紹介しますね。

インスタントラーメンが「生麺」に!

インスタントラーメンを作るときに、お湯をわかし、重曹を小さじ1入れます

そこにラーメンを投入し、時間通り茹でるとあら不思議!なぜか生麺のような、もっちりした食感に

この場合、スープは別で作っておき、麺を茹でた重曹入りのお湯は捨ててください。重曹入りのお湯は、独特の苦みがあるのでそのほうが美味しく食べることができます。

ふんわりしたカーペットの感触を取り戻せる!

掃除機をかけていても、お菓子のくずが出てきたり子どもが汗をかいた足で踏んだりして、いつのまにかふんわり感がなくなってしまうカーペット。

そんなときでも、重曹があれば大丈夫なのです!

重曹をカーペットに直接フリフリします。毛足の長いカーペットの場合は、ビニール手袋をした手で、重曹をしっかり揉み込みます。

そのあと、掃除機を丁寧にかけると、汚れやイヤなにおいも一緒に吸い取ってくれますよ。

ただし、白い粉の後がのこりそうなカーペットの場合は通常のクリーニングをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?
こうやってみると、重曹って本当に万能だなとあらためて感動しました!

まさに「魔法の粉」ですよね。

こんなに万能なのに、重曹はとっても安く買えるので家計にもすごく優しい!

高価なクリームももちろんいいですが、重曹で角質のお悩みが改善されるなら、お得ですよね!

ぜひ、使用上の注意を守りながら、重曹での「肌ケア」、お試しくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする