温まると暖まるの違いとは?どのように使い分けたらいいの?

みなさん、「あたたまる」を漢字で書けますか??

  • 体があたたまる
  • 外があたたかい

など、「あたたまる」を書くことってけっこうありますよね。

きっと「温まる」と「暖まる」の2種類の漢字を思いつく人がほとんどかと思います。

では、「温まる」と「暖まる」の漢字の違いや使い分けって分かりますか??

私も、どちらの漢字を使ったらよいのか分からなくなり、途方にくれたことがあります。

そこで今回は、「温まる」と「暖まる」の漢字の違いや、使い分けなどをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

「あたたまる」の漢字「温」「暖」の意味はどう違う?

「温」と「暖」のそれぞれの読み方や意味をお伝えします。

まずは「温」
読み方は、オン、あたた(か)、ぬく(い)、つつ(む)、たず(ねる) などがあります。
意味は、あたたか、おだやか、なごやか、たずねる、つつむ などです。

次は「暖」
読み方は、ダン、あたた(か) などがあります。
意味はあたたかい、(温度が)ほどよく高い となります。

う〜ん…

漢字のみで見ると、「温」のほうが読み方や意味が少し多いですかね。
共通して言えるのは、やはり「あたたか(い)」です。

でもこれだけだと、どう使い分けたらいいのかいまいちわからない…ですよね。

しかし、ご安心ください。それぞれ正しい使い方があります!!

温まる」 → 直接触れてあたたかいもの

こちらの温かいは、体の一部分を使って感じることのできるあたたかさのことを言います。

暖まる」 → 気温や気候などのあたたかさのこと

それに対してこちらの暖かいは、体で感じるあたたかさのことを言います。
たしかに、漢字の中にお日様の「日」という字が入っていますよね。

なので、冒頭の例文にあった「あたたまる」を漢字で書くと

  • 体が温まる
  • 外が暖かい

ということになります!!

温まると暖まるの使い分け事例

温まると暖まるの使い分けについて、例文を交えながらもう少し見ていきましょう。

先ほども述べたように、

  • 温まるは直接触れてあたたかいもの
  • 暖まるは気温や気候などのあたたかさ

のことでしたよね。

なので例文にすると、前者の  「温まる」は

  • 温かい紅茶を飲む
  • 運動して体が温まる
  • 温かい服装で出掛ける

などが当てはまります。

後者の「暖まる」は

  • だんだんと日差しが暖かくなってきた
  • 暖かい季節になった
  • 暖かい色調の服

などが当てはまります。

しかし、それでもやっぱり分からない時もありますよね!
こういう時は、それぞれを反対の意味の言葉に言い換えます。

「温かい」なら「冷たい」、「暖かい」なら、「寒い」
といった感じです。

たとえば「暖かい紅茶」だったら、逆は「寒い紅茶」になり少し違和感があります。
温かい紅茶」なら、逆は「冷たい紅茶」になるので、これならしっくりきますよね。

なのでこの場合は「温かい」が正解です。

意味を見ただけだと結局どっちが正解なの??っていまひとつピンとこない場合でも、このように対義語を考えてみるやり方ならすごく分かりやすいですよね。

まとめ

今回は「温まる」と「暖まる」の漢字の違いや、使い分けをお伝えしました。

日本語って難しいですよね。今回私も勉強になり、これからは迷うことなく使い分けできそうです。

今回は「あたたまる」を取り上げましたが、それ以外にも同じように使い分けが難しい漢字がたくさんあります。

みなさんも探してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする