白髪染めをしたらかゆい!これってアレルギーかも?【経験談】

白髪染めをした後、かゆくなったことはありませんか?

私は今まで普通に白髪染めが使えていたのに、ある時急にかゆみが出てきてしまいました。

そこからは、それまで使っていた一般的な白髪染めはもう使えなくなってしまったのです。

今回はその時の経験をまとめてみたいと思います。

白髪染めでかゆみが出るまで

私が白髪染めをし始めて7~8年ぐらいになります。

美容院は苦手で半年~1年に1回くらいしか行きませんが、美容院に行くときにはそこで染めてもらっていました。

ただ、その頻度ではすぐ気になり始める白髪に対応できないので、3週間~1ヶ月くらいに1度、市販の白髪染めを使って自分で染めていたんですね。

そのサイクルにもすっかり慣れていたのですが、あるとき、自分で白髪染めをした次の日くらいに「頭の一部がなんかかゆいな・・・?」と感じました。

ヘアカラーをしていると、肌の状態によってなのか、まれに「少ししみてるかも?」と感じることはあったので、今回のもおそらくそれなのかなと、その時は思っていました。

そして、明らかに「これはおかしいかも・・・」と思ったのは、その次、約1ヶ月後に再び白髪染めをしたときです。

今度は一部どころか、頭全体がかゆくなってしまったんです。

頭だけではなく、耳の上のところ、耳輪って言うんですかね?そこの部分までかゆみが広がってしまいました。

幸いかゆみだけで済み、ただれたりなんかはしなかったのですが、そのかゆみは数日くらいでは消えませんでしたね。2~3週間くらいは続いたんじゃないでしょうか。

アレルギーなのかも?パッチテストしてみた

今までアレルギーとは無縁だったので、カラーや白髪染めもまったく気にすることなくやってきました。

市販の白髪染めの説明書にもパッチテストをしてくださいとは書かれていましたが、一回もやったことなかったし。

今回かゆくなったことでいろいろ調べてみると、症状の感じがやはりアレルギーっぽい雰囲気です。

多くのヘアカラー剤には「酸化染料」と呼ばれる化学物質が含まれるそうですが、それが原因となり、アレルギーを引き起こすことがあるんだとか。

酸化染料の中でも、アレルギーになりやすいのはパラフェニレンジアミンという成分みたいです。ジアミンアレルギーという言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

詳しくは以下のサイトで解説されていますので参考にしてください。

●日本ヘアカラー工業会
https://www.jhcia.org/advice/advice_rash/

調べていてショックだったのが、一度このアレルギーになったらこの先もずっと続くものなので、もう今まで通りの白髪染めは二度と使えないということ。

花粉症でもよくコップの水に例えたりしますよね。許容量を超えて水が溢れてしまうとアレルギーが発症する・・・みたいな。

ジアミンアレルギーもそのような感じらしいです。

それでもまだ信じたくない気持ちがありました。かゆくなったのはたまたまなんじゃないかと思いたかったんですよね。

ようやくかゆみが落ち着いたと思ったら、次の白髪染めのタイミングがやってきます。

一応いつもの白髪染めを買ってきたのですが、さすがに心配だったので初めてパッチテストをしてみました。

そしたら見事に反応が・・・。

塗った部分が赤くなり、強いかゆみが出てしまったのです。

パッチテストでこんなになってしまったら、本当にもうダメなんだなと諦めて、もったいないですがそのままその白髪染めとはサヨウナラしました。

【関連】
パッチテストで反応が出たときのことについてはこちらの記事でまとめています。
市販の白髪染めのパッチテストをしたら見事に反応が出た

ヘナ染めにチェンジ

ショックを受けている間にも、白髪は目立ってきます。

そこでとりあえず使ったのがヘアカラートリートメント。

まだ普通の白髪染めが使えていたころにカラートリートメントも使ったことがあったのですが、普通の白髪染めに比べて染まりにくく、頻繁に使用しないといけないのが面倒でやめたという経験がありました。

でも、そうは言っていられない状況。

とりあえず応急処置的に使用しつつ、何かいいものはないかと探してたどり着いたのがヘナでした。

カラートリートメントに比べれば染める頻度も少なくて済みます。

ちなみに私が使っているのはこれです↓↓

ヘナの染まり具合は私の染め方がうまくないというのもあるかと思いますが、私にとって100%満足のいくものではありません。

やっぱり今までの白髪染めが一番染まりやすかったんですよね。その染まりやすくする成分でアレルギーを引き起こしちゃうんだったら、もうどうしようもないんですけどね。

正直、普通のカラーができないんだって思ったときには終わったな・・・って絶望感がありました。

自分が60代とかそのあたりだったら、もう白髪染めは諦めてもいいかなとも思えるのですが、私はまだ30代前半なんです。

うちは白髪家系なので、兄弟も若いうちから白髪が多いです。

そして私自身も、10代からぽつぽつと出始めて、20代半ばには普通のカラーをやめて白髪染めにチェンジしました。

そして今30代。まだまだ若い(つもり)ですが、さすがに白髪を放置したら老けて見えますよね・・・。

なので、パッチテストで反応が出たときには結構ショックが大きかったです。

でも、ヘナもそうですが、まだ方法はある。完全に選択肢が消えたわけじゃないよね!とポジティブに考えるようにしました。

そんな感じで、今のところはヘナ染めがうまくなるように練習中です。

まとめ

今まで白髪染めをしていて何ともなかったからこの先も大丈夫というわけではないということを身をもって実感しています。

まさか自分がこうなるとは…という気持ちでいっぱいですが、とにかく重い症状が出なくてよかったです。

パッチテスト大事!

あなたも気をつけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする