補助便座がない時ってどうしてる?外出先での子供のトイレ事情!

トイレトレーニングの真っ只中。
そんなタイミングでのお出かけは、全国のママたちからしたら本当に大変なこと…。

着替えを何セット用意するか、タオルは何枚持っていけばいいのか…
オムツを履かせてしまうのか、せっかくトレーニング中なのでトレパンを履かせるのか…

私自身3歳9ヶ月の娘がいますので、同じように悩みました。
「おしっこ」と言ってくれるタイミングが、もう出る直前!なんてこともあり困ってしまうことも多々ありました。

そんな中、必死にトイレへ連れて行き、いざ便座に座らせようとした時に子供用の便座がなく、怖がってしまい結局お漏らしをしてしまう…なんてこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は、私や私の周りのママ友の経験談も含め、いくつかのパターンをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

補助便座が外出先にない場合はどんな方法でトイレをさせたらよい?

できるだけ子供用トイレのある場所へ出かける

まず私が気をつけていたことは、事前に子供用のトイレがあるところを調べておき、そこへ行くということ。

最近ではイオンモールや百貨店の子供服売り場がある階、高速道路のサービスエリアなどには子供用のトイレが設置されていることが多いです。

子供用トイレがなくても、大人用トイレに補助便座が置いてあるところも増えてきましたね。

そういう場所を事前にリサーチしたり、設置場所を見つけたら次回のために覚えておくことも大事です。

でも、トイレの事ばかり気にしていたら、他のところへ行けないですよね。

補助便座のない大人用トイレを使用する場合

大人用で用を足す場合、最初はママが子供の両腕を支えてあげてください。
慣れてくると子供が自分で便座を使って体を支えます。慣れるまでは一緒に支えてあげてくださいね。

怖がってしまう場合はお顔を近付けて子供が好きなお歌を歌ったり、笑顔でお話してあげたりしてみてください。ママが笑顔だと子供も安心します。

【関連】
子供のトイトレに便利な補助便座!これっていつまで必要?

余談ですが、うちの子は私がしっかりと支えていなくてお尻が落ちてしまって大笑いしたこともありました!

娘が笑っていたので良かったものの、これで怖くなってしまったらいけないので、落ちないように注意してあげてください。

友達の子は、トイレ自体を怖がり、音も怖がり耳を塞いでしまっておしっこどころではありませんでした。

そういう子の場合は、初めは障がい者用の個室のトイレがおすすめです。
他の人の音なども聞こえませんし、ママと二人だけなら子供もきっと安心してトイレができますよ。

和式のトイレは要注意!

最近ではなかなか見かけませんが、公園の古いトイレなどはまだ和式トイレだったりします。

子供たちは和式トイレを見たことがありませんので、最初は怖がりますが、ママが足を持って支えてあげるといいと思います。
しゃがむことができる子でしたら、両脇を支えてあげると用を足しやすいと思います。

何回かすると慣れてくるものですが、和式トイレにも座ってしまう子もいるようなので、そこは座らないように注意して見てあげてください。

家でも補助便座を使わないトレーニングを

外出先に子供用トイレや補助便座がないことも考えて、私はお家でのトレーニングも補助便座ありの場合と無しの場合と両方で試してみていました。

そのおかげか、娘は外出先でも怖がらずに普通に大人のトイレに座って用を足してくれているので、今の所お出かけに困っていることはありません。

子供用のトイレがある場合は喜んでそちらへ入っていきますので、きっと子供用のトイレの方が、使用しやすいのだとは思いますが^^;

補助便座には携帯用もあった!持っていると便利かも

大人用のトイレにそのまま座るのが怖い子も中にはいますよね。
恐怖心があっては、トイレトレーニングも思うように進みません…。

そういう場合は、補助便座を持ち運んでしまえばいいのです。
今は便利な世の中で、携帯用の折りたためる補助便座がネットでも販売されていました。

例えばこんな感じのものです↓↓


折りたたみ式補助便座 イエロー(1コ入)

4つに折りたたむと長いところでも20cm以内には収まるようなので、持ち運びしやすいですよね。

ただ、外出時に急に使おうとしても慣れていないと嫌がる可能性もあるので、お家でも何回か座らせてあげて慣れさせてから持ち運ぶとスムーズです。

私はこの携帯用の補助便座を知らなくて、娘が2歳の時の旅行では大きな補助便座をベビーカーにぶら下げて、持ち運んでいました…。

もっと早く知りたかったですが、もしまた妊娠したらその時に活用してみたいと思います。

トイトレ中のお出かけに持っておくと便利な持ち物

トイレトレーニング中にお出かけする際、あったら便利だなと思ったものをまとめましたので、参考にしてみてください。

  • お尻ふき(お漏らしした時にお尻周りを拭くため)
  • 雑巾(お漏らししてしまった時に床を拭くため)
  • 着替え(基本は2セットくらい。下着は多めに持ち運びましょう)
  • ビニール袋(お漏らしした時用の濡れた服や下着を入れるため。多めに!)

トレーニングパンツは6層の分厚いものからスタートがおすすめです。
おしっこが漏れてしまっても少量ならパンツで留めておくことができます。

まとめ

オムツ外しのことはたくさん情報があるのに、トイレトレーニングの情報はなかなかないですよね。
私も実際にママ友達に聞いてのトレーニングでした。

一人でお出かけの時は荷物も増えて大変ですが、トイレトレーニングが成功できるようにチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする