市販のループ付きタオル、大きすぎたから手作りした【入園準備】

入園グッズの中にループ付きタオルってありますよね。
子どもたちが手を洗った後なんかに拭くタオルです。

私は体操着袋やお弁当袋は頑張って手作りしたんですけど、ループ付きタオルまでは別に作らなくていいや~と市販のものを買いました。

が、うちの園の場合はその市販のタオルでは大きすぎて、ちょっと問題が・・・

なので今回は、そのことについてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

市販のループ付きタオル、大きすぎたんだけど・・・

特にループ付きタオルまでは手作りしなくてもいいかなと、入園準備コーナーに売っていたキャラクターもののタオル3枚セットを用意していました。

ですが、3月の終わり頃にあった1日入園のときだったと思うんですが、入園グッズの見本を見せてもらえる機会があったんですね。

そのときに、「タオルが大きい場合は床についてしまうかもしれないので気を付けてくださいね。このようにしている方もいます。・・・」とか言って、私が買ったのと同じような市販のループ付きタオルの、ループが付いているところとは対角になる部分を少し上に折り曲げて縫い付け、短くしている例を見せてくれました。

・・・今さら新情報!

床にタオルがついちゃったら不衛生ですよね~~・・・
きれいに洗った手を拭くためのタオルなのに、拭いたらまた汚れがついちゃうとか意味ないじゃん!

実際にタオルを掛けるフックのある場所を確認したら、幼児用の低い流しのさらに下のところにあるじゃないですか・・・。これじゃあ確かに大きいタオルは床についちゃうよね・・・

これから用意されるみなさん、タオルを掛ける場所がどこにあるのかって大事ですよ~。

結局ループ付きタオルを作ることにした

見せてもらった見本のように、今ある市販のタオルを折り曲げて縫っちゃおうかなーともおもったんですが、重なったところだけ乾きにくそうだし・・・と考えた結果、結局は自分でループ付きタオルを作っちゃうことにしました。

市販のものは大体30cm×30cmくらいありますけど、うちでは20cm×20cmのハンドタオルを買って、お弁当袋なんかを作ったときに余っていた布や紐を使ってループをつけました。

ちなみに記事タイトルの下にある写真がそれです(笑)
下手なんであまり参考にはならないと思いますが・・・

市販のものと比べるとだいぶ小さいですが、これくらいなら床につかずに掛けられるんじゃないかなあと思ってます。

市販のループ付きタオルの行方

最終的にループ付きタオルを手作りしてしまったので、用意していた市販のタオルは用なしに(笑)

でもせっかく買ったのにもったいないので、ループの部分を外して給食・お弁当用のおしぼりにしました。

おしぼりは毎日持っていくんですが、ケースを買っただけで満足していて、洗い替え用のおしぼりを全然用意していなかったんです。

ケースにセットで付いていたタオル1枚では間に合わないですよね。なので、その市販のタオルを使うことにしたのでした。

3つ折りにしてくるくる丸めたらケースにちゃんと入ってくれるので、無駄にならずにちょうどよかったです。

まとめ

せっかくループ付きタオルを用意したと思ったのに、まさかのフックの位置で用意しなおすハメになるとは・・・

幼稚園からもらった準備するものリストには、タオルのサイズまでは書いていなかったんですよね。フックの位置が低いとか、そういうことはもうちょっと早く教えてほしかったなあ・・・(笑)

以上、入園前に起こったちょっとしたトラブルのお話でした。みなさんも気をつけてくださいね。

【関連】
お弁当袋や体操着袋のサイズ・枚数、うちはこうしました【入園準備】
幼稚園の制服・体操着のサイズや枚数ってどうしたらいいの?【入園準備】
失敗したくない!幼稚園の制服サイズ決め~3年間での成長具合は?~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする