娘の指しゃぶりは幼稚園入園後の4歳目前で卒業しました

あなたのお子さんはもう指しゃぶり卒業しましたか?

子どもの指しゃぶりって、赤ちゃんのうちは微笑ましく見ていることができるのですが、3歳、4歳とかになってくると、やめさせたほうがいいのかなってだんだん焦ってきませんか?

うちの娘も幼稚園に入るまでずっとちゅぱちゅぱしていてちょっと心配でした。ですが、4歳の誕生日を迎える頃には自然に卒業していました。

今回は、そんな娘の指しゃぶり卒業についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

指しゃぶり始めました

指しゃぶりはいつから?

指しゃぶりっていつから始めるものなのか?ネットでちょっと検索してみると、生後2~3ヶ月くらいから指しゃぶりをする子が出てくるようですね。

うちの娘は確か1ヶ月健診のときにはもう吸っていました。健診に出かけてお腹が空いた際に指を吸っていて、そのことで話しかけられた記憶があります。

最初のうちは右手の親指を吸ったり左手の親指を吸ったりしていて、どちらの手でも構わないって感じだったんですが、いつのまにか左手だけになっていました。

試しに私が娘の右手を口元に持っていってみるも、なんか違うって感じで吸わなくなっていました。不思議~

ちなみにおしゃぶりも与えてみたんですけど、これは娘にとっては指みたいにちゅぱちゅぱ吸うものって認識じゃないみたいで、がじがじ噛んだりして遊んでいました。

娘の指しゃぶりスタイル

そんなこんなで4年近く、左手の親指は娘にとって大事な存在でした。

それに加えて娘のお気に入りはもう1つあって、それは「タオル」だったんです。特にタグの部分が大好きで、最初はタグもよく口の中に入れていたのでボロボロになるほど(笑)

徐々にタグは口に入れなくなりましたが、左手親指をちゅっちゅして、右手でタオルのタグの部分をいじいじ・・・というスタイルが確立されました。

娘の中ではタオルと指しゃぶりってセットになっていて、タオルを渡すと自然に指しゃぶりを始めるんですよね。

それがすごく落ち着くようで、寝る時も当然のようにタオルを持っていました。
逆に出かける時にタオルを忘れると、眠いけどなんか足りない!って感じで寝付くのに時間がかかったりしているぐらいでした。

指しゃぶりをやめるために試した方法(失敗)

赤ちゃんの頃は頻繁に吸っていたものでしたが、3歳くらいになってくると、いつでも吸うわけではなくなりました。しゃぶるのは寝る前や暇になったときです。

つまらないと思わせていたのは私も悪かったのですが、私がご飯を作っている間などでどうしても一緒に遊んであげられないときは、テレビを見たりしながら待たせていることもありました。そういうときに自然に指を吸っていたんですね。

吸うのはいつも同じ指なので、親指には立派な吸いだこができていました。娘もたこが出来ているのは嫌な様子。

そろそろやめさせたほうがいいかな?といくつか試してみました。

言い聞かせてみる

3歳になってお話も理解できるようになってきたので、言い聞かせてみる作戦に出ました。

たこを見て「これなにー?」って聞いてくるので、

「指をずっと吸ってるとたこができちゃうんだよ。嫌だったらそろそろちゅっちゅするのおしまいにしてみる?」

「ずっとちゅっちゅしてたら歯並びが悪くなって出っ歯になっちゃうかもしれないんだって」

などと言ってみました。

そんなことを聞いた後は一時的に、自然に手が口元に行ってもだめだめ!と吸うのをやめようとはしていたんですが、でも結局、眠くなるときに吸うのはやめられないようでした。

タオル禁止?

指を吸うのは落ち着くから。

その指の代わりになる別のもの、例えばタオルなんかをあげるといいなんて話も聞きますよね。

でも娘の場合、指しゃぶりとタオルいじりはセットなんですよね。
なので、タオルだけいじって指は吸わないで!なんてことはできないんです。

だったらいっそのこと「タオルをお布団に持って行くのはやめようか?」と言ってみたり、「ぬいぐるみと一緒に寝ようかー?」なんて提案してみたりしたんですけど、それは嫌だったようです。

嫌がっているのに無理やりっていうのもどうなのかなと思って、無理強いはしませんでした。

それにタオルがなきゃないで、そこら辺の布団をいじいじしながらちゅぱちゅぱするだけですからね(笑)

手をつないでみる

寝るときにママと手をつなぐようにしたらやめられたなんて話も見たので、これも実際に試してみました。

手をつないで寝るなんてかわいいじゃないかぐふふ・・・っていう思いもあったんですけど(笑)、つないでくれるのは最初だけで、最終的に私の手を振りほどいてちゅぱちゅぱし始めてしまいました。

そうか。ママの手より指がいいんだね・・・

娘はどうやって指しゃぶり卒業したのか

結局、娘の場合は指しゃぶりをやめさせるためのこれといった方法がありませんでした。

自然にやめちゃったって感じですかね。

娘は幼稚園に入る直前まで毎日2時間は昼寝をするくらい、よく寝る子だったんです。

なので、入園後に昼寝なしで夜まで起きているっていうのが大変だったみたいです。幼稚園から帰ってくると、私がご飯を用意している間に寝てしまってそのまま朝まで・・・なんてこともありました。

疲れて眠くて、布団に横になったらすぐ寝ちゃうっていう生活になったので、指をのんびり吸う暇もなかったんだと思います。

幼稚園という新しい環境になったので、指を吸うことよりももっと別のところに意識が行っていたということもあるかもしれませんね。

それでも入園した最初のうちはちょこちょこ吸っている姿を見かけたんですが、いつの間にか、布団にタオルを持ってこなくても寝られるっていう日が増えていきました。

夏に4歳を迎えたのですが、その頃までには気づくと全く吸わなくなっていましたね。

たこはどうなった?

親指にできていたたこなんですが、指しゃぶりをしなくなってからは気にして見ることがなくなったので、そのまま存在をすっかり忘れていました(笑)

指しゃぶり卒業してから1年。途中経過がどうなっていたのかはわからないんですけど、現在のところを確認してみると、たこはすっかり消えて、元通りのきれいな指になっていました。

たこの出来具合にもよるんでしょうが、1年もあったらきれいになるってことでしょうかね。

まとめ

以上、娘の指しゃぶり卒業までについてお話してきました。

娘の場合は幼稚園に入園したら自然に、って感じだったので、この方法が効果あったよ!っていうのは言えなくて申し訳ないんですが、こんな子もいるよってことで、少しでも参考になったら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする