水着の名前付けは100均(ダイソー)ののびーるゼッケンが簡単!

水泳の季節がやってきました。

子供が通う小学校でもプールの授業が始まるので、さっそく紺色のスクール水着を用意しました。関係ないですが、最近のスクール水着って昔と違ってかわいくなりましたね~!

さて、水着には名前をつけないといけませんよね。

そこで使ったのがダイソーの「のび~るゼッケン」です。

実は子供が幼稚園時代、水泳帽に名前をつけるときにもこれを使ったのですが、意外とよかったのでまた使うことにしました。

とっても楽に名前をつけられるし、何と言っても安く済むので(笑) おすすめです。

超簡単!ダイソーののび~るゼッケンで水着に名前を付けてみた

ダイソーの手芸コーナーに行くと、名前つけグッズが結構置いてあります。

その中でも今回使うのは「のび~るゼッケン」と言う商品です。

伸びないタイプとかいろいろあるので、間違えないように気をつけて下さいね。

説明書きにも、

抜群の伸縮性ですので、水着やジャージなどのゼッケンに最適です

と書いてあります。

大きさは約15cm×20cm。中身はこんな感じになっています。

好きな長さにカットして使えて、アイロン接着できるのでとても簡単です。

ほつれにくい布になっているようなので、カットしても端の処理などもいらないので楽ですね。

まずは好きな大きさに切って、油性ペンで名前を書きます。

リケイ紙をはがし、水着の名前をつけたい位置に接着面を下にしてセット。

あとはあて布をして、アイロン(中温)で30~40秒あたためます。

たったこれだけ。つきましたー。

水着は伸びる素材なので、これをミシンや手縫いで縫い付けるのは、私みたいに不器用&素人がやろうとすると一苦労しそうです。

なので、適当な大きさに切ってアイロンでくっつけるだけというのは本当に簡単でいいですね。

あ、ところでこんなミスをするのは私だけかもしれませんが、リケイ紙はがすのを忘れないでくださいね!

あれ・・・どれだけアイロンをあててもこれっぽっちもくっつかないな・・・おかしいな・・・

なんて思ってたら、リケイ紙をつけっぱなしでした(笑)

そりゃあくっつかないはずです。

説明書はよく読みましょう。

アイロンに慎重になりすぎるとなかなか付かないことも・・・

水着にアイロンをあてるのってあんまりよくなさそうな感じがしますよね。

すぐ溶けて穴が開きそうっていうか・・・

水泳帽にこののび~るゼッケンをつけたときの記事
(⇒水泳帽の名前つけに100均(ダイソー)のゼッケンを使ってみた)

の中で、自分が昔、学校のジャージへの名前つけでアイロン接着したときの失敗談をちらっと書いたのですが、生地を心配するあまりにアイロンをそーっとやりすぎると、これもなかなかついてくれないんですよね。

もちろんリケイ紙はちゃんとはずした状態です!(笑)

アイロンを軽く押さえて30秒・・・

あて布をどけて確認してみると、ほとんどついてなくてぺろっとはがれる。みたいな。

何回か繰り返してなかなかついてくれないので、

ええい、もうやっちゃえー!

と、ぐぐーっと体重をかけて押さえてみたらようやくくっついてくれました。

一応裏側からも念入りにアイロンをあてました。

冷めたら生地を伸ばしてみて、はがれてこないかもチェック。

つけ方が甘いと伸ばしたときにはがれてしまうこともあるので、気をつけて下さいね。

ということで、思ったよりもしっかり押さえつけないといけないっていうのがポイントです。

もちろん、最初から思いっきりアイロンを押しつけて水着に穴開けちゃった・・・となっても困るので、生地の様子を見ながら傷めてしまわないよう注意しつつ進めていくっていうのがいいと思います。

まとめ

今回はダイソーの「のび~るゼッケン」を使って水着に名前つけしました。

アイロンだけで簡単につけられたのが楽でよかったです。

ぜひお試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする