突発性発疹って何歳までかかる?赤ちゃんだけじゃないのね

あなたのお子さんは、突発性発疹ってもうかかりましたか?
それは何歳のときでした?

私の娘が突発性発疹になったのは、あまりはっきりとは覚えていないんですけど1歳になるかならないかぐらいの時期でしたね。

今回は、突発性発疹は何歳くらいまでにかかるものなのかということについてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

突発性発疹は何歳まで?

突発性発疹は、高熱が3~4日続き、熱が下がるとお腹や背中などに赤い発疹が出るというものです。

調べると、大体生後6ヶ月~2歳くらいまでになる子が多いみたいですね。

突発性発疹はほとんどの子がかかるとは言われていますが、すべての子が必ずかかるというわけでもないようですし、中には2歳を過ぎてからとか、もうちょっと大きくなってからかかったという子もいるようです。

娘のお友達の例

娘は現在幼稚園の年中です。
娘と同じ幼稚園に通う年少の男の子が同じマンション内にいるのですが、その子が週明けからずっと幼稚園をお休みしていたんですね。

バス通園なのでいつも一緒に待っているのですが、ここ数日会えない日が続いているので娘もつまらなそう。

先週末に会ったときには元気そうに見えたけど、風邪でもひいたんだろうか?喘息持ちのようだからそっちかな?と心配していました。

するとある朝、バスの時間になって外へ出ると、その子のママに会ったので話を聞きました。(幼稚園への提出物をバスの先生に預けるために待っていた模様)

「突発になっちゃって~」と、ママさん。

と っ ぱ つ ?

娘がかかったのはもう4年は前の話なので、実はそのときまですっかり忘れていました(笑)
すぐに思い浮かばなくて、なぜか『突発性難聴』が出てきた私。

いやいや、そんなわけないよね。え、突発??

不思議そうな顔をしていたのがバレたのか(笑)、「突発性発疹だよ」と教えてくれました。

えーーー

突発性発疹って赤ちゃんにかかるものだって思い込んでいたけど、その子は年少だから3歳~4歳?そんなに大きくなってからでもかかる場合もあるんだー!とびっくりしました。

でも3~4歳どころか5歳とか6歳とかになってからかかったという話もあるみたいですね。知らなかった・・・

赤ちゃんのときに急に高熱が出たら、「もしかしてこれが突発性発疹ってやつなのかな?」って思い当たることもありそうですが、大きくなってから高熱が続いたら何事かとびっくりしちゃいそうですよね。

そんなわけで、男の子は風邪とかではなく突発性発疹だったのです。もう熱は下がったようですが、ブツブツが顔にも広がっていて結構ひどいということで休んでいたようです。

来週からはまた通園できそうだというので、元気な姿が見られるのを娘共々楽しみにしています。

まとめ

突発性発疹は、多くは生後半年~2歳くらいまでにかかるものですが、それより大きくなってからかかる子もいるし、かからない子もいるということでした。

娘のお友達の例からもわかるように、必ずしも2歳ぐらいまでに~っていうのに当てはまるわけではないんだなっていうことがわかりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする