補助便座っていつまで必要?子供のトイレトレーニング

子供が歩けるようになったり、お話できるようになると「そろそろトイレトレーニングかな??」と考えられる方が多いと思います。

そこでまず準備するのが、おまるや補助便座!!最近は設置が簡単だったり、可愛いデザインの補助便座を使われる方が多いですよね。

我が家は当時大好きだったアンパンマンの補助便座で楽しみながらトイトレをしました。

けれどこの補助便座、いつまで使っていいのだろう??やめるタイミングが分からない!!と悩まれるお母さんがたくさんいるのではないでしょうか。

今回はトイトレに欠かせない補助便座についてや、やめるタイミングをご紹介致します。

スポンサーリンク

補助便座は何歳まで使うのが一般的なの?

トイレトレーニングとは?

トイレトレーニングを略してトイトレと言ったりしますね。

このトイトレとは、おむつを常時使用する状態から、自分の意思でトイレで排泄できるようにすることです。

一般的に、子供が歩ける、話せる、排尿感覚が2時間ほど空いたら始める方が多いです。

また、座ってできることはもちろん、最近は少ないですが和式ならしゃがんで、そして男児なら立ってできるようになっていたほうが望ましいです。

補助便座はなぜ必要??

そもそも、なぜ補助便座が必要なのか??

補助便座は必ずしも必要とは限りません。

我が子は体格が小さく、お尻を支える力も弱かったので補助便座を使ってトイトレをしていました。

トイトレを始めたばかりでも、大人と同じようにスムーズにトイレに座ってできそうな場合は
補助便座を使わなくても良いでしょう。

足が地面についてなくて怖がる場合は、踏台を準備してみてください。
子供の体格や様子で必要か判断してくださいね。

補助便座は何歳まで必要??

子供によってトイトレを始めるタイミングが違うので何歳までという決まりはありません。

けれども、保育園や幼稚園に行き始めると園によっては補助便座がない所もありますので、できれば集団生活に入る前に補助便座がなくてもできるようになれば良いですよね。

我が子は幼稚園に通いだしたら、自然と補助便座なしでできるようになりました!!
園のトイレは子供用に小さめにしてあるので排泄しやすいのですね。

年齢の決まりはないので、子供の様子や環境に合わせて決めて見ましょう。

トイトレ終了!?補助便座をやめるタイミング

トイトレはほぼ終了しているが、補助便座がないと不安!!
どのタイミングでやめたらいいの??

我が子は幼稚園入園を機に補助便座をやめましたが、それ以外にやめるタイミングがあるのかご紹介します。

体格が補助便座に合わなくなった

体格が大きくなると、補助便座だと逆にやりにくくなってきます。

子供の様子を見て、窮屈そうにしていたら大人と同じようにさせてみましょう。

子供の意思にまかせる

子供から意欲的に大人と同じようにチャレンジしてみようという気持ちがでてくることもあります。

その気持ちを大事にして、チャレンジさせてみましょう!!その場合はお母さんもそばに付き添ってあげてくださいね。

自然に任せる

我が子のように幼稚園や保育園に通い出すと、自然と補助便座なしでできるようになることもあります。

あまり気を張らず、自然にまかせてみるのもありでは?!

まとめ

今回はトイトレの補助便座についてや、やめるタイミングについてまとめてみました。

子供は十人十色です。
なかなか思うようなタイミングで進まないことが多く、イライラしてしまうこともあるかと思います。

私もゆっくりペースな娘についイライラしてしまいました。

けれども、あまり周りのお友達と比べたりせず自分のお子さんに合ったタイミングや方法で進めてみてくださいね!!

【関連】
補助便座がない時ってどうしてる?外出先での子供のトイレ事情!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする