おませさんっていい意味で使う?そもそもませてるってどういうこと?

NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる!」

5歳の女の子「チコちゃん」が日頃感じている素朴な疑問に対し大人が答えられなければ「ボーッと生きてんじゃねえよ!」と叱られてしまうという番組です。

このチコちゃん、5歳児という設定ながら、かなりおませさん。
大人と対等におしゃべりし、ツッコミ、大人をタジタジさせてしまう。

とても魅力的なキャラクターで、私も大好きです。

さてこのチコちゃんのことを、先ほども「おませさん」と書きましたがそもそも「おませさん」ってどういう意味なのでしょうか?

きっと物知りなチコちゃんなら答えられると思うのですが、私はチコちゃんに叱られそうな予感がするので、この疑問について調べてみようと思います。

スポンサーリンク

「おませな」とはどんな意味があるの?

まずは「おませ」という言葉、どのような時に使う言葉なのでしょうか。

「あの女の子はお母さんの口紅を塗って、おませさんね」
「この男の子はとなりに住む高校生のお姉さんが大好きなんてませてるわね」

大人が子どもに対して抱くイメージとして、

「子どもは当然化粧をしない」

だろうし、

「好きになる相手も同じくらいの年の女の子」

ではないかと思いがちですよね。

でもそんな大人の勝手な思いを破って時々、大人のような行動や言動をとる子どもがいる。どうやらそういう子どものことを「おませさん」と言うようなのです。

この二つの例文からもわかるように「おませさん」という言葉は、「男の子」でも「女の子」でも使用可能。

「大人びた子ども」であれば、誰でも「おませさん」です。

そう考えると、確かにチコちゃんはおませさん。大人と対等におしゃべりし、しかも物知り…

日本の子どものなかでも、究極の「おませさん」がチコちゃんなのかもしれませんね。

「おませ」の類語は?似たような言葉ってある?

ちなみに「おませ」と似たような言葉は他にあるのでしょうか?

たとえば「おしゃま」という言葉、耳にしたことがあるという方もいるかもしれません。

これも「おませ」と同じように、「大人びた子ども」のことを言いますが、主に女の子を指すことが多いようです。
大人が太刀打ちできない、ちょっとおてんばな女の子。

ちなみに、「おしゃま」な女の子に対して「男の子」の呼び方は特に無いそうです。
それだけ、女の子のほうが、成熟が早いしているということなのかも。

他にも「こまっしゃくれた」という言葉があります。

これも「おませ」と同様の使い方をしますが、加えて言えば「頭が良い」とか「頭の回転が速い」子どもに対して使用するようです。

頭が良い子どもって、当然頭の回転が早く、口が達者なので大人びて見えますよね。

そういう子どもを「こまっしゃくれた子どもだ」と言ったりします。

ところでこの「こまっしゃくれた」とは不思議な言葉ですよね。

「こま」は「こまい(細い)」から子どものことを意味し、
「しゃくれる」とは「こざかしい」という意味を持つ言葉である「さくれる」からきているようです。

「こざかしい」というのは、さも賢い雰囲気を装って、差し出がましく口を挟む様子のことを言うそうです。

まとめ

この「おませさん」という言葉。

いろいろ調べてみましたが、いい意味で使うというよりかは、「大人びた子どもを前にした大人が、太刀打ちできなくて、からかって使うことば」という感じでしょうか。

ただ、相手は子ども。

これらの言葉を使うときは、子どもへの配慮を忘れずに
決して、どなったりおこったりしないように使いたいですね。

それができるのが本当の「大人」の賢さだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする