水道屋さんのマグネット再利用!ゴミ箱行きの前に子供と簡単工作!

よくポストに水道屋さんの広告が入ってませんか?カードサイズのマグネットのやつです。

普通の紙でできたチラシと違って、マグネットだと捨てるのがちょっともったいないなーって気がしませんか?

そこで、うちでは子どもの大好きなシールを使って、キャラクターのマグネットを手作りしちゃいました。

簡単なので作り方というほどのものはないんですが、紹介してみたいと思います!

スポンサーリンク

水道屋さんのマグネットをリメイク!

マグネットもシールも捨てるのがもったいない!

水道屋さんからのマグネットの広告って結構たくさん入ってきますよね。

そんなにいらないんですけど、でもなんとなくもったいない気がしてなかなか捨てられなかった貧乏性の私。

気づけば結構な枚数がたまってしまいました。

そんなときに、ちょうど幼児向けの雑誌の付録でシールがたくさん手に入ったんですね。

子どもはシールを貼るのが大好き!

でも、せっかくのかわいいシールもあっという間にどこかにぺたぺた貼って終了ー。あとは捨てられるだけです。

これってやっぱりもったいない気がする貧乏性の私。

なので、このシールと捨てられずに取ってあったマグネット広告を使ってかわいいキャラクターのマグネットを作れば、何回でも遊べるしどっちもムダにならないんじゃないかなあと思い、さっそくチャレンジしてみることにしました。

オリジナルマグネットの作り方

  1. マグネットの広告が書いてある面のところに好きなシールをぺたぺた貼る。もったいないのでできるだけ無駄が出ないように考えて貼るのがポイント!
  2. シールに沿ってきれいにカットする。
  3. できあがり!

以上です。簡単すぎて作り方というほどでもなかったですが…

別にシールじゃなくても、雑誌を切り抜いて貼ったり、好きなキャラクターの絵をプリントして貼ったりしてもいいかもしれませんね。

でもシールならすぐ貼れて楽ちん♪

記事のトップにある画像はプリキュアのシールを使って実際に作ったものです。

あとはアンパンマンのシールで作ったものも↓↓
こっちはちょっと年季が入っててボロボロですが(笑)

うちの場合はシールを貼る作業は娘にやってもらって、切るのは私がやりました。
娘も楽しそうにシールをぺたぺたしていましたよ。

作った当時、娘は3~4歳くらい、今5歳なんですが、いまだに冷蔵庫にぺたぺた貼って遊んでいます。思ったよりも長く遊んでくれているので作ってよかったなあって感じです。

また作りたいと言っていたので、邪魔に思っていたマグネットを逆に待っているところです(笑)

他のアイデアとしては、きれいな紙などを貼ったマグネットを適当に切って、パズルのようにしている方もいました。

また、三角や四角などの形をたくさん作って、それを組み合わせて例えばお花とか家などを自分で考えて作る遊びのようにしている方も。

簡単に知育玩具が自作できるっていいですよね。

マグネットの広告部分をはがす場合

私はどうせシールで隠れるから、と思って広告部分は全く気にせずその上からシールを貼っていきました。

が、シールや紙などによっては広告が透けて見えちゃう場合も考えられますよね。

そういうときは、ぬるま湯につけておくのがいいそうですよ!

一晩つけておけば、ふやけてはがれやすくなるみたいです。

はがすのはなかなか面倒そうだなあと思っていましたが、案外簡単にできるものなんですね!私も今度作るとき試してみようと思います。

まとめ

いかがでしたか?

とっても簡単なので、小さいお子さんとでも楽しく工作できちゃいますよ。

それに水道屋さんのマグネットはタダなので(笑)、お金をかけなくてもいいってところが魅力ですね。

家にマグネットの広告余ってるなーって方はぜひお子さんと一緒に作ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする