幼稚園の娘、お手紙交換にハマる!内容は・・・?

手紙

幼稚園に通う娘は、どうやらお手紙を書くことにハマっているらしい。
覚えたての字で書く手紙はなかなか読みづらいけど(笑)、一生懸命書いたと思うとかわいいものです。

みなさんのお子さんも、お手紙を書いたりしますか?

今回は、幼稚園児の書くお手紙ってどんなものなの?お返事とかどうするの?っていうことについてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

お手紙交換が流行っているらしい

娘が年少時の秋頃からでしょうか?お手紙をもらってきたり、また、娘もお友達に持って行ったりということが見られるようになりました。

文字が書けるようになってきたのがちょうど秋~冬くらいだったんですよね。

お友達からお手紙をもらったことがきっかけになって、「自分も書きたい!」という衝動に駆られたようです。

ちなみに娘の通う幼稚園ではお手紙交換は禁止されていませんが、他の幼稚園や保育園では禁止のところもあるようですね。

お手紙ってどういうもの?

内容は?

内容は大体いつも一緒です。

『○○ちゃんだいすき♡♡♡』

基本はこれだけ(笑)

ひらがなが難しいとカタカナ交じりになったりしています。たまに絵が入ることも。

書いているところを見ようとすると、「見ないでー」って言われるときもあるんですが、内容を声に出して確認しながら書いたりするので、結構だだ漏れです。

「○○ちゃん だ」「○○ちゃん だい」「○○ちゃん だいす」・・・

一文字増えるごとに最初から読み返します(笑)

何に書くの?

これをお絵かき帳とか折り紙の裏に書きます。レターセットとかは使ってないですね。

まだ字を小さく書けないので、この内容だけで紙が埋まっちゃいます。

あとは紙を折って、かわいいマスキングテープとかシールとかでとめたり、巻物のようにくるくる巻いて普通の輪ゴムでとめたり。娘の好きなようにしています。

折り方がぐちゃっとしてたりとか、気になることはあるんですが、頑張ってるのであまり口出ししないようにしてます。

お友達からの手紙は?

お友達からもらってくるお手紙も大体同じような感じです。

娘の名前が書かれているのを見ると、仲良くしてくれているんだなあと嬉しくなりますね。

ちなみに、女の子にあげるときは「○○ちゃんだいすき」でいいんですけど、男の子にあげたがるときも「○○くんだいすき」って書こうとするので、パパが軌道修正してます(笑)

お手紙の頻度

お手紙ブームは年中になった今も続いていて、「次は○○ちゃんにあげるー」とか言って結構頻繁に持っていきたがります。

さすがに毎日毎日持たせるのはどうかなーと思い、あまり続けて持たせないようにはしています。

お返事って書くべき?

娘の場合は特に返事を期待して書いているわけではなく、あげたいからあげる、それでおしまいって感じです。

なので、娘が手紙をもらってきたときも、娘に対して返事を書くように強制するようなことはせず、返事を書く書かないは娘の好きにさせていました。

でも、もしかしたら手紙をくれたお友達は返事を欲しがっていたりするのかなあということと、お手紙をあげた子のお母さんには返事を書かせた方がいいのかどうかで困らせてしまっているかもしれないと思ったりもするので、お手紙交換もなかなか難しい部分があるのかもしれませんね。

そういうことが園で問題になるとお手紙禁止になったりするのでしょうか。

とりあえず、娘は今のところ楽しくやっているようなので、このまま見守りたいと思います。

まとめ

娘の場合、お手紙を書き始めてからの字を覚えるスピードはとても速かったように思います。もちろん間違えている箇所はたくさんあるんですが、今もぐんぐん上達中です。

これも「お手紙をあげたい!」という気持ちのおかげですね。

お手紙はお友達だけではなく、たまに先生にも持って行ったり、パパ・ママとお手紙交換することもあります。

娘からのお手紙は、何回もらっても案の定「ママだいすき」っていう、内容が同じものなんですが(笑)、どれも大切にとってあります。

親子でのお手紙交換は、文字の読み書きの練習にもなるのでおすすめです。

自分が書いた手紙を一生懸命読んでくれている姿もかわいいですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする