幼稚園に言葉が遅い娘が入園したら急成長しておしゃべりになった

うちの子は言葉が遅いかも・・・?
そんな不安をお持ちのお母さん方も多いのではないでしょうか?

私にもそんな経験があります。
うちの娘は話し始めるのがちょっと遅めだったこともあり、3歳児健診のときにはやはり言葉の件でひっかかってしまいました。

でも、その後幼稚園に年少で入園したら、びっくりするほどの変化が…!

今回は、言葉が遅めだった娘が幼稚園に入ったことでどう変わったかについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

言葉の遅い娘

娘が1歳半の健診のときに話せた単語といえば「ママ」「パパ」くらいなものでした。いや、何なら「パパ」すら怪しかったかも・・・?

その時は様子を見ましょうって感じで終わりました。

それから少しずつ、話せる単語なんかも増えてはきたのですが、やっぱりちょっと遅め?と心配になり、ネットでよく検索したりしてましたね。

同じように言葉が遅めな子の話を見ると、まだそこまで不安になる必要もないかなと落ち着いたり、逆に言葉の早い子の話を見ると焦ってきたり。一喜一憂って感じでした。

子どもの成長には個人差があるっていいますよね。1人ひとり見た目も性格も様々。同じように、成長するスピードだってみんな一緒なわけじゃありません。もちろん言葉だってそうでしょう。

とはいえ、親としてはどうしても気になっちゃうものですよね。

そんな娘がお話らしいお話をできるようになってきたのは3歳になる頃からでした。

こちらが聞いたことを理解して返事をしてくれて、会話が成り立つようになってきたことが嬉しかったのを覚えています。

そして、その後はどんどん話せる量も増えてきたのですっかり安心していたのでした。

3歳児健診で言葉について指摘される

安心していたのも束の間、3歳児健診で言葉の理解と発音について、ひっかかってしまいました。

言葉の発音

まず発音についてなんですが、確かにその当時、娘が何と言っているのかわからないことも結構あったので、はっきりしていないなーとは感じていました。

「さしすせそ」は特に苦手で、「たちつてと」になってましたね。

ずっと一緒に過ごしている私ならば言いたいことが大体はわかるのですが、普段家にいることの少ないパパでは半分くらいしかわからないというような状態でした。

それでも、やっとここまで喋れるようになったっていう安心感のほうが強くて、発音までは正直言って気にしていなかったというか、これから徐々にはっきりしていくんだろうなって感じで思っていたのです。

なので、発音がはっきりしないことをそんなに言われるとは思っておらず、やっと言葉の数も増えて周りの子たちに追い付いてきたかなあと思っていたところだったので結構ショックでした。

言葉の理解

次に、言葉を理解しているかどうかについてです。

うちの娘はかなりの人見知りで、知らない人の前だったり人がたくさん集まっているような場所ではもじもじしちゃって、ほとんど喋らなくなくなってしまうタイプです。案の定、受付した時点で泣いていましたね。

そして、個別にお話をした保健師さんは逆にぐいぐいくるタイプで、娘は圧倒されて完全に引いちゃってる感じでした。

それでも「何か言わないといけない」とは感じていたようで、えっと、えっと・・・って焦っている感じが伝わってきました。

なので、言われていることを理解はしていたのかもしれないけれど、あまりうまく返事ができず・・・。

ということで、言葉の発音と理解、両方でひっかかってしまったという感じです。

再び様子見

集団での健診が終わった後、別室へ移動して、もう一度面談をしました。先ほどの保健師さんとはまた別の方が、娘の様子を見てくれました。

この方はぐいぐいタイプじゃなかったので、娘も比較的安心して受け答えできていたような気がします。

その結果、発音はやはりはっきりしない部分もありますが、理解はしているという感じでした。

娘はこの数ヶ月後、幼稚園への入園を控えていました。

お友達から刺激を受けると一気にしゃべりだす子も多いということなので、この時点で特に何か対策をしていくということではなく、まずは幼稚園に入ってからの様子を見てみましょうということになりました。

幼稚園に言葉の遅れていた娘が入った結果

健診の日までは、「結構喋れるようになったし、言葉に関してはもう大丈夫だろう」と安心モードだった私も、健診で指摘を受けてからは再び不安になってしまいました。

ーー幼稚園に入ったら本当に変わるのかなあ?

ですが、その心配もなんのその。

入園してからはまさに刺激をたっぷり受けてきたようで、あれほど心配していたのが嘘のように、本当によく喋るようになりました。うるさいくらい(笑)

でも、言葉がなかなか出ずにやきもきしていた時のことを考えると、本当に成長したなあと、そのうるさいのもちょっと嬉しいと思えます。

現在はもう卒園間近の年長さんですが、今ではすっかり口が達者なおませさんです。

発音もみるみる改善されていきました。

娘がパパに話しかけるけれど、パパは半分くらいしか理解できず、私が「○○だって」と補う、みたいなことが昔はよくありました。

でも、娘が自分の言葉でパパや幼稚園の先生、お友達としっかりコミュニケーションをとれるようになったのも成長のポイントですね。

サ行だけは最後まで苦手で、年中になってもまだタ行になっちゃう感じだったのですが、それも年長の今では気にならないぐらいになっています。

幼稚園に入園したことが、娘にとってはとてもよい影響になりました。

まとめ

ずっと心配だった言葉の問題ですが、娘の場合は幼稚園に入ったことで激変しました。

こうして考えると、同年代の子どもたちからの影響、刺激ってすごいんだなあと感じますね。幼稚園も楽しんでいるようだし、お友達には本当に感謝です!

娘の事例が他のお子さんにも当てはまるとは限りませんが、こんな子もいるよ~ってことで参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする