子どもの幼稚園で胃腸炎が大流行!臨時休園、そして一家全滅・・・

胃腸炎、あなたはかかったことがありますか?
秋頃からちょうど流行りだしますよね。

昨年の11月頃、娘の幼稚園では胃腸炎が大流行しました。
娘も例外でなく、胃腸炎をもらってきてしまったんです。

そして最終的に一家全滅・・・

今回は、そんな胃腸炎で大変だったお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

娘が胃腸炎でダウン

一番最初にかかったのは娘でした。確かその日はちょうど幼稚園の創立記念日で休みだったと思います。

朝ごはんなんかは普通に食べていたのですが、昼過ぎくらいからどことなく元気がなくなってきて、とうとう吐いてしまったんですね。

それから何度も吐くので、病院へ連れて行きました。

待合室で順番を待っている間にも何度も吐き気が襲ってきて、家から持参したビニール袋に戻しているという状況でした。

病院では娘の他にもたくさんの子どもたちが診察を待っていて、同じように吐いている子だらけでみんなぐったりしていました。

そして娘と同じクラスの子も何人か見かけて、流行ってるんだなあって感じました。

診察の順番が回ってきて名前を呼ばれたときはちょうどリバースの最中で、少し落ち着くのを待って何とか診てもらうって感じでした。

結果は案の定胃腸炎で、幼稚園の名前を聞かれたので答えると、先生も「ああやっぱりね」といった様子でした。それだけたくさんの子が来ていたんでしょう。

診察が終わると座薬を入れてもらいました。

家に帰った後も夜中にかけてずっと吐いていました。
ひどい時には10分置きくらいに吐き気の波がきていて、しかも布団を転がりながらおえおえしているので追いかけて行って吐かせるのが大変でした。

たくさん吐いて脱水気味なのか、次の日の朝にはすっかりやつれてげそっとしていました。
目がくぼんだ感じになってしまったのでちょっとヤバかったのかも・・・

でもそこからはちょっとずつ水分も取れたので徐々に回復していきました。

便は多少緩くなりましたが、ひどい下痢にはならなかったと思います。

その日は幼稚園を休んだのですが、他にもたくさんの子が休んでいたようで、次の日はとうとう臨時休園になりました。

パパ・ママにも感染、一家全滅へ

娘が散々吐きまくった次の日の夜だったか、今度は私にも感染してしまいました。

寝ている間、何かむかむかするなあと思い目が覚めたんです。
結局我慢できずにトイレへ駆け込みました。一度吐くと落ち着くのですが、またちょうど1時間ほどすると吐き気がきて・・・というのを数回繰り返しました。下痢は私もありませんでした。

そして最後には主人にまでうつったようです。主人の場合は吐くまではいかなかったですが、ずっと気持ち悪そうにはしていました。娘や私とは反対に、どちらかというと下痢の症状のほうが強かったですね。

そんな感じで家族全員がダウンして、みんなで一日中寝ているはめになりました。

家族への2次感染を防げなかったわけ

なぜ家族への感染が防げなかったのか?
これはもう、娘が吐いたときの処理の仕方を完全に間違えていたからです。

胃腸炎のウイルスってアルコールでは死滅しないんですね。それを知らずにアルコールで拭いとけば大丈夫かなーくらいの感じでいたんですよね。しかも手袋とかしてなかったし・・・。

その後ネットを見て、ハイターなんかを使わないとだめなんだって気づいたときにはすでに空気中にウイルスが飛散しちゃってたんじゃないですかね・・・

正しい処理の仕方をしないと意味がないんだってことを身を持って学習しました。

まとめ

以上、胃腸炎で一家全滅したお話でした。

幼稚園が臨時休園になるほど大流行していると、自分の子にはかからないでほしいと思ってもなかなか難しいです。

せめて家では娘だけで感染を食い止められたらよかったのですが、娘を看病する立場の私たちまでみんなで倒れちゃったものだからほんとどうしようもないですよね。

間違ったやりかたで「ちゃんと処理したつもり」になって、結局何もできていなかったのが非常にまずかったなあと反省しています。

みなさんも私たちのように一家全滅とならないように処理の仕方だけは気を付けてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする