【クッキングクレイズ】ソウルをクリアした感想

実はとっくの昔にソウルをクリアしてて、次のカサブランカも終わっちゃったところたけど、いまさらながらソウルの感想いってみたいと思いまーす

プルコギと揚げ物(オムク、ホットク、トルネードポテト)のお店

1~40まで。

プルコギはわかったけどオムク、ホットクを知らなかったので調べてみた。

オムクは練り物のことみたい。ちくわみたいだなーとずっと思ってたけど、間違いでもなかったんだな。

ホットクは日本でいうとおやきみたいな感じらしい。中に餡が入ってるんだそうな。

この揚げ物たち、何回か揚げたら油が汚れて交換しなきゃいけないっていうのがめんど・・・新しかった。

3種類を全部1つのフライヤーで揚げないといけない上に、アップグレードするまでは1回に1本ずつしか揚げられなかったのでなかなか大変だった。

プルコギのほうはまあ普通というか、難しい要素はなかったかな。

ヘムルタンと貝のお店

41~80まで。

ヘムルタンっていうのは海鮮鍋のことだそう。

このヘムルタンの調理も新しいやり方で、火力の調整が必要だった。
最初にシェフが説明してくれてたけど、いまいち理解できずに何度か失敗した思い出。

しかもこれ、魚介が3種類にトッピングも3種類なので組み合わせが多く、よく間違えそうになった。

皿が1つしかないから、廃棄ゼロが目標のレベルで1回盛り付けを間違えたら終了っていうのが厳しかった。

ピザ屋さんとか、たまにどこかのお店であったように皿を置いておけるスペースがあったらいいのになあと思った。

特にボーナスレベルではヘムルタンがたくさん注文されるし・・・。

でも、逆に注文がどんどん入るおかげで、鍋の火力調節をあまり気にせずずっと火をつけっぱなしでもいけたのは楽だったかも。

アイスに乗せるフナ焼き。・・・タイじゃなくてフナなんだね。

注文がバタバタしてると、アイスが全部の器じゃなく1つの器にしか盛れてないっていう状況が出てきて・・・

せっかくフナ焼きが3つ一気に焼けたというのに慌ててフナ焼きをタップ
→当然1つしか乗らず、残り2つの器はすっからかん
→すぐにフナ焼きをもう1回焼き直し・・・

みたいな無駄なことは何回もやった。

シンソルロとうなぎのお店

81~120まで。

シンソルロは宮廷料理で、真ん中の筒の部分には炭火を入れるんだって。

鍋に複数の食材を入れていかないといけないし、しかも入れる順番も決まってるっていうのは手間だった。タップミスして食材が乗ってないのに次の食材に行こうとして、当然乗せられずに焦ったりとかね・・・

でも最後までアップグレードすると1度に3食どころか6食分もできたし、料理が出来上がったあとはほっといても焦げる心配とかがないのはよかったかな。

ところで、やたらこの鍋ばかり注文されるレベルがあったけど・・・ちょっとは注文が分散してくれないと調理が間に合わないから困る。

そしてうなぎ。

トッピングのコーンが・・・東京2店舗目のお弁当の卵焼き的な・・・・・・。

注文見てから調理するタイプは嫌いである。

開始早々いきなりうなぎじゃなくてコーンを3皿分用意し始めたりとかもあった。そしてそういうときに限ってコーンはイラネっていうお客さんが続くのであった(終)

コーンを焼こうとしてしょうゆを全皿に乗せたりもしたな。。

あとはトッピング全乗せっていうのが何でなかったんだろう?

  • 紅しょうがだけ
  • しょうゆだけ
  • コーン+紅しょうが
  • コーン+しょうゆ

っていうのはあったけど、コーン+紅しょうが+しょうゆっていうのがないから(・・・ないよね?)、うっかり全部乗せてしまったときのやっちまった感。

廃棄したらダメなステージ、特にボーナスレベルのときなんかは特に邪魔だった。

ソウルまとめ

新しい調理の仕方がちょこちょこと出てきて新鮮だった。最初はめんどっ!と思っても、アップグレードしたり、何回もやってるとだんだん慣れてきてそこまで苦じゃなくなるかな。

それより何より、注文きてからトッピングを調理し始めるっていうのがすごく苦手・・・

注文を受けてからの調理って現実世界じゃ普通なんだろうけど、ここはゲームなので、お願いだから作り置きさせてっ(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする