【クッキングクレイズ】プラハをクリアした感想

揚げチーズ、トゥルドロ、ソーセージのお店

1~40まで。

トゥルドロっていうのはチェコの伝統的な菓子パンだそう。

電気ポットでお茶を入れてるところと、しかもそのお茶がインスタントっぽいのがちょっとおもしろかった(笑)

ソーセージは他のお店で言うとデザート枠みたいな感じで、調理できたものを1回タップするだけで3皿分一気にお皿に乗ってくれる。

だけど、つい他のチーズとかトゥルドロと同じように1つずつお皿に盛ろうとして複数タップしちゃうことが多かった。

そのせいで、焼きたくもないのにまたソーセージを焼き始め・・・そして焦げるっていう失敗があった。そんなことしてるの私だけ?(笑)

チーズ、トゥルドロと同じようにどーんと並んでるせいもあるのかなー?もっとデザートみたいにすみっこのほうにあったら区別がついたのかもしれない。

それから、このソーセージのトッピングのパン(ポテトだと思ってた!笑)とケチャップが上と下に分かれて置いてあるせいでやりづらかった。

この店で一番苦手だったのが揚げチーズ。トッピングがなぜか苦手でもたもた・・・

玉ねぎのピクルスとタルタルソースの色が似たような感じだからか、玉ねぎと野菜のごろごろ具合が似ているからなのか、わからないけどとにかく苦手だった。

アップグレードしたら多少マシになったような気がしないでもない。
あとはボーナスレベルとかで何回も何回も作っているうちに慣れてきたっていうのもあるのかな?

ラム、豚、鴨肉のお店

41~80まで。

肉、肉、肉。
みんな同じような色だよ・・・

肉が1種類だけ盛られている場合はわかりやすいんだけど、「ラムと鴨」の組み合わせなのか「豚と鴨」の組み合わせなのかっていうのがややこしかった。

一回盛るのを間違えると、テンパってこれか?これか?ってどんどん違うものをタップして全然違うものを作り上げてしまうんだよね(笑)そして注文と関係ない料理でお皿が埋まっていくのであった。

豚の膝肉、パテ、スープのお店

81~120まで。

豚肉を一度鍋で煮てから(茹でてから?)焼くので手間がかかる。

アップグレードしたら鍋で調理するのはすぐに終わるようになったけど、最初は煮るのを待って、焼くのも待って・・・なので、早くして~~~!って感じだった。

そしてこの鍋での下ごしらえの部分は3つ分一気に終わらせてどこかにまとめて置いといてくれる感じだったらよかったんだけど、1つ煮てから焼き始め、また1つ煮てから焼き始め・・・となるので、3皿分まとめて作ろうとしたときに出来上がる時間がちょっとずつずれてくるのが地味にストレスかも・・・。

ボーナスレベルでは肉の注文が多かったので、左手はずっと鍋をタップし続ける感じだったなあ。

パンを焼いてスープの器にする料理でも、スープを入れる作業が結構手間だった。

お客さんに提供しようとしたら、器は出来上がっているのに中身が入ってないっていうことがあって、慌ててスープを盛っている間にコンボが途切れていたり。

まあでも、スープを作るところからしないといけなかったらもっとバタバタしてただろうから、そこがないのはよかったのかも。

プラハ全体を通して

やっぱり前回の上海と同じ感じで、何回やっても目標金額に届かないとか、時間が短すぎて間に合わないとかが多く、ブースターを使うことが増えた。

とうとう手持ちのものがなくなって、スプーンを使ってブースターを買うことが何回かあった。

アップグレードを全部やって、コンボも頑張って・・・それでもクリアできないってなったらもうどうしたらいいの・・・

例えば目標金額に届かない場合。

そもそもお客さんの人数も多くないのに、注文するのは1人1つずつとかね。もっといっぱい注文しておくれよ・・・。

足りない金額がほんの数十コインくらいだと、もう1回挑戦すればいけるかも?と思ってやり直してみるんだけど、結局何回やっても微妙に足りなくてクリアできないっていうのもあった。

あとはコンボで何百コイン稼げっていうときに、頑張っても半分くらいしか稼げず、時間がぜーんぜん足りなかったとか。そんなのがほんとに多かったな。

もう次に進むのに必要な星のカード?みたいなのをゲットしたら、それ以上はわざわざ全部のレベルをクリアしなくてもいいかなって思ってきた。

だってあっちもこっちもブースターブースターって・・・。つらいなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする