【クッキングクレイズ】モスクワをクリアした感想

モスクワが追加されてからしばらく経っちゃったけど、今さらながら感想を。

前回のメキシコシティでは、アップグレードの料金が高くなった上に失敗したらコインがもらえない仕様になったおかげでなかなか進まないってことがあったけど、今回のモスクワはアップグレード料金もやや下がったような?

メシコシティに比べたら楽な印象だったな。

サンドイッチとペリメニのお店

1~40まで。

ペリメニっていうのはロシア風水餃子みたいな感じらしい。

アップグレードは1000コインくらいからだった。

サンドイッチ用のパンは2種類あるけど皿は同じものを使用。そして3種類あるトッピングはお決まりの通り手前の皿から順番に乗っていくスタイル。

・・・ってことで、パンとトッピング、どんな組み合わせがくるかわからないのでお客さんの注文を見てから作るようにしてたんだけど、これが面倒だった。

あらかじめパンを皿に置いてバターまで塗っておけたら楽なんだろうけど。それかトッピングを好きなところに乗せられたらいいんだけど。。

操作がタップだけっていうのは楽ではあるけど、こういうときに自由がないよね。

カーシャとポークのお店

41~80まで。

カーシャっていうのは、いろいろな穀物を水や牛乳で煮て作るロシア風お粥だそう。

お肉のほうは勝手に牛肉のかたまりだと思ってたけどポークだったのか。

このお肉、最初の頃はひっくり返してもう一度焼かないといけないのが手間だな~って思いつつやってたんだけど、ひっくり返さなければいつまでも焦げることがないってことに途中で気づいた。
半分だけ焼いておき、必要な時に仕上げるようにすればいいだけなので、案外面倒じゃなかった。

トッピングのビーツがどうしてもしば漬けに見えていた私(笑)
このビーツとトマトが赤系のせいか、ちょっと迷うことがあった。

カーシャはなぜかとっっても苦手だった。

材料が細かくてごちゃごちゃ乗ってるせいなのか?それぞれのトッピングが似たような色だからか?どうしてもぱぱっと提供できずにもたついてしまった。

通常のステージだったらまだいいんだけど、ボーナスレベルをやろうとすると焦りもあって余計にミスを連発。

例えば、全種類1つずつ用意しておくようにしていたんだけど、うっかり「ソバ1つにキビ2つ」みたいに作ってしまって、でもそういうときに限って注文がくるのは「肉」っていう。。

捨てるとクリア失敗になるからそれはできない。焦がしてもクリア失敗になるから肝心の注文の品を作ることもできない。

とりあえずカップケーキで時間を稼ぎつつ、作ってあるソバかキビを注文してくれるお客さんを待つんだけど、またまたそういうときに限ってお客さんみんな肉を注文するんだよね。

肉待ちのお客さんが4人ずらっと並んでどうしようもなくなったときの絶望感といったら・・・(笑)

あとオーブンに並べたとき、隣との間隔も狭いせいか真ん中に置いたやつだけうまくタップできず、いつも1つだけぽつんとオーブンに取り残されるのが地味にイラっとした。

チョウザメとブリヌイのお店

81~120まで。

ブリヌイっていうのはロシア風のパンケーキというかクレープみたいな感じらしい。

最後のお店だけあってアップグレードの金額も上がったけど、前回のメキシコシティと比べると多少安めだったような気がする。

とはいえ、4000~5000コインくらいから始まって、最後3つ目のアップグレードで15000とかだったかな?まあそれなりにはするよね。。

ただ、アップグレードにコインがかかる分、食材の単価の上がりも大きくて、ボーナスレベルではかなり稼げた。だからそこまで苦にはならなかったな。

ブリヌイは、2店舗目のポークと同じで、ひっくり返す前まで焼いておけば焦げることもなかったのでよかった。

トッピングのキャビア3色も、形は一緒だけど色がはっきり分かれてるからかえってわかりやすく、ややこしい感じにはならなかった。

それに対してチョウザメは、最後までアップグレードしたら何やらごっちゃりした見た目になったよね・・・。

最初のシンプルなやつのほうがトッピングが乗ってんだか乗ってないんだかわかりやすくてよかったなあ。

まとめ

モスクワの感想はこんな感じでした~。

個人的にはカーシャのある2店舗目が一番苦手で、最初のサンドイッチのお店が一番好きだったなあ。

モスクワ追加から1ヶ月以上経ってるから、またそろそろ次の都市がくるかな?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする