【クッキングクレイズ】メキシコシティをクリアした感想

いつもより時間がかかっちゃったけどようやくメキシコシティをクリア!

メキシコシティの追加と同時に新しいクリア条件が追加されたりとか変わったこともあった。詳しくはこっちで↓
https://yuzpon.com/game/cookingcraze-addition/

メヌードと死者のパンのお店

1~40まで。

メヌードは画面真ん中の赤いスープ。
牛の胃袋なんかが入った、もつ煮みたいな感じのスープだそう。

左にあるのが死者のパン。
メキシコでは10月31日~11月2日に「死者の日」という祝祭が行われるそうだ。日本のお盆みたいな感じかな?そのときにお供えされるのが死者のパンなんだって。

がいこつがたくさん飾られたり、人々も仮装するよう。

メキシコシティをプレイし始めたときはお客さんの雰囲気がすごいなー(笑)って思ってたけど、まさしくこの死者の日のお祝い中だったのね。

さて、メキシコシティの1店舗目はまーーーあコインがが足りない足りない。

別の記事でも書いたけど、失敗するとコインがもらえないからなかなかアップグレードできずに困った。

いつもだったら夢中になってさくさく進めていたのに、コインがあまりに貯めづらいせいかやる気が起きず・・・↓↓

ログインだけして終わりっていう日も続いていた。

そしたらいつの間にかログインボーナスのコインがちょっと貯まってたり(笑)
おかげでアップグレードがいくつかできて、レベルがクリアしやすくなったらやる気もでてきた↑↑

メヌードのトッピングはクラッカーとトルティーヤチップスの2つまでだったらよかったんだけど、3つ目のパクチーが増えたとたんに急にややこしくなった。

パクチー+クラッカーなのか、パクチー+トルティーヤなのか??
クラッカーとトルティーヤの色が似ているせいか、ごちゃごちゃになって間違えることが多かった。

トッピング2つまでなら対応できるのに、3つになった途端にわけわからなくなる法則、あるあるだよね?え?私だけ??

それと、死者のパンのトッピングにあったフルーツ。どうも反応悪いのか自分のタップがずれてるのかわからないけど、とにかく乗せたつもりが乗ってないってことが多く、それなのに皿を連打しちゃうからそのまま廃棄になることが度々あった。

そういうときに限ってクリア条件に「廃棄ゼロ」があったりするんだよね・・・

あとはチュロスの揚げ終わりに音が聞こえないのが困った。

音を切って遊んでいる人には関係ない話だけど、私は料理の音を聞きながらやっているので、調理が終わったときのチン♪っていう音を結構頼りにしている。

なので、勝手にお皿に置いてくれるんだったら静かに出来上がってもいいけど、そうじゃないなら知らせてくれるとありがたい。

メヌードと死者のパンでてんやわんやしていると、いつの間にかチュロスが焦げてるんだよね。ボーナスレベルをクリア失敗するときの原因で一番多いのがそれだったなあ。

タコスとポソレのお店

41~80まで。

画面左側がタコス、右側がポソレ。

ポソレっていうのは白い大粒のとうもろこしを豚肉なんかと一緒に煮込んだスープだそう。
ゲームでは緑色をしていたけど、白いのや赤いのもあるみたい。

2店舗目になって、アップグレードにかかる金額が高くなった印象。
今までは、1回目は1000コイン代くらいから始まって、2回目、3回目になるにつれて3000、5000みたいになっていた気がする。

だけど今回は、最初のアップグレードですでに5000コインとかかかった。

やっぱりこれはスプーン使ってね!ってことなんでしょうねえ。ぐぬぬ

タコス用の肉を焼いている間にトルティーヤを準備しておくのを忘れて、肉焼き終わってんのになんで皿に乗ってくれないの!と何度もムダに肉をタップしてたな。

トッピングがどうも区別つかなくて、タマネギ+ヒヨコマメなのかタマネギ+トウガラシなのか・・・これもよく間違えた。

トッピングが3つになるとわけわかめの法則がさっそく適用されました~。

そして、皿をタップするとお客さんに飛んでいかないから「あ、間違えてんだな」っていうのはわかるんだけど、慌てているせいか何がどう間違っているのかはわかってないからもう1回同じ間違いをした皿を作り上げるという残念なことも何回かやらかした(笑)

あとはどうでもいいんだけど、ポソレのトッピングにあるチキンを器に盛るとなんかメンマに見えてたのと、フルーツのパイナップルをアップグレードしたらたくあんに見えて仕方がなかった。

というほんとどうでもいい話(笑)

タマレとポヨ・アサードのお店

81~120まで。

タマレは右側、ポヨ・アサードは左側の料理。

タマレとはとうもろこしの粉を練り、それをとうもろこしの皮で包んで蒸した料理だって。
ゲームの画像を見た感じちまきみたいだなあって思ってたけど、実際検索するとメキシコ版ちまきって出てきた。

ポヨ・アサードはローストチキンって意味のようだ。ロースト(=アサード) チキン(=ポヨ)

3店舗目にきたらさらにアップグレードの金額が高くなった。いきなり10000コインって!

でも、その分1回のレベルで稼げるコインも増えたような気がする。

それにメキシコシティのお店は全体的にバンコクの串焼きみたいな難しさはなかったからボーナスレベルでも稼ぎやすい。

なので、アップグレード高いけどまあなんとかなるかなって感じ。

個人的には3店舗目のバカ高いアップグレード料金よりも1店舗目のコイン不足でアップグレードできない進まない・・・のほうがきつかった印象。

タマレでは、トウモロコシの皮に生地を包む作業なのかな?それのストックがなくなって時間をロスすることがあった。

こういう生地の部分って、店によっては勝手に補充してくれるようなところもあったよね。それだと楽なんだけど、ここではそうじゃなかったから作り忘れが多かった。

あとは飲み物とかぼちゃのトッピングのマシュマロの位置が近くて、飲み物を渡そうとしてるのにマシュマロ乗っけてるとかあったな。

あ、ところでこのかぼちゃのトッピングだけど、アップグレードする前の初期段階が一番かわいかったなあ。見た目選べたらいいのに・・・

まとめ

メキシコシティはこんな感じでした~

コインが貯まるようになってアップグレードしやすくなってからは結構サクサクとクリアできたんだけど、とにかく最初が大変すぎたので、全部クリアできるまでにいつもの倍くらいは日数がかかったかも。

そうこうしているうちにもう1ヶ月経ったし、そろそろまた新しい都市がくるのかな?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする