【クッキングクレイズ】ダブリンをクリアした感想

アイリッシュシチューとボクスティのお店

1~40まで。

ボクスティっていうのはじゃがいものパンケーキだそうな。

このボクスティは、最近よく出てくるようになった、ひっくり返して調理するタイプの料理。そして焼く前にもう1つ、じゃがいもを茹でる工程がある。

他の作業に夢中になっている間についじゃがいもを準備しておくのを忘れて、いざ焼こうとしたときにない!っていうことが多かった。

最後までアップグレードすれば茹でるのも焼くのも時間がかからずにすぐできるんだけど、でもそのほんのちょっとした時間のロスが地味にいらっとするんだよね。リズムが崩れるというか・・・。

あと、トッピングのソーセージが反応悪くて乗ってないってことが多かった。

自分ではちゃんと乗せたつもりでいるのでお客さんに提供しようとしてタップするも、実際は乗っていないからお皿は動かず、あれあれあれ?とテンパって別の皿に余計なトッピングをし始めるといういつものパターン(笑)

アイリッシュシチューは最初に肉、そのあとに時間差で野菜を入れて煮込む方式だった。

ボクスティのようにひっくり返して焼くのとは方法が違うけど、2段階で調理をするっていう点では同じ。まあ私が実際に調理するわけじゃないから、どっちの方法でもただタップするだけなんだけど(笑)

こんな感じで、1店舗目では料理が出来上がるまでにタップする回数が多く、あっちもこっちも気にしていないといけないので大変だった。

コンビーフとシェパーズパイのお店

41~80まで。

この店で一番多かった失敗は、デザートのカラギン・プディングを凍らせることだったなあ。ちなみにカラギンっていうのは海草の名前みたいです。

コンビーフとパイを出すのに追われているうちに、いつの間にかカチコチになってるっていう。

クリア条件の中に調理に失敗しないっていうのがあったときに、これでクリアできなくなったことが何回かあった。

他の店のデザート系に比べたら注文される数もそこまで多くなかったような気がするんだけど、そのせいかな?プディングを冷蔵庫に入れっぱなしで放置しちゃうんだよね。

忘れるつながりで、コンビーフのトッピングにあるニンジンを調理し忘れるっていうのも時々あったかな。トッピングは無限に湧いてくる方式でいいんだけど・・・(笑)

この2店舗目では、なかなかクリアできずに最後まで残ったレベルがいくつかあった。結局諦めてアイテムを使ったところもあったし・・・クリア目標がきつすぎじゃないかい?

ロブスターとカキのお店

81~120まで。

ロブスターにはご飯、カキにはムール貝とそれぞれトッピングがあるけど、これも2店舗目のニンジンと一緒で何個でもあるタイプではなくて、調理してから盛り付けないといけなかった。

ロブスターやカキのお皿を増やすのと一緒にトッピングのほうもアップグレードして一度にできる数を増やしていかないと、メインは出来上がってるのにトッピングがまだだからお客さんになかなか出せないっていう状態になるので大変だった。

ところで、ご飯は全部の皿に乗せるのに、なんでムール貝は乗ったり乗らなかったりするんだろう?

ムール貝と赤ワインソースの色合いがちょっと似てて慣れるまでややこしかったから、いっそムール貝も全乗せだったら楽だったのかも。

ダブリン全体を通して

ダブリンをやり始めたとき、一番困ったのがボーナスレベルができなかったこと。

アップグレードの料金が高いからボーナスレベル頼りで今までやってきていたのに、まさかできないとは・・・。

アップグレードなしではどうしても進めなくなったときには、最近は全然やっていなかった臨時シフトをこなしつつ、ちまちまアップグレードしてなんとかほぼ全てのレベルをクリア。

・・・っていう頃になって、ボーナスレベルができるようになった。

すっっごい今さら感(笑)
もっと早くやりたかったよ・・・

ところでこのボーナスレベルだけど、前はでかでかと矢印が出ていてボーナスレベルできるよ!っていうのがわかりやすかったのに、それがなくなったよね。

しかももっとひどいのが、10分だったのに半分の5分に減ったこと。なんかあっさり終わるようになってしまって物足りない感じがするし、何より稼げる金額も減ったのが残念。

まあでもボーナスレベルなしでダブリンを進めるのはかなり大変だったから、ボーナスレベルがあるだけマシなのか・・・。

次の都市ではちゃんと最初からできるようになってるといいけど。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする