【クッキングクレイズ】バンコクをクリアした感想

シーフードの串焼きのお店

1~40まで。

ここは今のところ私が最も苦手とするお店。

1~40までのレベルは一応全部クリアできたんだけどね、ボーナスレベルがね・・・
1度もクリアできた試しがない。ピザよりひどい。

何でだろう、どうしてもパニック状態になるんだよね。

例えばイカとタコを毎回セットで注文してくれるならいいんだけど、たまにイカだけ注文する人がいたりすると作り置きの数が合わなくなってパニック。

それでもイカとタコをペアで焼くくせがついているせいで一緒に焼いちゃって、タコが多すぎ状態になってパニック。

押し間違いをしてうっかり「クラブケーキとタコ」「イカとカニかま」みたいな変な組み合わせを作ってパニック。

そうこうしているうちにアイスクリームは作り忘れ、食材は焦げ焦げ、お客さんは怒って帰る・・・みたいな。ちーん

自動串焼きマシンがあれば・・・
無くなったやつからどんどん焼いて補充してくれたら楽勝なのになあ。楽しすぎか(笑)

とにかくここは本当に苦手。コツとかあるのかなー?

ローマのピザ屋さんもそうだったけど、この串焼きがバンコクの1店舗目なせいでちっともコイン稼ぎができないんだなー。

4時間待って「さあボーナスレベルに挑戦だ!」と意気込んでも、30秒もしないうちに終了ーっていうのがほんとよくある。っていうか毎回?

何度も挑戦していたらそのうち慣れてくるのかしら?今のところそんな気は全くしないけど。

パッタイと魚(ティラピア)のお店

41~80まで。

「パッタイ」っていうのは米粉を使ったちょっと太めの麺で作ったタイ風の焼きそばだって。

パッタイはトッピングもわかりやすいからややこしさもなかったと思う。

魚に添えるグリーンパパイアサラダは3つ用意できるけど、全部無くなってからじゃないと新しいのが準備できないっていうのが困るよね。1つ2つ残ってても追加していけたらよかったのにー。

あとはフルーツの盛り付けを間違えることが多かったかな。スイカとドラゴンフルーツの色が赤系で似てる。

フルーツの皿は1枚しかないから、クリア条件が廃棄ゼロのときに組み合わせを間違えて乗せてしまうと詰むよね・・・

この間違った組み合わせを求めるお客さんがすぐ後に来てくれないかちょっと待ってみるけど、そういうときに限ってそんなお客さんはやってこないあるある。あれ、どこかにもそういう店あったな。

カニとチャーハンの店

81~120まで。

ここのお店もそれほど苦労はなかったかな。

あえて挙げるとすればチャーハンのトッピングが小さくて見づらい気がする。特にキュウリ。乗ってることに気づかなくてお客さんに違うよってよく言われた。

ローマのピザを通り越して最強に難しいのがここの串焼きだと思う。

慣れなのかなあ?いつかボーナスレベルをクリアできる日はくるのだろうか・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする