炊き込みご飯のお弁当は傷むのが早い?持って行っても大丈夫?

鶏ゴボウや栗ごはん。
豆ごはんにシーチキンとしょうがの炊き込みごはん。

炊き込みごはんって、おいしくて食欲をそそりますよね!

わが家でも炊き込みごはんの日は先を争うように、おかわりの取り合いです。

大人も子どもも大好きな炊き込みごはん!

だからこそお弁当にも入れてあげたいと思うのですが、炊き込みごはんのお弁当は傷むのが早いと聞いたことがあります。

いちばん楽しみなお弁当の時間。
ワクワクしてふたをあけると、ごはんが傷んでた!なんて、かわいそうな思いはさせたくありません。

だから、お弁当に炊き込みごはんをいれるのはなんとなく敬遠してしまいがちなのですが、果たして本当に傷みやすいのでしょうか?

今日は炊き込みごはんが大好きな家族のためにも、お弁当にいれることについての安全性を
確認しておきたいと思います!

スポンサーリンク

炊き込みご飯をお弁当に入れると腐るのが心配!実際どうなの?

炊き込みごはんをお弁当に入れると傷む!

実はこれ、私も経験したことがあるんです。

まだ一人暮らしをしていた頃、毎朝自分のお弁当をつくって出勤していました。

たまたま前の日に炊き込みごはんを作ったこともあり、お弁当に炊き込みごはんを詰めて、持って行きました。

そして、待ちに待ったお昼ごはんタイム!

今日は炊き込みごはんだわと、楽しみにしながらふたを開けると…なんだか様子がおかしい。

そうです、傷んでいたのです!!

それがトラウマ?となり、以後、私は炊き込みごはんをつくってもお弁当にいれることはしませんでした…

実はごはんは、具材を混ぜると腐りやすくなるそうなんです。

たまごや野菜を使った炊き込みごはんは傷むリスクがとても高い!!

たまごはそもそも傷みやすい具材ですが野菜も水分を持っているので、どうしても傷む原因になってしまうようなのです。

季節にもよるのでしょうが、特に春以降の温かい季節だと、炊き込みごはんのお弁当は危険です。

せっかく楽しみにしているお昼ごはんが悲劇にならないようにするためにも、できるだけ炊き込みごはんのお弁当は避けたほうがいいかもしれませんね。

どうしても味のついたごはんがいいという場合は、ふりかけを使ったり、梅干しや大葉など、傷みにくい具材を使った混ぜごはんを作っておくとよいでしょう。

炊き込みご飯が腐るってどんな感じ?判断のポイント

ところで、炊き込みごはんが腐るとどういう感じになるのでしょうか?

これは経験からも言えることなのですが、まずニオイ」がおかしくなります
酸っぱいような…鼻につくニオイ。

このニオイを感知したら、その炊き込みごはんは100%腐っているので絶対食べないようにしてください。

でも、鼻の調子が良くないときはニオイがわからないですよね。
そんな時は、少しごはんをお箸で持ち上げてみてください。

持ち上げた炊き込みごはんが、糸を引き、ネバネバしていたら残念ながら完全にアウト!

その炊き込みごはんは腐っています!!

本来ネバネバしていない食べ物が「糸を引く」ということは「現在、腐り中です」という進行形。

「ちょっとくらいのネバネバだから、大丈夫だろう」

などど軽く考えて食べてしまうとおなかが痛くなったり、下したりするので絶対に口にしないようにしてください。

【関連】
ZIP!(6/4放送)「弁当で1番傷みやすいのはどれ?」まとめ

まとめ

とってもおいしい炊き込みごはん。
でも傷みやすいからこそ、その扱いには気を付けなければいけませんね。

炊き込みごはんが余ってしまったときはサランラップに平たく包んで、粗熱を取った上で
冷凍庫で保管することも可能です。

冷凍した場合、1週間程度は持つようですが、なるべく早く食べきってしまったほうが安全です。

季節ごとの具材をいれた炊き込みごはん。
これからも安心して楽しみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする