チョコを刻む理由って何?細かくするのは大変!

最近「グラノーラバー作り」にはまっている私。

作り方はとても簡単で、型にグラノーラを入れ、そこに湯煎したチョコレートを流し込み、冷蔵庫で冷やして固めるというだけ。

手軽に作れて、見栄えもおしゃれなのでお友だちへのちょっとした差し入れやプレゼントに大好評!

今でこそキレイに作れるようになりましたが初めて作ったときにしてしまったひどい失敗は、今でも忘れられません…

その失敗の原因こそが、今回のテーマであるチョコレート!

作り方のレシピの最初に、「チョコを刻む」と書かれていたのに、

どうせ溶けるんだし、刻まなくてもいいよね

そう思って、板チョコをまるっとそのまま使おうとしたのです。すると、湯煎で全てが溶けるのに時間がかかり全体的にムラができてしまいました…

それ以来、きちんと刻むようにはしましたが一体どうして刻まなければいけないのでしょうか?

今回はチョコレートを刻むヒミツについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

チョコを細かく刻む作業は必要?何のためにするの?

チョコレートを使ったお菓子作りの本を見てみると、どの本にも必ず「チョコレートを刻んで湯煎で溶かす」というフレーズがあります。

このチョコを刻む作業って、けっこう面倒なんですよね…
しかも、まな板の上でやると、まな板がチョコまみれになってしまいます…

どうせ溶けるチョコなのに、どうして刻むのか。

それは「湯煎をしやすくするため」です!

先ほど私の失敗を書きましたが、板チョコをそのまま湯煎すると、溶けるところと溶けないところの差ができ、ムラができてしまうのです。

溶けるのをそのまま待つと、チョコが焦げてしまうことも…

そこで、細かく刻んでおけば、一つ一つがお湯の温かい部分に触れることが多く、早い時間で溶けることが可能です。

ちなみに湯煎の温度は50度前後が良いと言われています。

刻んでおけば、50度前後のお湯でもあっという間に溶けてお菓子作りに便利なトロットロの状態にすることができますよ。

ところで、チョコレートの湯煎でもう1つ失敗しがちなのが、チョコの中に湯煎のお湯がうっかり入りそうになってしまうこと。

お湯がちょっと混じるだけでも出来上がりに支障が出てくるので、これも気を付けたいポイントですよね。

もしお湯が入っちゃった場合はどうしたらいいのか…?については、こちらの記事で紹介していますので参考にしてくださいね。

チョコを湯煎していたら水が入った…これは失敗?対処方法はある?

チョコを刻むコツ!簡単に細かくできる方法はある?

最近は、「お菓子作り用」として刻まれた状態のまま販売されていることも多いチョコレート。

製菓用チョコレートと普通の板チョコの違いって何?

でも板チョコを買ってきて刻む、というのが家計にはいちばん優しい方法です!

そこで、包丁を使わずにチョコレートを刻む簡単な方法をご紹介したいと思います。

ビニール袋に入れてたたく

何と言っても、いちばん簡単なのがこの方法!

ビニール袋を用意し、上から棒などでたたくとたちまちチョコが砕かれていきます。

砕かれたチョコは刻んだチョコより、湯煎で仕上がるのが早いです。

ちなみに、ビニール袋は1枚だと破れる可能性があるので2~3枚重ねて使うことをオススメします。

フードプロセッサーを使う

野菜などを細かくするときに使う、フードプロセッサー。これをチョコレートを砕く時に使います。

使い方はとっても簡単。フードプロッセッサーにチョコレートを入れ、ボタンを押すだけ!

洗い物も、容器だけで済むし、力を使うこともないのでラクチンです。ミキサーやブレンダーでも応用できそうですね。

まとめ

チョコレートはお菓子作りに欠かせない存在ですが、その扱いは繊細で、一歩間違えば失敗しかねません。

たとえば、チョコを溶かすのに、レンジの使用はもってのほか!時間を誤ったり、チョコレートの質によってはすぐに焦げて真っ黒になってしまいます。

チョコレートを溶かすための一番良い方法は、やっぱり「できるだけ細かくして、湯煎する」こと。

湯煎している間は、ヘラなどで手を止めずに混ぜるとうまくいきますよ!

ぜひお試しくださいね♪

【関連】
純ココアとは?調整ココアで代用してもいいの?
砂糖が固まった時の簡単なほぐし方は?カチカチがサラサラに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする