ピーマンが赤くなったけど食べられる?変色する理由とは

比較的に値段が安定していて食卓に欠かせない野菜といえば…「ピーマン」!

青椒肉絲(チンジャオロース)などの中華料理から、ピーマンの肉詰めにサラダと何でも大活躍の野菜ですよね。

「ピーマンは苦手」という子どもは多いけれど家計的には助かるので、ついついスーパーで手に取ってしまいます。

でもそのピーマン、放っておくとどうなるかご存じですか?

美しい緑色が、どんどん変化していき…あら不思議!最後には「赤い」ピーマンに姿を変えてしまうのです!

ところでこの赤いピーマン。

  • 食べることはできるの?
  • そもそも赤くなったのはどうして??

今日は知っているようで意外と知らないピーマンの謎について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

ピーマンが赤くなる理由!食べても大丈夫?

ピーマンといえば、濃い緑色がトレードマーク。
でもこの緑色のピーマンは完熟の状態ではないということをご存じですか?

ピーマンって、食べると独特の青臭さや苦みがありますよね。
この青臭さや苦みがダメ、だからピーマンなんてキライという方も多いようです。

でも青臭さや苦みこそ、ピーマンの魅力!!

そう思った人々は、あえてピーマン未熟の状態…
つまり緑色の時に、収穫するようになったというわけなんです。

ちなみに青みや苦みは、完熟するとだんだん消えていき、ほんのり甘みを感じられるようになります。

もちろん赤いピーマンは「緑のピーマンが完熟した」というだけで、悪くなっているわけではなく美味しく食べることができます。

むしろ、緑のピーマンより苦みが減っているのでピーマンが苦手な人でも、意外と平気で食べられるかもしれません。

ただし赤いピーマンは、熟しているので、ここから悪くなっていくスピードはとても早いです。

だから冷蔵庫の中で赤いピーマンをみつけたら迷わずすぐに調理することをオススメします!

ピーマンは緑と赤では栄養も変わってくるの?

成熟すると赤くなるピーマン。
緑のピーマンとの違いは「色」だけでしょうか?

野菜によっては「成熟したほうが栄養価が増す」と耳にしたことがあるので、さっそくピーマンはどうなのか、調べてみました。

すると…

「緑ピーマン」より「赤ピーマン」のほうが栄養価が高い!
ということがわかったのです!!

もともとピーマンは栄養素がとっても豊富に含まれている野菜。

特に女性に嬉しい情報として、「肌をキレイにするビタミンCやEが多く含まれている」ということがわかりました。

農水省によると、
緑のピーマンに含まれるビタミンCが76.0に対し、赤いピーマンには、なんと170.0

ビタミンEについても、緑のピーマンは12.3だったのに対し赤のピーマンには66.2

この数字を見ると、今すぐにでも赤いピーマンを買いに行きたくなります!

が、先ほども書いたように赤いピーマンは悪くなりやすい…

なので、流通しているのは緑のピーマンがほとんどなのです。

緑のピーマンを多く購入したら、その中のいくつかは、赤いピーマンにするために冷蔵庫の中においていてもいいかもしれませんね。

まとめ

調べていて、もうひとつわかったのが、ピーマンは、分類上ではトウガラシの仲間になるということ。

トウガラシも緑から赤に変わるのでピーマンが赤くなるというのも納得です。

ピーマンは何にでも使える、とても便利な野菜なので見かけるたびに購入していますが、
今度からは少し熟すのを待って、調理してみようかな。

ちなみにピーマンはあまり炒めすぎるとせっかくの栄養がなくなってしまうので、サッと炒めて、シャキシャキのまま食べるというのがイチバンだそうですよ。

ぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする