じゃがいもを水にさらす理由って何?どれくらいつけておけばいい?

お料理が得意な人も苦手な人も、1度はじゃがいも料理を作ったことがあると思います。

カレーに、 肉じゃがに、フライドポテト・・・

じゃがいもを使う料理ってたくさんありますし、子供たちも大好きですよね。

さて、レシピをみると「じゃがいもを水にさらす」とよく出ています。
これはなぜ必要なのでしょうか??そして、どれくらいつけておけばよいのでしょうか??

今回はじゃがいもを水にさらす理由やさらす時間、そして水にさらして保存できるかについてお伝えします。

スポンサーリンク

じゃがいもを水にさらすワケとその時間は?

じゃがいもを水にさらす理由

じゃがいもを水にさらす理由は、主に2つあります。

1つめの理由は「じゃがいもの変色を防ぐため」です。

じゃがいもを切った後に放置していると、紫色やピンク色に変色していることはありませんか??
じゃがいもを切ってそのままにしていると、じゃがいもに含まれるポリフェノールが酸化し、色が変わります。

水にさらすことで、色変わりを防いでくれるのです。

2つめの理由は「デンプン質を洗い流すため」です。

たとえば、フライドポテトを作ろうと千切りにしたらじゃがいも同士がくっついてしまったり…。ということがありませんか??

じゃがいもを水にさらさずに熱を加えるとのり状になり、くっついてしまったり煮崩れしやすいのです。

水にさらすことで、防ぐことができますよ。

じゃがいもを水にさらす時間

次に、水にさらす時間です。

コツは、じゃがいもがたっぷり浸かるくらいの水に10分ほどさらすだけです。

あまり長時間水にさらしますと、ビタミンなどの栄養や旨み成分がなくなってしまい、おいしくなくなってしまいます。

皮をむいたじゃがいもを水にさらして保存することはできる??

忙しい主婦の方や、働いている方の中には「夕食作りにあまり時間を取りたくない!!」
って方が多いと思います。

たしかに1番バタバタする時間帯、スムーズに夕食作りに取り組みたいものです。

そういう時に、保存出来たら助かりますよね。

じゃがいもは水にさらしすぎると、おいしくなくなってしまいますが、タッパーなどで密封し空気に触れさせないようにし冷蔵庫で保存すると2、3日は日持ちします。

ここでのポイントは「密封状態にし空気にふれさせない」事です。

必ずじゃがいもが完全に浸る量で水を張ってくださいね。

もうひとつのポイントは、「必ず冷蔵保存する」事です。

ただ、栄養素や味は日に日に落ちますので、やはりできることならじゃがいもはなるべく使う直前に切ってさらすのが1番おいしく食べれそうですね!!

じゃがいもは生で冷凍すると、解凍した時にボソボソになってしまいます。

ですが、茹でてからマッシュ状にすると冷凍保存ができます。

マッシュ状にしておくと、コロッケなどに使えますよね。また、冷蔵保存と違い、冷凍保存だと2、3週間は日持ちしますよ。

カット前の皮のついたじゃがいもの場合は、冷蔵でも冷凍でもなく、常温保存です。
湿気に弱いので、新聞紙などにくるんでから暗い場所で保存しましょう。

土は風味や鮮度を守ってくれるので、土がついたまま保存するのがおすすめです!!

まとめ

今回は、じゃがいもを水にさらす理由やさらす時間、そして保存方法をお伝えしました。
みんなが大好きなじゃがいも、少しでもおいしく頂きたいですよね!!
たった10分で変色やくっつきが防げますので、ぜひ試してみて下さいね。

保存方法もさまざまですので、ご自分に合った保存方法を見つけて、参考にして頂けたらと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする